Go to Top

ワイキキコンドミニアム – リモデル術公開

Share Button

何人かの人はご存知のように、1990年代はじめから、賃貸物件を持っている人は富を築くと主張している。最近私はべつの賃貸物件を、短期間のバケーションレンタルも可能なワイキキのコンドホテルの中のお気に入りのひとつ、イリカイアパートメントビルディングに購入した。このユニットは、オリジナル(初期のまま)の状況で、完全な改装が必要だった。

初期の頃の障子ドアがついたリビングルーム

私が最後に完全改装してから、すでに何年か経っている。この記録の概要は、改装前と後の写真を含めて毎週の進み具合が記されている。

初期のクローゼットを備えたリビングルームとベッドルーム

改装前のバスルーム

改装前のキッチン

これは、イリカイの500スクエアフィートにみられる典型的な1ベッドルームのレイアウトで、120スクエアフィートの素敵なラナイは、海に面している。初期のレイアウトはリビングルームとベッドルームを遮るために障子スライディングドアが設けられている。ベッドルームには、大きなクローゼットがベッドルームの空間の一部を占めている。小さなキッチンは、リビングルームから分けられて、箱のように囲まれている。大きな窓にはエアコンディショナーのユニットが、ガラスドアがラナイからすべて開かないように片側を防いでいる。バスルームのクローゼットが場所を占めていて、バスルームを小さく見せている。すべてが古くさくて、上から下まで入れ替えが必要だ。改装の目的は、バケーションレンタルの収入を最大限にするために、親しみのわく近代的な空間をつくりだすため。改装の決定は、下記の基準に沿って行なわれる:

1.) ビジターが最大に楽しめる

幸せなビジターは、何度もリピートする。改装は、ビジターにとって、もっとも役立つことを対象にする必要がある。イリカイには、500スクエアフィートの1ベッドルームの同じユニットが1000以上もある。これらのユニットの大半は、キングベッドまたはフルベッドが2台備わる。私のゴールは、ベッドルームのクローゼットを取りのぞき、クイーンベッド2台とクイーンベッドになるソファベッドを置ける空間をつくること。クイーンベッドが2台とクイーンベッドになるソファを備えているイリカイの1ベッドルームは、私が知るかぎりはない。13インチの高さの強固な鋼製のベッドフレームは、その下にスーツケースを隠すか保管するのにピッタリだ。

ビジターの大半が短い期間のバケーション滞在なので、クローゼットとキッチンキャビネットはあまり重要ではない。2台のクイーンベッドを入れるためには、障子ドアを取り外す必要がある。初期のデザインは、あまりプライバシーを提供していなく、また空間を区分化する必要はない。コンドミニアムは、ハッピーでフレンドリーで、明るく、オープンで感じよく見える必要がある。天井の扇風機とエアコンディショナーはどちらも涼しさを保つために、取り付ける必要がある。

50インチのハイディフィニション、スマートテレビは壁にすっきりと装着させる。ワイファイモデムは高速インターネットを無料で提供。キッチンは、オープンでリビングルームにつながるように。大きなカウンタートップは、ダイニングテーブルの働きをする。

2.)  低いメインテナンスと高い耐久性

磁器タイルは、セラミックタイル、自然石、木製フロア、ラミネート(薄板)、コルク、ビニール、カーペット、または他のどんな床材を考えても、ほぼ壊れることはなくて良質だ。掃除もしやすく、メインテナンスも簡単で、最近ではたくさん魅力的な色のチョイスがある。新しいカウンタートップは、熱への抵抗性があり、壊れにくくて染みがつきにくいクオーツ。バスルームには、そのうち簡単に付け替えできるように、シンプルなシャワーカーテンをつける。ビジターは、バスタブのガラス窓を掃除する必要もなく、こちらのメインテナンスもラクだ。細長いけれども、コンパクトなコーラーのサンタローザトイレは、コーラーの標準のパーツと合わせて将来のプラミング修繕費を軽減してくれるはず。

