Hawaii Living

ビクトリア・プレイス

ビクトリア・プレイス ~ワードビレッジ第7弾目のプロジェクト~

「ビクトリア・プレイス」の名前の由来は、約100年前にカカアコを人々が集う場所として開発したヴィクトリア・ワードから来ています。建設予定地は60エーカーあるワードビレッジの「最前列」と呼ばれる一等地で、眼下にはケワロヨットハーバーが広がります。同じ最前列の東側に位置するワイエアからは300フィート(90メートル)も離れており、西側にワードビレッジ内の公園であるヴィクトリア・ワード・パークが約1エーカー(約1200坪)拡張される予定。
 
パンフレット(価格表及びフロアプラン)をご希望の方和田ゆうこまでご連絡下さい。お急ぎの方は、2019年12月東京・大阪個別面談時に直接お渡しも可能です。
電話番号:+1 (808) 779-8336
Eメール: Yuko@HawaiiLiving.com
 
 
【予約販売】:販売中
 
【特徴】:Nobu, Merriman’s, ホールフーズ・マーケットなどの商業施設に徒歩圏内という利便性を保ちつつ、ビクトリア・プレースでは商業施設やテナントを配さず、ハワイらしい自然をダイレクトに感じる、「暮らし」をコンセプトにしています。
 
【コンドミニアム詳細】: 地上40階建てで、間取りは 1、2、および3ベッドルームからなる全350戸
 
【共用施設】:
ロビー階には「ラウハラ・プールハウス」と名づけられら共用施設は邸宅の広大な庭をイメージしてつくられ、会議室2部屋、プライベートプールハウス(予約専用)、バーベキュー、ハンモック、プール、ゲストスイート3室、ビーチアクセス、ドッグラン、ゲスト用車寄せスペース 

 

アメニティ施設はビル5階の西と東側に位置する。東側「ウェルネスセンター」にはサンライズラッププール、フィットネス、男性・女性専用スパ(ジャグジー、プール、ドライサウナ、スチームサウナ、シャワー等)、スパ施術室が設けられ、西側「集いの場所」にはサンセットプール・スパ、シアタールーム、バーベキューカバナ・グリル、シェフズテーブル&キッチン、プライベートダイニングルーム、プライベートロッカー、ワインルーム。
 
【建築・デザインチーム】:
建築家:
Solomon Cordwell Buenz (SCB)
ハワイ不動産好きには定評の建築設計会社。アナハやパークレーンの設計で有名なBen Wrigley氏が担当 。ハワイの自然を最大限に生かした、外と内側の境界線を最小限にし、ロビー等の共用スペースはハワイの有名な会員制クラブを参考にデザインされました。施設内の照明は特にこだわりのデザイン
 
装飾美術品:
Walden and Hitchcok - 19世紀の有名な画家が描くアートがロビーなどの共用部分に配置される予定。
 
インテリアデザイナー:
ホスピタリティデザインの第一人者アダム・ティハニーのデザイン事務所。フォーシーズンズやマンダリンオリエンタルを始めとした世界中のホテル、レストランを手掛ける。
 
ランドスケープ:
Don Vita 氏はハワイ島のフォーシーズンズ、クキオリゾートなど世界中のハイエンドプロジェクトのランドスケープをを手掛け、南国のハワイの植物を取り入れたリゾート感あふれるデザインが定評。コウラとビクトリア・プレースの横に造られる予定の公園も同氏のデザイン。

 
【お部屋タイプ】:
3ベッドルーム:約1700~1800スクエアフィート (157~167㎡)$3~$5.2ミリオン
2ベッドルーム:約1084~1287スクエアフィート(100~119㎡)$1.7~$2.8ミリオン
1ベッドルーム:約749~946スクエアフィート(69~87㎡)$1.2~$1.99ミリオン
連結仕様:隣接する3ベッドルーム2戸か
 
【室内仕様】:
天井の高さ:9フィート(2.74m) 、上層3階は10フィート(3.05m) 
ベイ・ウィンドー(出窓):3.5フィート(1.06m) 突出したデザインは別名室内ベランダと呼ばれる
窓:3ベッドルームは12フィート(3.65m) 、1・2ベッドルームは6フィート(1.82m) 横開き
電化製品:Sub Zero 及びWolf 、ガスコンロ
キッチン戸棚:Studio Becker 
キッチンカウンター:ストーン
バックスプラッシュ:ストーン
カスタムデザイン:インテリアはライトとダーク仕様から選択
 
【価格】:単価$2000/スクエアフィート
 
開発中のコンドミニアム ~エージェントを通す3つのメリット~
 
開発が進むカカアコ地区やワイキキの新規プロジェクトの購入は、「ショールームに直接出向いて検討したい」「直接開発担当者と話した方が値段の交渉が出来るかも」思われる方が多いですが、仲介エージェントを通すメリットは何かをみてみましょう。
 
メリット1. エージェントを通しても、ショールームに直接出向いても購入者の手数料は開発業者が負担
 
メリット2. お客様のライフスタイルや方向性に合わせて、開発中のプロジェクトのみならずハワイ全域の物件からぴったりの物件をご提案可能

メリット3. ご契約前、購入手続き、物件点検、アフターサービスを一貫して担当エージェントがお客様に対応(購入後のインテリアデザイン、家具購入、物件点検など様々なニーズに対応)
 
【価格】:単価$2000/スクエアフィート

 

 

 


不動産エージェントに連絡
ご質問・内覧のご希望は以下のフォーム
よりお問い合わせ下さい。

和田 ゆうこ (RA)

RS-74721

携帯番号: (808) 779-8336
Eメール: Yuko@HawaiiLiving.com
Line ID: yuko.hawaii