ハワイ不動産投資

ハワイ不動産投資

ハワイの不動産の投資をする際にはまず、投資の目的を明確にする必要があります。一軒家かコンドミニアムのどちらが適しているか、そして維持管理費も事前に調べることが必要です。

ハワイ不動産投資の目的

1) コンドミニアムへの投資目的は、ご自分がハワイにいる間は自分自身が利用し、不在の間はバケーションレンタルとして他の旅行者に貸し出すことをお考えですか?もしそうであれば、 ここホノルルに短期バケーションレンタル(ホテルのような)を可能にするコンドミニアムは限られた数しかないことを理解する必要があります。それらのほとんどはワイキキに位置しており、アラモアナでは一件だけ(アラモアナホテル)です。弊社の短期バケーションレンタル可能なハワイのコンドミニアムについての記事をご参照ください。レンタルは各コンドミニアムの規定によりますが、多くの場合、最低30日以上のステイ(もしくはそれ以上)となっています。これは最大限に効率よく賃料収入を得るためです。

2)  一軒家を購入してご自分がハワイにいるときは使用し、不在のときは貸し出すことをお考えですか?その場合はハワイの一戸建ての家が良いでしょう。しかしながら規定により基本的には最低30日の貸し出し日数が必要です。多くの家の所有者が違法な短期バケーションレンタルを運営しているためホノルル市は、このような違法レンタルに厳しい取り締まりを行なっています。一軒家はかなりのメンテナンス(芝刈り、害虫駆除その他雑用)があり、家を取り巻くすべての問題を処理するプロパティマネージャーがいたとしても、コンドミニアムを所有した場合に比べて、多くの問題があるかもしれないことを事前にご理解ください。

3) 投資目的は、日本での減価償却を活用した節税メリットを受けられる古い木造住宅の 購入ですか? その場合は、まずそのような家を無人にしておく際には注意点がいくつかあることをご理解ください。多くの場合そのような住宅は古いため、必ず正常に鍵がかかり、敷地に危険なものがないことを確認してください。ー閉鎖されていない空のプールなど多くには危険物(鋭利な金属や木材片)が放置されたままになっていることがあります。またこのような古い住宅を貸し出す場合には、維持管理するためコストを考慮する必要があり、それが投資として理にかなっているかをご検討ください。人気のコンドミニアム、イリカイアパートやコロニーサーフを含め、古いコンクリート建築ビルにも節税メリットに値する物件があります。
  
4) 投資目的はハワイで不動産を購入し、ハワイにいない間は無人にしておき、不動産の値上がり戦術を優先しますか?この場合には、ハワイにおける不動産市場の傾向について理解する必要があります。また様々な地域&マイクロトレンド情報(最も人気のある通り、最高の将来の可能性を秘めた通り、プライバシー&ビュー、近所や周辺での今後の開発計画についての知識など)が必要となります。

ハワイ投資不動産のコストについて

プロパティマネージメント:ガイドラインや特にルールはありませんが、通常不動産を貸し出す際にはプロパテイーマネージャー(管理者)への支払いが生じます。長期にわたる賃貸(通常は1年契約)の場合、賃料収入の10%。短期バケーションレンタルの場合には賃料収入の20%から25%ほどのコストが生じます。

レンタル税:長期レンタルの場合(180日以上)所有者は、ハワイ州に対して4.5%のGET(一般消費税)を支払う義務があります。(GETは日本の消費税に似ています)レンタルが180日未満である場合には所有者はこれに加え9.25%であるTAT(宿泊税)を支払う義務があります。一般的に短期レンタル貸し出しの際、所有者は、TATを宿泊費に追加します。(これはホテルが宿泊者に追加するように)長期レンタルの場合、所有者は時にGETを別途追加料金として追加する場合もあります。

固定資産税:30日からレンタル可能な一軒家やコンドミニアム(コンドミニアムの管理組合がルールを変更した場合は30日以上)、これらの不動産は「住宅」として区画設定されており固定資産税の税率は、評価額の0.35%です。しかし不動産の評価価格が$ 1,00,000以上の場合で実際にそこに住んでおらず住宅所有者の免除申請をできない場合は0.6%となります。(所有者はそこに実際に住んでいる場合のみ住宅所有者控除を請求することができます。その場合、固定資産税の税率は評価価格に関係なく0.35%です)短期レンタルのあるコンドミニアムは、区画は「ホテル・リゾート」でなければならず、評価額の1.29パーセントとなります。評価額は税務署が決定を下し、多くの場合市場の販売データを見て判断するため市場価値に近いのが現実です。 

維持費:コンドミニアムでは毎月固定の維持費を支払わなければいけません。ほとんどの場合ここには電気代は含まれておらず、インターネットについても含まれていません(インターネットについては含まれているコンドミニアムも存在します)。古いコンドミニアムを購入した場合は交換する排水管や屋根の部品がない場合があり、将来的に予想外のコストがかかるリスクがあることを覚悟しなければなりません。一軒家は固定のメンテナンスコストはありません。その代わりに一軒家のメンテナンスは多岐にわたり、庭のメンテナンス&害虫駆除などのコストがかかります。また屋根、パイプ、その他すべてのメンテナンスコストの責任を負うことになります。物件のタイプに関係なく、購入する不動産の種類と特性をよく調べて、今後かかる総合的な費用を十分に考慮することが重要です。

こちらのリンク ーハワイコンドミニアム購入、 ワイキキコンドミニアム購入、 ハワイ不動産購入セカンドホームハワイ投資、から販売物件をご覧になれますので是非ご参照ください。

木村 (808) 492-2395
までお電話頂くか、お問い合わせフォームをご利用下さい。

不動産業者はお決まりですか?