3.)  省エネルギーとコストの効率性

省エネルギー3”LED埋め込みライトは照明スイッチとともに、キッチン、廊下、そして風呂に取り付ける。すべての家電製品はエネルギースターに格付けされている。大きな52インチの天井扇風機とエアコンディショナーは省エネルギーで、涼しく暮らすための費用を軽減している。明るい色のキャビネットとカウンタートップにオープンなレイアウトは、日中に照明をつける必要がないように工夫。トイレは1.2ガロンの弱い水が流れるようデザインされている。

では、はじめましょう:

Tマイナス3週間(2017年2月6日)

工事が始まるまで、一週間を逆に数えてみる(Tマイナス3週間)。購入が記録され、住人が引っ越し、ついに鍵を手に入れる。すぐに両方のドアのロックを、建築請負人と将来のビジターが利用しやすいようにキーパッドのついた安全錠に入れ替える。何百枚もの改装されたイリカイの1ベッドルームの写真をオンラインで見て、好きな色と材質の選択と、デザインの絵が作られた。

すべての壁、キッチン、バスルーム、天井、ドア、クローゼット、そして思い描いた最終的なレイアウトがどのようになるかを事前にスケッチしておく。キッチンの下げ天井とバスルームは、配管、スプリンクラー、コンクリートの石柱を隠す。クローゼットを取り除いてキッチンをオープンにすると、下げ天井が改良される。3つのスプリンクラーの頭を、もっとすっきりさせるように再配置させたい。

建築請負人の選択:

職人の技量の質は、仕事をはやく完了する能力があり、価格とコミュニケーション能力が高いという条件を満たすのが正しい建築請負人の選択だ。

豊富なイリカイの改装経験から、総支配人と気に入りの不動産マネージャーに頼んだところ、3件の建築請負人を紹介された。建築請負人#1は、強いアクセントがあり、コミュニケートするには難しいと思った。建築請負人#2は、経験のあるように見えたが、私がスプリンクラーのヘッドの移動ができるかどうか頼んだら、否定的な返事が返ってきた。彼はスプリンクラーのヘッドには触れないそうだ。  

建築請負人#3は同じ質問に対して、”はい、できます、が少し余分な代金がかかります”。と答えた。

決断はかたまった。この10年間、破壊されて建て直されてきたイリカイの100を超える1ベッドルームのコンドミニアムの、スプリンクラーのヘッドの配置移動ができる建築請負人と一緒に仕事をすることは、安心できる何かがある。

Tマイナス2週間(2017年2月13日)

素材を選択:

ローカルの素材供給者であるホームデポ、ロウズ、ゴールデンキャビネット、セレクティブストーン、ダルタイル&ファーガソンプラミングなどを訪れるのに何時間も費やした。素材の選択を、ポーセリンタイルフローリング、吸音下張り材(コンドミニアムの硬い床面に必要)、キッチンキャビネットと色、クオーツカウンタートップ、汚れ止め板、一片のトイレ、天井扇風機、蛇口とLED照明調整スイッチに絞る。

私はまた、冷蔵庫、スライドインオーブンレンジに電子レンジカバーをオーダーし、配達されるまでに約5週間ということは、おそらく期間的な希望が大きすぎるだろう。3LED埋め込みライトとお気に入りの照明スイッチ6.5W、GU10LED電球のボックスがアマゾンから届いた。いま、建築請負人の書面の提案書を待っている週末が永遠のように感じる。私にはすでに取り壊しの段階の準備ができている。

Tマイナス1週間(2017年2月20日)

建築請負人は提案書に署名した。私は素材の選択に具体的なアイデアがあり、ほとんどの買い物をするつもりだ。提案書は、エアコンディショナー、モルタルと大工仕事などのいくつかの例外を除いて、大半が労働力となる。

全改装のプランの申し込みには、建築請負人の保険の保証と、下張り防音仕様シートがAOAOの許可を提出したものが必要。ビル内のたくさんのユニットを完成させている建築請負人は、申し込みの許可をもらうために必要なものがわかっているので、支払い分の見返りは期待できる。

私は素材と価格を再び確認するために、すべてのローカル店に再度足を運んだ。ホームデポは12×24サイズの磁器タイルの販売を中止するので、タイルひとつ分が1.73ドルという信じられない値段まで下がっていた。これは、1スクエアフィートにつき86.5セント。私は、フロアタイルを取り付ける依頼をHDの配達日までに決めた。

