Go to Top

ハワイカイマリーナフロントコンドミニアム&タウンホームガイド

Share Button

もしあなたがハワイカイマリーナに住む夢があるなら、惚れ込んだ場所に住んだ方がいい。ここで、すべてのハワイカイマリーナフロントコンドミニアムとタウンホームのビデオ、地図、タックスレコードとより詳しい情報を含めた、ベストな参考的ガイドをご紹介。

コンドミニアムやタウンハウスよりも一戸建て住宅を好むなら、私たちのリストの#10は飛ばしてください。また、ハワイカイのトップ、マリーナフロント一戸建てと近隣の住宅または、ハワイカイ住宅販売で完全なリストが探せます。ハワイカイマリーナフロントの一戸建て住宅は、1,000,000ドル中盤より上の価格帯がおおよその販売価格と見られます(2016年)。

金額に制限される要素があるなら、マリーナフロントコンドミニアムとタウンホームは、予算を気にする人にはとてもいいオプションです。ここにあるリストは、マリーナに直接アクセスのある全コンドミニアムとタウンホームを含めたものです。数件は専用かまたは割り当てられたボートドック(停泊所)があり、ほかの数件は共用のドックか共用のマリーナアクセスのみ要します。しかし、マリーナのみが提供できる魔法のように魅了的なライフスタイルという選択があるでしょう。

リストは地理上で西から東への順に整理されています。ざっくりとした概要は、ふたつの基準点と合わせてそれぞれのプロジェクトをみていきましょう。:

  • 良い点
  • 悪い点

この簡潔な要約が、プロジェクトを特有なものにしています。’良い点’で挙げられたリストは、プロジェクトをスペシャルなものにしています。’悪い点’はいくつかの考えられる欠点です。

良い点と悪い点の箇条書きは、要約とどちらかというと主観です。その意図は、リストにざっと目を通すことで、あなたがゼロから探さなければならない手助けをするためです。

さらなる詳細な説明は、箇条書きに続けてビデオ、地図、そしてプロジェクトタックスレコードなどと合わせて書かれています。それぞれのプロジェクトはリンクを含んで、さらなる写真、詳細、データと統計資料を合わせた個別の詳細なプロジェクトページになっています。ここに、あなたが探せるすべての販売可能な家のリストが挙げられています。

私たちは、このフォーマットを役立ててもらえたら、と望んでいます。あなたはこのリソース(情報)ガイドから、すぐさまハワイカイのマリーナフロントのコンドミニアムとタウンホームのエキスパートになる、という利益を大いにうけるかも知れません。

ここからハワイカイマリーナフロントコンドミニアムとタウンホームの、ベストな参考ガイドがはじまります。:

ハワイカイマリーナフロントコンド&タウンホーム

1.) ナプアポイント:

  • 良い点:タウンハウスよりは家という感じ。
  • 海の上!並はずれた永遠の海と水平線の眺め。
  • 美しいランドスケーピング(造園)。
  • 目の前の小さなビーチから海へアクセスできる。
  • 悪い点:ボートドックがない。
  • ハイウェイに近いので、いくらかの騒音が聞こえる。

ナプアポイント

ナプアポイントはマリーナではないけれども、かなり海側で、カラニアナオレハイウェイにかかるハワイカイ玄関口の橋の隣に位置する。実際に、このプロジェクトは、ハワイカイの海のすぐそばに位置するタウンハウスプロジェクトに合わせて、小さくて穏やかなビーチが目の前にある。

ナプアポイントは1980年に開発され、隣人が上にいない18の連棟タウンハウスが組み合わされている。ユニットは4つの異なるビルに、2つの広い2、3ベッドルームがそれぞれ1540スクエアフィートと1771スクエアフィートの居住空間を備えた、2階建てに分かれたフロアプラン。各ユニットに、部分的にカバーされているパティオ(テラス)デッキがついていて、インドア、アウトドアともまさに最高に楽しめる。

プロジェクトのアドレスは115, 117, 123 そして 125 マウナルアアベニュー。プロジェクトのタックスレコードはこちら:TMK# 1-3-9-7-6

8つのタウンホームに、囲まれたダブルガレージがある。残りのタウンホームはシングルガレージともう一台エキストラの青空パーキングがある。

ちょうどいいサイズのプールとホットタブ、そしてテニスコートを含めた、青々としてトロピカルな土地だ。2台分のゲストパーキングもある。このプロジェクトは、マリーナの岩壁よりも小さなビーチを要している。あなたのパドルボートかスタンドアップパドルボートを漕ぎ出すことができるけれども、ボートを停泊できるボートドックはない。眺めと雰囲気は格別だ。

