カポレイ一軒家 - 29件

Sat オープンハウス 2-5pm
Sun オープンハウス 2-5pm
最新物件
675,000ドル
91-1116 Kumuiki Street
3 ベッド | 2 浴室 | 約128㎡
Sun オープンハウス 2-5pm
最新物件
818,000ドル
91-223 Wahane Place
5 ベッド | 3 浴室 | 約174㎡
最新物件
790,000ドル
91-1109 Lanakoi Street
4 ベッド | 2.5 浴室 | 約176㎡
Sun オープンハウス 2-5pm
91-823 Oaniani Street
4 ベッド | 2.5 浴室 | 約202㎡
2015年改装
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
エスクロー
650,000ドル
カポレイ ハウス (未公開住所)
3 ベッド | 2 浴室 | 約104㎡
エスクロー
669,000ドル
91-1029 Mamaka Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約142㎡
2018年改装
エスクロー
780,000ドル
91-1047 Paaoloulu Way
5 ベッド | 3 浴室 | 約216㎡
エスクロー
719,500ドル
801 Kakala Street
4 ベッド | 3 浴室 | 約144㎡
築2015年
91-1052 Kolili Street
4 ベッド | 2.5 浴室 | 約186㎡
2009年改装
91-1429 Wahane Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約240㎡
海の眺望
91-1031 Aukahi Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約123㎡
築2009年
91-185 Kikiao Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約118㎡
2018年改装
エスクロー
650,000ドル
91-1048 Lanakoi Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約123㎡
エスクロー
638,000ドル
91-223 Hiluhilu Place
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約128㎡
エスクロー
668,000ドル
91-1098 Nihopeku Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約128㎡
2015年改装

売りに出てから成約するまでの中間日数 ?

65
年初から本日まで
(2017年において 66日)

中間リスト価格に対する中間売却価格の割合

100.7%
年初から本日まで
(2017年において100.1%)

売却された一軒家の物件数

22
年初から本日まで
(2017年において110件)
借地権物件除く - 理由 ?
平均値ではなく中間値 - 理由 ?

オアフ島の第二の都市計画は、何十年もの間検討、討論されてきた案でした。カポレイのコミュニティーでこの計画が実際に具体化してきたのは、ここ数年のことです。ホノルルがその発展と開発によって変貌した1970年代には、新都心の必要性は明らかになっていました。密集した生活環境、交通渋滞、そして他の問題は、解決、または少なくとも救済を必要とする、増大し続ける危機でした。

それに対する解決策がカポレイの不動産でした。広々としたスペースと平坦な土地、そしてなんと言っても未開発であったエヴァ平原は、緩和効果を作り出すためには十分ホノルルから離れた場所でありながら、必要であれば通勤も可能な距離だったのです。この後者の条件は、当初は特に重要でした。しばらくはカポレイに充分な雇用市場は見込めなかったため、最初のカポレイのホームバイヤーの波を引き寄せるには、通勤が可能であるかが要だったのです。

実際には、エバビーチよりもさらに西にあるにもかかわらず、カポレイはH−1フリーウェイへのアクセスがもっと容易です。東のお隣さんたちに比べて、カポレイに住む人たちにとってはフリーウェイへの道のりも乗り入れもより簡単で速いので、通勤の最大の障害の1つをクリアしていることになります。

カポレイ − 豊富な便利さ
でも、カポレイの良さは街の外に出るのが容易であることだけではありません。大ニュースは、今ではカポレイに真の街の中心部があることです。この中心部には、4つの主要ショッピングセンターや、ウォールマート、コスコ、ターゲットやホームデポといった大規模小売店が並んでいます。そして、ノースサウスロードとも呼ばれるクアラカイパークウェイには、新しい大規模ショッピングセンターが既に計画されており、既に長いお店のリストに近々加わることになります。オアフ島の西側の主要なショッピングスポットがカポレイに集中していることは、疑う余地がありません。

カポレイの街には複数の大きな公園、映画館、ハワイ大学の分校、そして新設の公立学校群があり、たくさんのケイキ(子どもたち)を含む増え続ける人口に対応しています。ビーチセラピーが必要な時は、車を少し走らせるだけで壮観なコオリナのラグーンに着きます。一瞬のうちに光輝く海の水の中を歩くことが出来るのです。

急速な発展にもかかわらず、カポレイはやみくもに拡大している場所ではありません。全体計画に基づいたコミュニティーであり、政府はきちんと計画を遂行する決意です。現時点までは計画通りに行われて来ました。ではカポレイの不動産や住宅はどうでしょうか。

カポレイの住宅と住宅地
一般には、ハワイの都会型不動産の世界ではコンドミニアム物件が数を増し続けてきましたが、カポレイは違います。新しい都市ではあっても、カポレイの住宅のほとんどは一軒家やタウンハウスです。過去のプランテーション時代にふさわしく低層住宅地であり、1990年に最初の開発プロジェクトであるビレッジアットカポレイが起工した当初から、ずっと低層住宅地を維持してきました。