私はまた、シャワータイル挿入、天井扇風機、蛇口、洗面台ライト、タオル棚とフックを購入した。AOAOの許可を待ってから、取り壊しがはじまる。

工事の開始 – 第1週:(2017年2月27日)

AOAOの許可を月曜に受け取った。最初の支払いを建築請負人に終えて、ふたつのデザイン変更を話し合い、1.)ラナイのタイル貼りに、一貫性のある同じ磁器タイルを拡張、2.) 小さな特別注文の組み込まれたクローゼットをベッドルームに取り付けて、空間を最大限に利用する。下張り防音床材とラナイ用に追加の磁器タイル、シャワーフロアタイルとコーラーサンタローザを買った。ホームデポはふたつの縮んで折れた荷台で、歩道の縁石までしか届けてくれない。

2週間目–取り壊し –キッチン、フローリングとクローゼットを取り除いた

第2週:(2017年3月6日)

水曜日、ユニットは完全に壊された姿を見せる。家具、障子ドアと枠、ベッドルームのクローゼット、壁紙、大きな壁鏡、フローリング、キッチンの壁、キッチンとバスキャビネット、シャワー室、バスクローゼット、洗面台、すべてなくなった。

2週目– 取り壊し–リビングルームの壁鏡が取り外された

2週目ー取り壊し:リビングルームの鏡が取り外された

2週目ーシャワータイル改装

2週目ー洗面台、鏡とフローリング改装

 

大きなアマゾンのボックスが、今日届いた。:ズーネ23インチのキッチンシンク、壁に浮き型のキャビネット、壁に取り付けられたテレビ、埋め込みコンセントx 2 / テレビのワイヤーはケーブルポート(接続部)と合わせて浮き型キャビネットに隠された。さらにアマゾンのボックスが届く。:バスの蛇口、洗面台の照明、タオルラック、ペーパーホルダー、など。

私はバスルームのミラー枠をロスで買った。望んでいたサイズとは違うけれども、まぁよしとする。クイーンオリーの薄いスチールのベッドフレームを2つオーダーした。これらは、13インチのスーツケースに保管され片付けられている。かさばるボックススプリングは必要ない。私にはヘッドボードのアイデアがあったが、最初にフレーム(枠)を見るまで待ちたかった。2つのはめ込まれたLEDライトがヘッドボードの上についていて、はっきりとしたイメージを思い描くことができた。12インチのメモリーフォームマットレスとベッディングは、まだ探している最中だ。

私は、天井扇風機の取り付けのために、いくつかのプラスチックワイヤーチャンネルとロメックスをホームデポから引き取った。私は、天井を滑らかな表面にする前に、まっすぐたつコンクリートグローブのひとつを天井扇風機のワイヤーと続けたかった。電気工はそのうち、壁の背後にある接続箱に最終的につながるようにするだろう。ベースプレートと天井扇風機を固着させるために、コンクリートをドリルで開ける必要があり、また、今週末にエレベータサービスでほかの7つの磁器タイルの箱が運搬される。同じフローリングの素材が室内とラナイの外側にあると、空間を大きく見せることができ、内側と外側のコネクションに調和が生まれる。埋め込み式ライトは、キッチンとバスに取り付けることができる。

私はリビングルーム用の天井カーテンレールと、天井に取り付けられたシャワーカーテンレールを注文した。カーテンレールを一度見てから、裁縫師に、遮光カーテンを正しいサイズに修正してもらう。

コンドミニアムは壊されたけれども、相変わらずのいい眺め

第3週:(2017年3月13日)

HD家電製品の配達を9週目に変更した。明確に私たちはまだ準備ができていないから。カーテンレールと、特注のクイーンサイズベッド枠(ベッド下片付け保管用13インチスーツケース)を含むボックスたちが、自宅に届いた。私は新しい電気接続口、スイッチ、壁に埋め込まれたテレビと浮き型テレビ台の配置位置を計って、印をつけた。