ナプアポイントのユニットに空きが出ることはなかなかない。さらなる詳細とナプアポイントタウンホーム販売はこちら

2.)  ゲータウェイペニンシュラ

  • 良い点:マリーナフロントタウンホームの中でも最も大きい3〜4ベッドルーム。
  • ほとんどのユニットのボートドックは、バックパティオ(テラス)のすぐ外。
  • 悪い点:ユニットのいくつかはハイウェイに近く、道路の騒音が聞こえる。

ゲータウェイペニンシュラ

ゲータウェイペニンシュラは、ナプアポイントから道路を挟んだ向かいに位置し、ハワイカイへ入る際にすぐ左手にある、最初にできたマリーナフロントのタウンハウス。1972年に開発され、6つの異なるビルに分かれた39の2階建てタウンホームだ。住所は205, 207, 209, 211, 213 そして 215 カワイハエストリート。 プロジェクトのタックスレコードはこちら。:TMK# 1-3-9-35-16 

ゲータウェイペニンシュラタウンホームは、3〜4ベッドルーム、1632〜2100スクエアフィートのインテリア居住空間を要し隣人が上階にいない、2階建てレイアウトで最も大きいマリーナフロントのタウンホームだ。各タウンハウスはプライベートに塀で囲まれた入り口で、中庭とバックパティオ(テラス)が楽しめる。

多くのユニットが、バックパティオのすぐ外にボートドックを持っている。マリーナに直接面していないいくつかのユニット用に、さらに数件の共用ボートドックが用意されている。

ゲータウェイペニンシュラタウンホームは、2台分のカバーパーキングがある。プロジェクトには、スイミングプールと美しいランドスケープ(造園)の特性がある。

検索 ゲータウェイペニンシュラタウンホーム販売

3.) ココヘッドヴィラ:

  • 良い点:マリーナフロントのタウンホームの中でも、手の届く価格の一件。
  • 価格に対して十分なサイズ。
  • メインテナンス費が良心的。
  • 悪い点:一件につき1台分のパーキングのみ。
  • ただひとつの共用ボート進水路のみ。
  • マリーナビューが限られている。

ココヘッドヴィラ

もしあなたの予算に限度があるなら、ココヘッドヴィラはマリーナフロントのタウンホームの中であなたが探し出せる、手の届く価格の代表の一件。これらのタウンホームが売りに出ることは、なかなか珍しい。

1969年に開発、カワイハエストリートとミロリイプレイスの角に位置するココヘッドヴィラプロジェクトの24連棟は、隣人が上階にいない2、3ベッドルームで、キドニー(腎臓)型をしたプールが5つのビルディングの真ん中に位置する。

プロジェクトタックスレコードはこちら。:TMK# 1-3-9-35-12.

各ユニットには1台分のパーキングがあるのみ。プロジェクトには12のオープンゲストパーキングがある。

ココヘッドヴィラのプロジェクトは(ココヴィラと混乱しないよう)、マリーナの指先の先端部のひとつで、マリーナビューはほとんど見られない。マリーナへのアクセスは共用ボート停泊所を通っていく。これは、カヤックやパドルサーフィンを漕ぎだすにはいいけれども、自分のプライベートなボートドックが必要ならば、他のオプションをこのリストから探す必要がある。

さらなる情報については、ココヘッドヴィラ販売

4.) ヴィラマリーナ:

  • 良い点:ビルディング#Bは、バックパティオのすぐ外にボートを停泊させることができる。
  • 悪い点:パーキングに屋根がない。 

ヴィラマリーナ

1970年に開発されたヴィラマリーナのプロジェクトは、19連棟の上階に隣人がいない2階建てタウンホームで、4つのビルディングに広がっている。すべてのユニットには3ベッドルーム、2.5バスルームと、1452スクエアフィートの居住空間と大きな柵のついたパティオが表と裏にある。各ユニットは2台分が並ぶ青空パーキングがついている。

プロジェクトはカワイハエストリートとカワイハエプレイスの角で、中央に卵型プールが備わる。プロジェクトタックスレコードはこちら。:TMK# 1-3-9-35-7

ビルディングBに位置する6つのユニットだけが、直接マリーナフロントを楽しめる。22フィートの直線上のマリーナ正面にある、プライベートのバックパティオの外に、あなたのボートを停泊させることができる。

すべてのほかのタウンホームは、共有のボート上陸場を使える特権がある。

ヴィラマリーナタウンホーム販売を見てみよう。

5.) マリーナパームス:

  • 良い点:大型ボートをタウンホームのとても近くに停泊させる機会がある(最初の人が最初の権利を持つ)。
  • たくさんのトロピカルパームツリー(ヤシの木)を備えた、美しいマジカルなランドスケープ(造園)の土地。
  • 管理人がいる。
  • 悪い点:パーキングに屋根がない。
  • ハウスルールによって、エアコンディショナーが許可されない。

マリーナパームス

マリーナパームスは、カワイハエプレイスケオケアプレイスの間に位置する、人気マリーナフロントのタウンハウスプロジェクト。ハワイカイマリーナ沿いに1966年に開発された、合計54のマリーナパームスの連棟に、8つ以上の2階建てビルディングが広がる。プロジェクトタックスレコードはこちら。:TMK# 1-3-9-34-59.   

