Go to Top

ハワイカイ:ベストなマリーナフロント住宅地域

Share Button

ハワイカイの特別な魅力は、先にも述べたように、その素晴らしいライフスタイルにある。住宅の裏庭にあるドックからボートに乗り、マリーナの対岸に渡り、ショッピング、映画やディナーに行くことのができるのは、他に類を見ないからである。

または、ボートに乗り海に出て、西方向ダイアモンドヘッド辺りに舳先を向け、ワイキキの前で停泊する。パドルでビーチへ向かい、ワイキキの夕陽を見ながらディナーを堪能し、車で信号待ちをすることなく、ボートで家まで戻ってこられるといった、バケーションのような暮らしができる。

マリーナフロントでの生活は、ボート、水上スキー、ジェットスキー、カヤック、スタンドアップ・パドル、釣り愛好家の方、または単に穏やかなオープンオーシャン(外洋)を眺望されたい方にとって、全く新しい一面を暮らしに加えることでしょう。

マリーナに住むことが夢である方にとって、まさに相応しいハワイカイのトップレベルのマリーナフロント住宅とその住宅街ダイジェストをご覧ください。

エグゼクティブ ・レジデンス(ER) – ペニンシュラ・ アット・ ハワイカイ(ビデオをご覧ください)

エグゼクティブ・ レジデンスは、2002年から2003年に建築された快適な2階建てマリーナフロントの住宅で、新しい都市基本計画(マスタープランドコミュニティー)で開発された近代的な人気の住宅街、ペニンシュラ ・アット・ ハワイカイ内にある。セキュリティーゲート内にあり、大きめのプール、ホットタブ(温水浴槽)、24時間利用できるジムがある。

このエグゼクティブ・レジデンスは、居住部分が2,145平方フィート(199.28平方メートル)から2,663平方フィート(247.20平方メートル)の間で3つの異なるフロアプラン(間取り)があり、27戸のみとなっている。これらの住宅は、近代的な住宅にある基本的なアメニティーのほか、天井も高く、セントラルAC(中央式エアコン)も設備されており、ペニンシュラ・ アット・ ハワイカイの中でも最良の物件となっている。マリーナフロント愛好者にはとても人気がある選択肢となっている。

エグゼクティブ・レジデンスは、北西の海岸に沿って半島の最西端に位置し、全ての住宅の正面にマリーナが広がる。

清潔感があり、近代的な都市基本計画(マスタープランドコミュニティー)で開発された、セキュリティーゲートのある住宅街に建設された、新しいマリーナフロントの住宅を探している方は、こちらをご覧下さい。

エグゼクティブ・レジデンの販売物件を全てを見る住所 520 Lunalilo Home Rdをご参照ください。

  • Mariners Cove (see video): マリナーズ・ コーヴ (ビデオをご覧ください)

マリナーズ ・コーヴは、1969年から1971に建築された住宅であり、ハワイカイ・ マリーナの最北東部に位置する。410戸のうち94戸のみが直接マリーナに面している。そのうちの51戸がマリナーズ・コーヴ半島のニイマウ・ループ沿いに位置し、43戸がマリナーズ・コーヴのカラ二プウ ・ストリート沿いにある。

マリナーズ・コーヴの住宅は、居住部分が1,500平方フィート(139.40平方メートル)から3,000平方フィート(278.7平方メートル)となり、カテドラル型天井で高いのが特徴で、1階建てと2階建てがある。

マリナーズ・コーヴ住宅街のユニークな特徴は、ウォーターフロント沿いにマリーナフロントの小さな公園があり、マリーナが最大限一望できるようになっている。いくつかの主要道路は少し広めになっており、ゆったりとしている。マリナーズ・コーヴの居住者は、121名まで収容でき、バーベキュー、大きい競泳プール、子供用のプール、ボート進水路、ボートヤード(ボート庫)がある居住者専用のマリナーズ・コーヴ・ ベイ・ クラブの利用を堪能できる。

マリナーズ・コーヴ販売物件をすべて見る。

アンカレッジ (ビデオを見る)