建築請負人は、いくつかの電気経路と乾式壁の組み立て素材を置いていった。来週の水道遮断を待つ間は、やることがない。

第4週:(2017年3月20日)

電気工は新しい電気パネルを移動して、別の場所に設置した。火曜日は3つのスプリンクラーヘッドが動かされた。

見た目よし。天井と下端は、新しいスプリンクラーヘッドとエアコンディショナーが位置するまわりに建て直された。木曜日は水が遮断され、すべての配管弁が取り替えられた。シャワー室は配管工事がはじまり、キッチンの配管は新しいシンクの位置する場所に移された。

エアコンディショナーと導管は新しく設置された。電気導管は新しい埋め込み式の天井ライト、電気スイッチと接続部が設置された。先週にくらべて格段の進歩だ。

第5週:(2017年3月27日)

月曜はプリンスクヒオデー、週の休日で、イリカイでの仕事は許されなかった。この短い労働週間に、さらなる電気仕事がある。たとえば電気パネル、電気経路、スイッチとプラグの位置が決められた。埋め込み式ライトの位置は天井を切り込んで、すべての導管仕事が完了した。電気は新しい電気パネルで修復された。

第5週 –いくつかの新しい構造、スプリンクラーヘッドと電気仕事は移動した

さらなる構造とモルタルを伴なう乾式壁仕事。ペンキの色が決められて、来週のペインティングの準備ができた。

第5週–キッチン配管工事

一ヶ月前、私はキッチンレイアウトの計画を練って、キャビネットの選択はゴールデンキャビネットに決め、それらは容易に手に入ることになっていた。新しい乾式壁が設置され、測定は最終段階に入った。私はキャビネットのオーダーを、本日3月31日にしに行き、いくつかのキャビネットが在庫切れで4月25日まで入らないことが判明した。まいった。これでは、キッチンの設置に3週間以上遅れることになる!学習した。素材が手に入るときに、確保しておくべき。その場の入手可能な状況が当然と思ってはいけない。

第5週–エアコンディショナー下端組み立て

注文して支払ったMSIアークティックホワイトクオーツストーンのカウンタートップは特注の石だ。これらはキャビネットが設置されるまで必要ないが、確保しておいた方がいい。

第6週:(2017年4月3日)

第6週–モルタルのアクセント壁と新しいエアコンディショナー下端

シャワー室の’グリーンボード’乾式壁

シャワー室の’グリーンボード’乾式壁の設置が完了した。天井モルタルのコンクリートグローブは磨かれた。小さな新しいクローゼットの上部が完成した。すべてのモルタルが完了し、クリッツプライマーでペイントする。それだけ。見た目はすでにいいが、進行は私にとっては遅すぎる。

クイーンサイズマットレスを買い、ソファベッドを今週買う。

第7週:(2017年4月10日)

バスルームのキャビネットを引き取った。キッチンキャビネットは4月25日までこない。さらなるバスルームの乾式壁。天井ははがされて、オレンジ色の素材を見せている。アクセントウォールを含めたリビングルームとキッチンのペインティングが完了した。電気パネルは完成した。すべての埋め込みライトと照明調整スイッチが設置された。バスルームも含めて、ついに照明がついた。防音下張り床材もつけられた。古い窓とエアコンディショナーのユニットが取り除かれた。新しいグラスパネルを、エアコンディショナーのあったラナイのウィンドウパネルに取り付ける必要がある。それだけだ。

第7週 – 新しいペイント

第8週:(2017年4月17日)

古いトイレが取り外された。

タイルフロアがリビングルーム、バスルームとラナイに取り付けられ、セメントだったうちの90%は完成した。見た目もいい。新しいバスルームキャビネットが取り付けられた。

第8週–防音下張りとともに取り付けられた新しいタイルフロア

第8週 –ペイントされたアクセントウォールはエアコンディショナー下端の下に位置する –新しいタイルフロア

キッチンキャビネットを待っているところ。配達の予定は4月25日ではなく、4月28日。リビングルームの天井は、もう一度最終仕上げが必要だ。冷蔵庫、オーブンストーブと電子レンジなどの家電製品は4月21日の金曜日に配達されるが、キッチンキャビネットはまだ来ない。