26のタウンホームは、上階に隣人がいない2ベッドルーム、1バスルームの2階建てレイアウトでデザインされている。28のタウンホームは3ベッドルーム、2バスルームの1階建てにデザインされている。これらの14棟は、パティオと296フィートの大きな柵付きコートヤードを備えて、グラウンドレベルに位置する。残りの14棟は上方に位置し、同じサイズとレイアウトで、パディオではなくラナイがついているけれども、大きなコートヤードはない。各ユニットに2台分の青空パーキングがある。

プロジェクトには、最初に来た人が最初に使える居住者向けに共通の、12ボートの発着場が備わっている。12台のボート発着場のプロジェクトを通して、あなたのタウンホームのすぐ近くまで大型ボートを停泊できるチャンスがある。

マリーナパームスのプロジェクトは、多くのパームツリー(ヤシの木)と、素晴らしいマリーナ側のプールとホットタブといった、美しいランドスケープ(造園)の土地として知られている。ビルディングは、マリーナが創り出すスペース感覚と熱帯の美しさを配置している。 

敷地内には住宅管理人がいる。プロジェクトは、通気性を最大限に横切るようデザインされており、各ユニットには自然な冷却システムが備わる。ハウスルールによって、エアコンディショナーは許可されていないから!

あなたのボートを持って来て、この生活を楽しんで!すべてのマリーナパームスタウンホームの販売はここをチェック。

6.) コロニーマリーナ:

  • 良い点:マリーナフロントのタウンホームの中でも最も大きいうちのひとつで、4ベッドルーム、3バスルーム、1900スクエアフィートの居住空間を要する。
  • 1ベッドルームと1バスルームが隣り合ったユニットはグランドフロア(1階)に位置する。
  • ほとんどのユニットのバックパティオのすぐ外に、個別のボートドックが配置されている。
  • ユニットのサイズに対してメインテナンス費(管理費)が安い
  • 悪い点:?

コロニーマリーナ

コロニーマリーナのプロジェクトは、1969年に開発された26のマリーナフロントの連棟タウンホームで、6204から6252までのケオケアプレイスに位置する。コロニーマリーナタウンホームは、5つのビルディングに広がる。6ユニットを含む3つのビルと、4ユニットを含む2つのビルから成る。プロジェクトタックスレコードはこちら。:TMK# 1-3-9-34-52.

マリーナから少し離れた、カワイハエストリートとケオケアプレイスの角に位置するビルディングAの4つのユニットをのぞく、すべてのタウンホームがマリーナに面しているので、バックパティオのすぐ外にボートを停泊できる。

それぞれのタウンハウスに4ベッドルームと3バスルーム、上階に隣人のいない2階建てレイアウトで、      1914スクエアフィートの居住空間を要する。各ユニットに大きな柵のついたプライベートコートヤードと2台分のカバーパーキングが近くにある。

プロジェクトは、大きなクラブハウスつきのキドニー(腎臓)型のプールと、豪華なランドスケープ(造園)の土地が特徴だ。

注目に値するのは、最後のビルディングEの一番奥のコーナーユニットE106。このユニットは、少し大きめの印象的な2368スクエアフィートの居住空間を要し、余分にハーフバスルームがついている。この特別ユニットは、追加の所有地を楽しめる上、珍しく4台分(!)の囲まれたガレージが隣接している。

コロニーマリーナタウンホームの販売を見てみよう。

7.) ハワイカイコンドミニアムプロジェクト – またの名をハレマカニカイ、ガーデンラナイ、カラカイマリーナ:

  • 良い点:とても低い、もしくはまったく管理費がない!
  • 自己管理、ということは最大のコントロールで最小のルール。
  • 2階を追加できる可能性がある。
  • 悪い点:?

ハワイカイコンドプロジェクト

ハワイカイマリーナコンドミニアムプロジェクトは、様々に異なる構成のタウンホーム連棟の開発群が20棟に分かれた、独特なハワイカイマリーナフロントタウンホームプロジェクト。その中のいくつかはデュプレックスと同じくらい小さく、12ユニット群がひとかたまりになっている。  

ほとんどのリアルターが気づいていないけれども、これらのマリーナフロントのタウンホームが、異なる別名、構成、そしてロケーションであることに混乱する。なぜならハワイカイCP群は、隣接していないストリートアドレスが西マリーナの近隣を通して数カ所に渡って広がっているから。

ハワイカイCPの大半のタウンホームが1963年と1964年の間に開発されていて、少し遅れて1967年に完成した’ハレマカニカイ’と共にハワイカイの初期のタウンホーム開発の代表とされている。

これらのタウンホームのもっとも魅力的なシングルの特徴は、各タウンホームの小さな群が自己管理されていること。ということは、運営のルールがしばしばゆるめで最小限だ。シングルレベルのタウンホームのいくつかは、2階建ての追加ができるかも知れない! なんて価値のある提案でしょう! 管理費と組合費は0もしくは最小限に等しい(400ドルの年間マリーナ代とハワイカイの私有下水代が現在2ヶ月ごとに114ドル)。  

まだあなたの注目を引いていない?