アンカレッジの住宅は、1979年から1981に開発された。105戸のうち42戸が直接マリーナに面している。典型的なアンカレッジの住宅は、カテドラル型天井で高く、屋根は特徴的なコンクリートの瓦屋根になっている。

アンカレッジの住宅街でマリーナが理想的に一番広い区域は、マカア・ストリートの7249から7231の区間。これらの住宅は、鳥類保護地区であるマリーナに浮かぶ小島の緑を堪能でき、マリーナの対岸から最も離れいる。

アンカレッジの住宅は、南東方向にマリーナを見る場所に位置し、常に貿易風が垂直方向に吹きつける。マリーナの向こうには立派なココ・クレーターの魅力的な光景が広がる。

アンカレッジの住宅街は、居住者専用のボート進水路のある小さなプライベートの小さな公園がある。

アンカレッジの販売物件を全て見る。

ケアラウラカイ(ビデオを見る)

ケアラウラカイは、アンカレッジ住宅街に隣接している。ケアラウラカイは、1985年から1988年に開発され、ある意味、若干新しいがアンカレッジ住宅街から自然な流れで発展したといえる。ケアラウラカイは、マカア・ストリート7339の北側から始まり、ここから先マカア・ストリートは閑静なクルドサック(行き止まり)となる。

ケアラウラカイの住宅は、63戸のうち29戸が直接マリーナに面している。これらの住宅は、アンカレッジの住宅とは少し異なっている。ケアラウラカイの典型的なデザインは、外装が羽目板、出窓があり、アスファルトの屋根板で構成されているのが特徴。

景色や方位は、アンカレッジと同じように、南東方向にマリーナを見る場所に位置し、常に貿易風が垂直方向に吹きつける。ここはマリーナの末端で、谷の奥に位置しているので静かである。海の向こうの立派なココ・クレーターの魅力的な光景を眺めると、至福を感じるであろう。

ケアラウラカイの販売物件を全て見る

ルナカイ(ビデオを見る)

ルナカイのマリーナフロントの住宅街は、2つの全く異なる特徴的なセクションからなっている。

そのひとつは、大部分が1963年から1967年にカラ二アナオレ・ハイウェイ沿いに開発された31戸のマリーナフロントの住宅である(いくつか例外はあるが)。これらの住宅からは、マウナルア・ベイやその外洋に最も早くアクセスができる。マリーナ内よりも外洋でボートに乗ることを考えているならば、この地域の物件を検討するといいでしょう。

ハワイカイ・マリーナから外洋に出るまでには、橋下を通過するので、高さ制限が13フィート(約3.9m)となっていることをご留意ください。

カラ二アナオレ・ハイウェイ沿いにあるルナカイは、ハワイカイのマリーナフロントの中でも、最も広大な敷地となっており、その大部分が8,125平方フィート(754.84平方メートル)から9,900平方フィート(919.74平方メートル)の住宅となっている。加えて共有パーキング、通りから丁度よい距離のバッファーの先にドライブウェイがある。

ルナカイの居住者は、この場所の広いマリーナとハワイカイまで長く続く見事な景色に真価を認めている。

この地区はかなり風が強い。常に貿易風がマリーナを通り住宅に向けて吹き込むので、自然と住宅は涼しくなっている。ここでは、カラ二アナオレ・ハイウェイの交通密度に比例するよう、ボートや水上スキーの往来もより盛んになっている。この地域からは、ダウンタウンホノルルへのアクセスもよい。

ルナカイのマリーナフロントのもう一つの住宅街は、1966年から1969年にココ・マリーナ・ショッピング・センターの東側に位置する、アナパラウ・プレースとカウマカ二・ストリートの末端に開発された。これらの住宅は、もともと敷地面積が6,500平方フィート(603.90平方メートル)から7,500平方フィート(696.78平方メートル)の1階建て住宅としてデザインされた。マリーナの先に位置するルナカイの住宅は、北西方向に向いており、マリーナの先に素晴らしい夕陽が眺められる。

 ルナカイの販売物件を全て見る。

スピンネーカー・アイル(ビデオをご覧ください)

