Go to Top

カカアココンド – 新しいバケーションレンタルルール?

Share Button

2016年4月22日の下記の投稿が最新情報!

2016年2月25日、PBNの記事が発行された。タイトルは:”ホノルルコンドミニアムのユニットのオーナーに対する、規制機関によるバケーションレンタルルールへの警告”。記事は”ハワイコミュニティ開発機関による現在のルールについて、州の代理人の規制により、コンドミニアムのユニットは180日よりも短い期間で貸すことはできなくなるかも知れない”と言明。

記事はまた、ホノルルのよく知られるコンドミニアムの住宅管理人のコメントで、”多くのカカアコ地域の住宅管理人が、このルールについて知らなかった” とした。

記事はさらに、”HDCAによると、バケーションレンタルのルールは2005年カカアコマウカ地域のルールから2011年に改訂され、すべての地主たちはその変更を知らされた。” 

また、地元のリアルターは、”いくらかの問題が開発者にも起こってくるだろう”と述べた。

本当に?– うわさについて、はっきりさせてみよう。

新しいバケーションレンタルルールの疑惑について、どこで見つけることができるのか?

公式のハワイコミュニティ開発組織ウエブサイトと、すべてのHCDAルールと改訂版を見てみよう。われわれはすべてチェックした。そこには、HCDAの質疑応答というシンプルな内容以外、バケーションレンタルのルールはない。

(Q: HCDAは、居住者用住宅をバケーションレンタルのユニットにすることを防ぐルールがあるのか?)

(A:短い期間のレンタル、または一時滞在のハウジングプロジェクトは、KCDD内のHCDAルールでは許されていない。”)

KCDDとは、カカアココミュニティ地域開発の意味(基本的にカカアコ近隣をさす)。

ディーパークニューパネ P.E., AIA、HCDAの企画&開発ディレクターによると、読んだ記事とは正反対で、2011年にバケーションレンタルのルールは変更していない。HCDAの改訂版にはいくつかの追加事項があるだけで、新しいバケーションレンタルのルールに変更はない。

カカアコ近隣のバケーションレンタルのルールは、ずっと同じまま。:HCDAは一度も’短期間のレンタル’または’一時的なハウジングプロジェクト’をカカアコで許可したことはない。上記のHCDAの質疑応答も一貫している。

既存のバケーションレンタルルールはどんなもの?

最近の手紙は、HCDAの取締役幹部アンソニーJ. Hチンから、その他の目立ったカカアコのコンドミニアムの住宅管理人による質問の答えを明確にする試みで、2015年12月29日付けのものだった。  

別の言葉 :バケーションレンタルはカカアコでは許可されておらず、カカアコのアパートメントで180日以内のレンタルはできない。手紙は2つの政府筋の文書をもとに、言及されている。 

まずはじめに、この両方の文書を見てみよう(それぞれの青いハイパーリンクをクリックして、すべての文章が読める)。

1.)  チャプター130-2 コンドミニアムの分類(区分?等級?)– ホノルル市郡予算&会計サービス部のルールと規制

適切な固定資産税率を明確にする目的で、チャプター130は、コンドミニアムの区分を基本に実際に使われている制定。

”住民使用”という意味は、あなたが30日かそれ以上の期間(以下はない)、貸借人にリースをしている居住施設。”短期滞在者用の空きユニット”という意味は、あなたが30日よりも短い期間で貸借人に貸す居住施設をいう。 

2.)  §18-237D-1-01 短期滞在宿泊税 – ハワイ運営ルール (HAR)

18-237D-1-07– ”短期滞在宿泊”の定義:

短期滞在宿泊税 (TAT)を明確にするための目的は、チャプター18-237D-1-07は、レンタル期間が180日以内を基本に制定されている。

”短期滞在宿泊”の簡単な意味は、レンタル期間が180日未満のことで、それ以外にない。’短期滞在宿泊ユニット’や’短期滞在バケーションユニット’、’短期間バケーションレンタル’、’短期間レンタル’、’短期滞在ハウジングプロジェクト’、’ホテルコンド’またはほかの意味と混乱しないように。

おわりに–あなたにとってはどのような意味がありますか?

両方の政府が引用している書類は :A.)カカアコ近隣だけではない、というのはそれらはホノルル市&郡(チャプター130)で申し込んでいて、ハワイ州のものである (HAR)。B.)書類はどちらもよく知られていて、長いあいだ存在している。

ということは:新しいカカアココンドミニアムバケーションレンタルのルールはどこにもないということを一貫して、ディーパークニューパネ P.E., AIA、HCDAの企画開発ディレクターは、2016年2月29日、月曜日の電話で私たちに話した。

HCDAのレターは私たちにとってまったく意味を持たないものだった。われわれはその手紙がなぜ、カカアコで180日より短い期間を禁止しているのか分からない。この件は、不動産業界が何年も変わらず’居住者利用’として最低30日レンタル期間が許されていたので、ちょっとしたさわぎを巻き起こした。 

カカアココンドについては、先の議論を引き起こす手紙がどのように一般的な不動産コミュニティに作用したかを述べている。:

1.)  カカアコのコンドミニアムは、”居住者利用”として開発され、販売を提供しており、”短期間のバケーションユニット”ではない。カカアコは”居住者利用”ということで一貫しており、あなたのコンドミニアムを最短30日で貸すことはできるけれども、それ未満はない。数人は、コンドミニアムのハウスルールが60日、90日、または180日最短レンタル期間へと、さらなる規制をしている。もしあなたがカカアコのコンドミニアムをレンタルするなら、賃貸収入すべての総収益がGE税の対象となる。

2.) もしあなたがカカアコのコンドミニアムを180日未満でレンタルする場合、ひとりのテナントにつき最低30日、また短期滞在宿泊税(TAT)をGE税以外に払う必要がある。

3.) もしあなたが、カカアコのコンドミニアムを30日未満でテナントに貸した場合、ひとりのテナントにつき’短期間バケーションレンタル基準’の30日を切るため、大問題となり非常に重い罰金を払うことになる。

2016年4月22日アップデート:HCDAの企画部門は、電話で短期間滞在宿泊という意味は、カカアコでは180日未満のレンタル期間が許されていない、ということで確認された。

われわれのアップデート(最新情報)には変更があるけれども、今回のHCDAの解釈は優勢である。

カカアコのコンドミニアムが、たとえば1350アラモアナのように1982年からはじまって、より小さめのエルムス、そしてライクロフトマノーが先駆者として見なされるということに従って、彼ら個別のハウスルールを対象に180日未満のカカアコのレンタルルールは適用されない。   

注意:わたしたちはハワイ州の不動産仲介業務ライセンスを持っています。私たちは弁護士ではありません。法的な問題は、あなたのお気に入りの資格あるプロフェッショナルの法的カウンセラーに相談することをおすすめします。

カカアココンド – 新しいバケーションレンタルルール? was last modified: 11月 29th, 2017 by Hawaii Living
メールでのお問合せ メールでのお問合せ