このプロジェクト、そしてその後の多くのプロジェクトのディベロッパーたちは、低利息、決算費用無料、追加のアップグレードなど、ホームバイヤーにとって非常に魅力的な条件を創り出してきました。このことで、通常の、ほとんど永遠に過熱状態の地元不動産市場に比べ、さらに素晴らしい魅力が加わりました。一番恩恵を受けたと言えるのは初めて我が家を購入する人たちでした。ハワイで家を買うために通常必要な額の資金を持っていなくても、新しい家を購入することが可能となったのです。

お手頃価格は今も同様で、価格に変化が起こる前に、投資を行ったり住宅を購入するには最適の場所です。チャーミングなカポレイのタウンハウスの販売価格は30万ドルからとなっています。もっと広々とした住居が必要でしたら、例えばカポレイクノールスの住宅地は、その“オーパス(最高傑作)”の間取りで有名です。高い天井だけでなく、2700平方フィートの内部空間の中で、お好みのまま暮らしたり遊んだり出来ます。

お手頃価格の物件と共に、カポレイにはラクジャリーな物件も存在します。この双方が共存するということは、カポレイが真に広範なコミュニティーとなったことを証明してくれます。平穏なゴルフコースに沿って家々が建っているカポレイ−マラナイのような分譲地には、より高級な物件があります。ここに住む人たちは、最も美しい芝生を自分で手入れする必要なく、楽しむことができます。カハラ風の豪邸を思い出させる、カポレイ–イヴァラニのようなより風格のある住宅もあります。

第二の都市の将来
カポレイ、そしてオアフ島全体を真に変貌させるのは、今建設中の鉄道システムでしょう。建設の開始は、そのエリアでは既に大変顕著です。鉄道がカポレイにどのような印を残すかは想像の世界ですが、鉄道の西側の終点となるカポレイに影響があることは確かです。

カポレイは、確固たる基盤と、最終的にどれだけ大きな存在になり得るかだけが疑問の将来性がミックスされた、地元の産物です。でも、カポレイでの住宅の購入は不動産投機家として臨むべきだという意味ではありません。オアフ島のもうひとつの都市のコンクリートの壁と混雑の中での暮らしから離れて、住み、子供を育てるのに最適の場所、あらゆる便宜がいつでも手に入る素晴らしい場所を探している方たちにぴったりの場所、それがカポレイです。

カポレイ歴史
オアフ第2の都市の建設が盛り上がる最中、ここが古代ハワイにおいて非常に重要な場所だったことは忘れられがちです。中央にはエヴァ平野の最高地点の高い丘、プウが立っており、そこからカフナたちは、女神のカポが一年を通してそこを通った、太陽の道に捧げものをしたのです。

カポはフラと魔術の女神であり、ペレの姉でもあります。冬至になると、太陽はプウオカポレイと呼ばれるこの丘の周りに円を描きました。このレイと呼ばれる円が「カポ」と組み合わされ、現在のカポレイという名前が誕生したのです。

この場所は宗教的に重要だったのみならず、実際的にも大きな役割を担っておりました。エヴァ平野は、オアフ島の中でも暑くて乾燥した場所だったので、農業に向いてはおりませんでした。そう思ったのはネイティヴ・ハワイアンだけではありません。19世紀のアメリカ人やヨーロッパ人のプランテーションの所有者たちでさえもそう考えたのです。

だからこそ、ジェームズ・キャンベルが1877年に162平方キロメートルもの土地をここで買った時には、破滅的とまでは行かなくとも、非常に馬鹿げた行動とみなされました。キャンベルは、それでも地中深くを掘り進め、その存在を誰も想像だにしなかった、豊富な地下水脈を掘り当てました。かつての不毛の土地には広大なサトウキビやパイナップル畑が広がり、彼は大金持ちになりました。

第一次世界大戦の勝者たちの間での合意を経て、いくらか景観が変わり、アメリカはこの地の海軍を縮小しなくてはなりませんでした。それは、戦艦用に用意されていた兵力の一部が海岸線の防衛に使われることを意味しました。プウオカポレイにもそのような基地が造られ、フォートバレットと名付けられました。第二次世界大戦後に基地は閉鎖されましたが、その跡地は空から容易にご覧になれます。

キャンベルの死後、彼の所有の地所は財団となりました。1950年代初頭に、財団はプランテーション経済の終焉が近づいていることに気づきました。1955年になると、彼らはこの土地をオアフ島の新たな都市にする計画を発表しました。今まさにそれが実を結ぼうとしている今、この地区の開発を進めたのが、政府ではなくキャンベル・エステートだということを知っている人は、ほとんどいません。

オアフ島の西側の大半を占め、現代的で急速な発展を続けるカポレイは、「可能性と潜在性を実現させることは不可能ではない」という実話の一つです。かつてこの島の砂漠に匹敵し、荒れた不毛の地だった場所には、今となっては活気あふれるコミュニティがあるのです。こんなに発展するなんて、キャンベルを中傷した人たちに限らず、20世紀半ばのほとんどの人たちには想像もつかないことでした。不可能を可能にしたこの土地で次に何が起こるか―想像するだけでワクワクすることでしょう。