スピンネーカー・アイルは、ハハイオネ渓谷のすぐ南側に位置し、ハワイカイ・マリーナに平行して突き出たふたつの半島からなる。スピンネーカー・アイルは、1968年から1970年にもともと敷地面積が7,190平方フィート(668平方メートル)から9,800平方フィート(910.45平方メートル)の1階建ての住宅として開発された。

92戸ある全住宅は、クムカヒ・プレースの両側にあり、マリーナに直接面している。スピンネーカー・アイルのマリーナは、多少狭くなっており、ふたつのスピンネーカー・アイル半島間の奥の方には、垂直の岩護岸ではなく、傾斜したコンクリートの堤防がある。スピンネーカー・アイルの大部分は、かなり大きいボートを停泊できる。スピンネーカー・アイルのマリーナフロントの最高物件は、両半島先端の住宅となっている。

 スピンネーカー・アイルの販売物件全てを見る。

ウェスト・マリーナ(ビデオをご覧ください)

ウェスト・マリーナの区域は、その名前から分かるように、ハワイカイ・マリーナの西側部分のことである。カワイハエ・ストリート、ハワイカイ・ドライブからケアホレ・ストリート、ケアホレ・ストリートからカラ二アナオレ・ハイウェイに戻るまでの周囲にある全てのマリーナフロント一戸建て住宅を含む。例外は、上記に別途述べたスピンネーカー・アイルとなる。

ウェスト・マリーナには、カワイハエ・ストリートやハワイカイ・ドライブから中に入るとアウィナ・ウェイ、アウィニ・プレース、ハカラウ・プレースといった沢山のクルドサック(行き止まり)がある。いくつかの小さな行き止まりは、交通道路から離れ、閑静な区域となっている。

ウェスト・マリーナの住宅街には、厳密に言うと上記リストの最初に触れた「エグゼクティブ・レジデンス」も含まれる。これらの住宅は、MLS (物件登録番号) のリストでは、ウェスト・マリーナ住宅街の部分に掲載されているが、新しさやデザインなどからして、全く別のクラスになる。それゆえに、私達のリストでは、一番最初に紹介している。新しいゲート付きハワイカイ半島の区分から、住所の520 Lunalilo Home Rd’ streetで、エグゼクティブ・レジデンスを認識できる。

エグゼクティブ・レジデンス以外のウェスト・マリーナの大部分は、もともと1階建ての設計だった。ウェスト・マリーナの住宅街は、少し拡大し、マリーナに沿って立ち並ぶ様々なタイプや大きさの住宅の多様なセクションも含む。これらは、オアフ・クラブの向えに位置する、ハワイカイ・ドライブ6781と6791の間にある、赤い屋根に外観が白漆喰(白色のしっく)の住宅も含まれる。

アナホウ・ストリートとカイアロヒア・プレース沿いのマリーナ・ウェストと言われる住宅街も含む。これらの家々からは、スピナカー・アイルに向かって広く広がったマリーナの景色を堪能することができる。

特に注目しておきたいのは、321アイナホウ・ストリートのゲートの後ろにある、カイヌイ・コートと呼ばれる小さなCPR開発で、2002年に建てられた新しい4戸のマリーナフロントの一戸建て住宅である。これは上記に述べたエグゼクティブ・レジデンス以外で、ハワイカイ・マリーナフロントコミュニティーの中で、唯一ゲートのある一戸建て住宅街である。

ウェスト・マリーナの販売物件を探す。

ハワイカイの住宅を全て探すのはこちらから。

ハワイカイのトップレベルにあるマリーナフロントの住宅ダイジェストをご堪能いただけたことと思います。見渡してみて分かるのように、マリーナフロントには、開発できる空き地がありません。この先も限りあるハワイカイのマリーナフロントの住宅が希少価値を生み出すこととなるでしょう。この価値は限りなく上がり続け、ライフスタイルはプライスレスとなることでしょう。

ハワイカイ:ベストなマリーナフロント住宅地域 was last modified: 1月 25th, 2018 by Hawaii Living
メールでのお問合せ メールでのお問合せ