クリスチャン ニルセン 代表取締役社長 (RA)

デンマーク出身のクリスチャンは、成人になってからの人生をずっと海外で送って来ました。ロンドンの金融市場でのキャリアを皮切りに、その後の10年間、東京で設立した管理職専門のヘッドハンティング会社を運営しました。多数のクライアントから信頼を受け、高度の交渉術を必要とする管理職雇用及び難易度の高い雇用ニーズに対応してきました。

ノルルの不動産市場について、10年間余り研究を重ねるとともにその動向を追って来たクリスチャンは、2008年にダイアモンドヘッドのオーシャンフロントのコンドミニアムに最初の投資を行いました。地元市場について精通しており、冷静かつ確固とした態度で最も複雑で困難な状況までもナビゲートするという交渉術に卓越しています。ホノルルの不動産業者としての成功の中核となっているのは、常にクライアントの利益を念頭に置き、クライアントために尽くす献身です。“私の技術を駆使して、クライアントが不動産の目標を実現するお手伝いが出来ることは、私の喜びです”。

従来の不動産会社とは違った、インターネットを活用してホノルルの不動産についての見識をさらに提供する会社を創立するというビジョンを抱いてきました。不動産については初心者という方たちのために理解しやすい、かつベテラン投資家にとっても教育的なフォーマットで、コンテンツを提供することを考えてきました。こうした想いがHawaii Livingの創立へと繋がりました。

クリスチャンは家族とダイアモンドヘッド地区に住んでおり、プライベートでは愛犬のニューファウンドランドとカピオラニ公園を散歩したり、カイマナビーチでのスイミングを楽しんでいます。クリスチャンは地元コミュニティーのための無料オンライン求人求職掲示板であるHawaii Job Engineの創設者でもあります。

ジョージ クリスケ (PB)

ドイツ出身のジョージは1985年にロサンジェルスに移住し、ハワイには1991年より住んでいます。起業家としての豊富な経験と不動産物件に関する鋭い分析力を持ち、20年以上前に不動産投資家としてスタートし、1995年からはハワイの認定不動産業者とし活躍してきました。

その労働倫理観と問題解決能力、そしてホノルル不動産市場での豊富な経験を認められ、ジョージは優れたサービスを提供するホノルルの不動産専門家としての評判を築き上げて来ました。多数の満足したクライアントからのリピートビジネスや紹介により、確固たる顧客基盤を確立してきました。ジョージにとって成功の要因とは、経験、誠実さ、市場に関する知識、勤勉さ、そして最高のサービス、代理業務、並びにクライアントの満足に対する献身です。一般の不動産仲介業務、そしてラニケアアットワイキキやモアナパシフィックを含む多数の開発プロジェクトの売買における生産性の頂点を常に極めてきました。

ザウォターマークに愛妻と幼い娘と住んでおり、プライベートではアラモアナビーチでのランニングやスイミングを楽しんでいます。

木村真紀 オフィスマネージャー

日本出身の真紀は、成人してからの人生の大半、東京の外資系投資銀行の管理部門でキャリアを積んできました。また日本の大手銀行での仕事の一環として、短期間のロンドン勤務の経験もあります。

海とハワイの人たちが大好きな真紀は、ハワイには何度も訪れ、ホノルルに住んで仕事をすることをずっと夢見て来ました。2012年にその夢が実現し、ホノルルに移住する運びとなったのです。Hawaii Livingでは、事務所の運営とホノルル不動産業者のチームの管理が仕事です。プライベートでは、2匹のチワワたちの散歩とカイマナビーチでのスイミングがお気に入りの余暇です。

木村 真紀

木村 真紀
コーディネーター

携帯番号: (808) 492-2395
Eメール: maki@hawaiiliving.com

人気の一軒家投資エリア

カハラ

ホノルルのビバリーヒルズとよばれる最も有名な高級住宅地。


ダイヤモンドヘッド

ホノルルで最も便利な住環境を持つ高級住宅地。

ハワイカイ

ホノルルの東側に位置するマリーナに囲まれたコミュニティ。

ハワイロアリッジ

ハワイで最も高価なゲート付き高級住宅地エリア。

ブラックポイント

カハラとダイヤモンドヘッドの間にある小さな高級住宅地エリア。

ラニカイ

ラニカイは閑静で落ち着いたビーチ近くの高級住宅地。

人気のコンドミニアム投資エリア

カカアコ

ハワイで今コンドミニアムの開発が進む話題のエリア。

ワイキキ

ハワイで最も観光客に人気のエリア。最も多くのコンドミニアムがたつエリア。

ワードビレッジ

カカアコに開発中の73500坪の広さの大規模なコミュニティ。

ダイヤモンドヘッド

ゴールドコーストコンドミニアムがたつエリアで海のすぐそばという好立地。

アラモアナ

古いコンドミニアムと新しい高級コンドミニアムのパークレーン、ワンアラモアナなどが共存するエリア。

コオリナ

コオリナはオアフ島西に広がるリゾート地帯、フォーシーズンホテルがたつ。