第8週–電化製品が届く

第9週:(2017年4月24日)

第9週–シャワー質が完成した

シャワー質はタイル張りで 新しい配管の備品が取り付けられた。

バスルームは一緒にくる。クオーツのカウンタートップは、サイズを削ってバスルームシンクの下に取り付けられた。建築請負人は、素材中央の残りの部分を切り抜いて、小さな三角の石鹸台をシャワー室に使った。新しいコーラーのトイレが取り付けられた。来るべき時がやってくる。

新しい三菱のエアコンディショナーシステムが、圧縮機とともに取り付けられた。新しい照明レールがキッチンのカウンタートップ上についた。

小さな特別注文のベッドルームのクローゼットを覚えているだろうか?現在、特注サイズのドアとバスルームドアとおそろいの新しい金具をつけているところだ。

キッチン上段のキャビネットと新しいキッチンシンクキャビネットが金曜夕方に届いた。

第9週–上段キャビネット到着

残念ながら、キャビネット下段はまだ届かず、現在の予定は5月5日になってしまった。

第10週:(2017年5月1日)

キッチンキャビネットのトップがついに5月1日に取り付けられた。

第10週–キャビネット上段設置

われわれは、電子レンジのカバーの上部がねじれていることと、右側壁が1/2インチ外側に曲がっていることを発見した(!)。この欠陥品はキャビネットの下には入らないだろう。これは特注で、しかもホームデポでは、ほかの取り換えられるGEスレート電子レンジの在庫が現在ない…??

第10週–新しい特別注文のクローゼットとエアコンディショナー

建築請負人は、注意深く電子レンジを家具に固定して側壁を曲げて戻し、ユニットにフィットするように押し込んだ。問題解決。マックガイバーは誇りに思うだろう。特注の保管ガレージの上のバスルームシンクは組み立てられた。建築請負人のブライアンチェンは、仕上げのタッチにいい仕事をしてくれた。

第10週–バスルーム鏡と照明

バスルームの鏡と上部の照明が設置された。バスルームのドアとベッドルームのクローゼットドアは、サイズを削られ、ペンキの下塗りがされた。天井扇風機の設置が完了した。

第10週–浮き型キャビネットと本棚

新しい浮き型キャビネットと迷路のような本棚は、壁掛けテレビの隣に付けられた。新しいカーテン棒もまた、取り付けられた。遮光カーテンはまだ裁縫師のもとで、来週には出来上がるはず。私は2つの12インチのクイーンサイズマットレスを注文した。2つの新しいヘッドボードがアシュレイファニチャーから届き、設置する準備ができた。

第10週–最後のキッチンキャビネットが取り付けられる準備ができた

今週の大きなアップデートは、期日を長らく過ぎたキッチンキャビネットの下段が金曜に届くこと。われわれは現在、プロジェクトの完成に向けてまっしぐらだ。

第11週:(2017年5月8日)

建築請負人はキッチンキャビネット下段を取り付けて、キッチンタイルフロアの最後の区画を完成させた。バスルームドアとクローゼットドアは両方、おそろいの金具が取り付けられた。幅木は全体的に完全に設置された。新しい廊下の鏡型クローゼットドアはクローゼット保管収納システムとともに取り付けられた。新しいスプリンクラーヘッドキャップも設置。見た目がクリーンでシンプルだ。

第11週–キッチンキャビネット、シンクと蛇口が付けられた。

私たちは、キッチンシンクの前に特別に長いハンドルを付けて、ほかのキッチンキャビネットのハンドルもおそろいのスタイルにした。このエクストラのハンドル機能は、まさに必要な場所、シンクの前にすぐにタオルバーがくるようにしてある。すべてのキッチンがこうあるべきだと私は思う。

私たちは、幅木の脚を切り、壁に直接取り付けるようにした。

第11週–特注のベッドルームクローゼットが終了した。

私は、追加の金具、壁の支え具とシャワーカーテン棒を求めてホームデポまで再度行く必要がある。

2つの12インチのマットレスが到着。メタルのベッドフレームは、ベッド下の保管スーツケースに便利に片付けられている。メタルフレームで彼らの足指をぶつけることを避けるため、われわれはいくつかのベッドの脚にフォームをつける。

