Go to Top

オアフMLS  

Share Button

当記事では、オアフ島のMLSについてご説明いたします。オアフMLSの全売り物件(一軒家及びコンドミニアム)、或いは、販売中のオアフ島のコンドミニアムオアフ島の一軒家もご覧ください。

MLSとは?

MLSとは、マルチプルリスティングサービス(Multiple Listing Service)の頭文字で管理物件一覧をオンライン上で共有することが認められている不動産業者のためのあらかじめ申し込みが必要な集中管理システムサービスのことです。アメリカ全土にMLSが数百件もあり、そのうちの一つがHawaii Livingのサイトでも使用しているオアフMLSです。

MLSは不動産業者間の資産売買支援が主な目的です。物件を提示する側の不動産業者がバイヤーを紹介してくれる不動産業者に対して販売仲介手数料を支払います。

バイヤー及びセラーのメリット

MLSシステムには多くのメリットがあります。その最大とも言えるのが、バイヤーがMLS会員の不動産業者たった一人に依頼するだけでMLS物件すべてにアクセスできることです。例えば、MLS会員の個人経営不動産業者が大手不動産会社勤務の不動産業者と同様にオアフMLSの一覧にアクセスできます。

セラー側のメリットは、売出中の物件がMLS会員不動産業社数百社のウェブサイトにも掲載されオンライン露出が大いに高まることです。このウェブサイトの中には毎月数百万人が訪れる全国展開の大規模不動産業者のものもあります。

MLSの歴史

100年以上前、不動産業者は地元の不動産業協会に度々集まっては、売りたい物件を提示し、販売の仲介をしてくれたブローカーに謝礼を払っていました。この制度はナショナルアソシエイションオブリアルエステイトエクスチェンジズ(National Association of Real Estate Exchanges)により1900年代初頭に承認されました。この団体は後の1972年にナショナルアソシエーションオブリアルターズ(National Association of Realtors)となります。長い時間の中で、不動産業者が物件一覧を共有するこの方法は、消費者がいつでもアクセスできるオンラインへと発展していきました。

オアフMLSデータの構成

ホノルルボードオブリアルターズ(HBR)がオアフ島のMLSデータを提供するHiCentral MLSを所有しています。HBRはオアフMLS12の地域に分割し、さらに各地域をいくつかの地区に分割しています。Hawaii Livingのウェブサイトでは、ユーザーエクスペリエンス向上のためさらにいくつかの地区をまとめました。複数あるカポレイの地区を一つに、4つに分かれているマノア地区を1つにまとめています。また、ホノルルのMLS一覧が1ページで閲覧できるよう、ホノルルメトロ、ダイヤモンドヘッド、ハワイカイの3地域をまとめて「ホノルル地域」を設けています。

オアフMLS   was last modified: 2月 8th, 2018 by Hawaii Living
Loading Facebook Comments ...