Go to Top

新しいコンドミニアム購入に際し確認すべき要点

もし完成前の新しいコンドミニアムの購入をご検討されている場合、 既存のコンドミニアムとはまた違った確認すべき要点、評価、分析項目がいくつかあります。
プロジェクトや、地区、場所、開発会社などによって確認事項は変わってきますが、下記チェックリストは最低限 確認すべき項目です。

リビング&ベッドルーム

天井:高さは、ACダクト場所やスプリンクラー配管によって様々です。天井の位置を示すフロアプランをリクエストしすべての客室の純天井の高さを確認。

フローリング:カーペット、木製またはそれらのコンビネーション(エンジニアードウッド、ラミネートその他)

照明:照明が配置されている箇所の確認。天井にコンセントがあるか、壁コンセントまたは両方か確認。

キッチン

サイズ、カウンターの長さ、ブランド、素材、照明、排気ファンは排気するタイプかまたは空気を再循環させるタイプか確認。

バスルーム 

洗面化粧台:シングルまたはダブル。

シャワー:ガラスのパテイション付きのシャワー室か、バスタブ配、シャワーのみか確認。

トイレ:近くに電気コンセントの有無(ウォシュレットをインストール時に必要)

フローリング:タイルかどうか

換気扇:単独のスイッチか、または照明スイッチと一緒に切り替わるかどうか。

洗濯乾燥機

上下に配置されているか、または横並びか。乾燥機は外に排出タイプか。洗濯室がある場合は棚のスペースがあるかどうか。

エアコン

セントラルエアコン:ゾーンと通気口の確認。
単独のエアコン:ユニット数の確認。

駐車場

あなたの駐車場スペース:駐車場スペースの数と位置(エレベーターから近いか、縦並び、横並び、フロア、レギュラーサイズか、コンパクトサイズか、駐車場横にストレージルームがあるかなど)。

ゲスト用駐車場スペース:駐車場スペースの数と位置の確認。

商業用駐車場スペース:駐車場スペースの数と位置の確認。

駐車ガレージ:ガレージへのアクセスはどこか。繁華街の近くにあるか。違う通りからアクセス可能か。ガレージ入り口から駐車場までのルート確認。ガレージの安全が確保されているか。ロールダウン式のゲートか、シンプルなゲートアームかどうか。(歩行者を妨げない)電気自動車用の充電ステーションの有無。



いくつの窓が開閉可能か。開閉方法、日光による着色がないかどうか。

保管室

販売に含まれているか、または現在購入可能か、将来的に購入可能かどうか。

騒音

エレベーター、ゴミ捨て場など他の住民が通る可能性のあるユニットは騒音の要素があります。繁華街、バス停、鉄道、バー、レストラン、建設現場なども騒音問題が生じやすい原因となります。

商業エリア

プロジェクトに商業エリアが含まれている場合、それがどこに位置するか、どのようなテナントが入居予定か、すでに決まっているテナントがあればその確認。

景観

景観を妨げる建築物の有無、また将来的に影響を与える要素(開発など)がないか。もし可能性があればどのぐらいの影響があるか。

景観方法の確認: どのような方法で景観が測定されているか確認。 (ドローン測定の場合実際にあなたのユニットにて測定されているか確認)。
日当たり: 南東は比較的涼しく、朝日を見ることができます。一方南西は午後暑いかもしれませんが夕日が見れる可能性があります。

維持費

月々の合計月額、平方フィートあたりの料金確認、維持費に含まれる内容、追加料金などの有無。

支払いスケジュール

初期の支払い金額、分割の支払い金額、最終的な支払い金額、それぞれの日付と支払い締め切り日の確認。

固定資産税

新築物件の税金がなぜ低く設定されているか、長期的な税金対策、住宅所有者としての免除申請をした場合どのような節税対策ができるか(住居とする場合のみ申請可能)など、様々な要素を理解する必要があります。
融資:住宅ローンの金利により支払いにどのような影響が出るか。最悪のシナリオで金利が上がった場合、毎月の支払い計算にどのような影響が出るか予測しておくこと。

場所

日常生活で行くエリアへの距離、時間等を徒歩、車にて確認。
開発計画:近隣にコンドミニアム、食料品店、レストランなどの開発計画があるかどうか。

ポリシー

レンタル:開発者は最低賃貸期間を何日、と設定していますが、完成後にAOAO(マンション所有者の協会)が規則を変更する場合があります。

ペット:開発者はペット種類、重さなどを設定して許可するペットのポリシーを作成することができますが、完成後AOAOによってはペットのルールを修正される場合があります。

プロジェクトについて

プロジェクトは(最低から最上階まで)は同一の同じスタック内のユニットが全て同じ平方フィートであるかどうか。
合計戸数、フロアごとの戸数、エレベータの数、専用のサービスの有無。

販売開始時期

契約済みのユニットが幾つあるか。どのユニットが契約済みか。予想される完成日。
レジデントマネージャーがいるかどうか。(ゼネラルマネージャーではなく)
セキュリティが24時間かどうか。
ショールームモデルが正しい部屋の大きさを反映しているか。
自転車やサーフボードのストレージエリアの有無。
メインロビーへの入り口の確認。
このプロジェクトについて大きなセールスポイント(複数可)は何か。

ご質問がおありの場合は下記コメント欄からいつでもご連絡ください。
知識と経験豊富な弊社スタッフがお手伝いさせていただきます。

新しいコンドミニアム購入に際し確認すべき要点 was last modified: 1月 30th, 2017 by Hawaii Living
Loading Facebook Comments ...