ほとんど終わり、この感覚は26マイルのマラソンのうち24マイルを走った気分…

第12週(2017年5月15日)

最終の週だ。両方のクローゼットの棚システムは完成し、 エアコンディショナーのあった古い窓を排除して、新しいグラスパネルが取り替えられた。2つのクイーンベッドのヘッドボードは、壁に付けられて、ベッドフレームが組み立てられた。2つのクイーンマットレスが水曜に配達された。今週だけで、驚くほどの数の穴が開けられて、ドリルとネジが締められた。

第12週 – クイーンサイズのヘッドボード、ベッドフレームとマットレス

シャワーカーテンバー、タオルバー、ローブ掛けとペーパーホルダーが設置された。残っていた電気の接続部とプレートカバーが付けられた。現在、機能的なバスルームが完成した。

第12週 – バスタオルのラック

クイーンサイズのソファベッドと可動型のオットマンが木曜に届いた。

第12週–新しいクイーンサイズのソファベッドとオットマン

第12週–キッチンキャビネットドアが設置された

キッチン上段のキャビネットとはめ込みグラスが届き、すべてのキャビネットハンドル、キッチンとバスルームのカウンター、バックスプラッシュと蛇口とともに設置された。ストーブが付けられ、冷蔵庫のハンドルも取り付けられた。キッチンがまさに完成した。

第12週–キッチン

新しい50インチのHD薄型スクリーンスマートテレビが取り付けられ、接続された。新しいワイファイのルーターとケーブルが結びついた。

第12週–新しいアートワークとカーテンが付けられた。

飾りカーテンと新しい遮光カーテンが金曜に取り付けられた。新しいラナイの家具、バースツール、ナイトスタンドが届いた。われわれは、ラナイのドアのローラーを滑らかに開閉できるように取り換えた。ドアストップ、壁の当て材、新しいラナイのドアロック、タッチアップコーク、ペイントと掃除がまだ残っている。

第12週–壁のアート

第12週 –バスルーム壁のアート

最終タッチはアートワーク、ベッディング、まくら、タオル、キッチン用品、使用説明書、そしてビジターを歓迎するためのカードをラミネート加工すること。

第12週–キッチンリビングルーム –最終タッチ

第12週–新しいランプにナイトスタンドとカーテン–最終タッチ

第12週–バスルームの最終タッチ

私は近代的で実用的、かつ魅力的なバケーションユニットを創り出すことに成功したと思う。私が知るかぎり、このユニットは数少ないなかのひとつ、イリカイの1ベッドルーム/スタジオユニットのなかで、2台のクイーンベッドとクイーンサイズのソファベッド、大人5人が快適に泊まることのできるユニットだろう。ゲストたちはここでの滞在を大いに楽しむはず。

第12週–最終タッチ

イリカイ#712 – 改装費の概要

総合的に改装費用は59,363ドルで、20%予算を超えてしまった。結果的に私は満足している。建築請負人のブライアンチェンとCBコンストラクションはいい仕事をしてくれた。ブライアンの情報はこちら:

改装プロジェクトは12週間、キッチンキャビネットの予想外の取り寄せ注文で予定よりも2倍かかってしまった。次回はもっといいプランを練って、遅れを軽減しよう。

– パウ –(ハワイ語で”おわり”の意)

アパートメントは現在、ワイキキビーチレンタルがマネージメントをしている。彼らは予約を入れ続けるいい仕事をしてくれている。もしイリカイでバケーションの予定があるなら、ここに滞在してみては?

最終的な日中の写真:

第12週–クイーンベッド

第12週–ソファベッド

第12週ーリビングルーム

第12週–リビングルームとクイーンベッド

第12週–キッチン1

第12週–キッチン

第12週–バスルーム

第12週–素晴らしいオーシャンビューとラグーンビューのラナイ

ワイキキコンドミニアム – リモデル術公開 was last modified: 11月 29th, 2017 by Hawaii Living
Loading Facebook Comments ...