ほとんどのハワイカイCPタウンホームが、958スクエアフィートから1570スクエアフィートの居住空間を要する2〜3ベッドルームが特徴。そのうちの数件は、4ベッドルーム、3バスルームで2005スクエアフィートの居住空間まで拡大している。これらのタウンホームが1階建て、乱平面もしくは2階建てレイアウトで、上階に隣人がおらず、合わせて1台か2台停められる囲まれたガレージがついている。

これらの群をもっと詳しく見てみましょう。:

1.ハワイカイCP区分け4A、別名カラカイ、別名ガーデンラナイ#20はミロリイの閑静な住宅街の南東先端に位置する。住所はすべて6229ミロリイプレイスから6255ミロリイプレイスまでの奇数のストリート番号。12の連棟タウンホームは#Aから#Lまで標識がつく、3つのビルディングの配列群TMK# 1-3-9-35-11。これはハワイカイCP群だけで、きれいに管理された中央の芝生にあるスイミングプールがあるので、この群だけ若干の管理費がかかる。これらのユニットはオープンかまたは屋根付きのパーキングがついてくる。

2.ハワイカイCP区分け4Bは、閑静な住宅街ミロリイプレイスの北東先端に位置する。住所は6234と6236、また6240から6246までのミロリイプレイスの偶数番号。これらは6つのタウンホームで#Aから#Fまでの標識で、2つのビルディングの配列群TMK# 1-3-9-35-10。このハワイカイCP群は、最小の管理費がかかる。各ユニットにはオープンのパーキングと屋根付きパーキングがそれぞれ1台分ついている。

3.ハワイカイCP区分け5は北側の通り沿いで、ミロリイプレイスとカワイハエストリートの角に位置する。住所は257と259カワイハエストリート、ミロリイプレイスの6206から6230までのすべての偶数番号を含む。これらは、12の連棟タウンホームで#A から #Lの標識の5つのビルディングの配列群、TMK# 1-3-9-35-9

4.ハワイカイCP区分け8は、マリーナパームスプロジェクトを過ぎた、閑静な住宅街カワイハエプレイスの南側通り沿いに位置する。住所は6229カワイハエプレイスから6249カワイハエプレイスまでの奇数番号。これらの8連棟のタウンホームは、#Aから#Hまでの3つのビルディングの配列群、TMK# 1-3-9-35-6

5.ハワイカイCP区分け9は、閑静な住宅街カワイハエプレイスの南東先端に位置する。住所は6255カワイハエプレイス#A と #Bこれは、デュプレックスのタウンハウスだ。各ユニットには屋根付き1台とオープン1台のパーキングがついている。TMK# 1-3-9-35-5

6.ハワイカイCP区分け10は、閑静な住宅街カワイハエプレイスの北東先端に位置する。住所は、6246から6260カワイハエプレイスのすべての偶数番号。これらは6連棟のタウンホームで#Aから#Fまでの3つのマリーナフロントのデュプレックス、TMK# 1-3-9-35-4

注目に値するのは、デュプレックス6258と6260カワイハエプレイス(#A & #B)が2009年に改築を終えて、新しく豪華な2階建ての2883と2456スクエアフィートの居住空間をそれぞれ要していること。このデュプレックスはハワイカイコンドプロジェクト(CP)群のマリーナフロントタウンホームの中でも、最大でもっとも近代的なユニットの代表。この自己管理コンドプロジェクト内で開発の可能性を実現している。

7. ハワイカイCP区分け18、別名カラカイマリーナは、閑静な住宅街ケオケアプレイスの南東に向かった最終部に位置する。住所は6243, 6245, 6251 そして 6253ケオケアプレイス。この2つのマリーナフロントデュプレックスが存在する群は、#Aから#Dまでの標識。デュプレックスのひとつは、2階建てレイアウトになっている。もうひとつのデュプレックスは1階建て。TMK# 1-3-9-34-57

8.ハワイカイCP区分け19は、閑静な住宅街ケオケアプレイスの南東先端に位置する。住所は6257と6259ケオケアプレイス(#B & #A)。この群は1階建てのマリーナフロントデュプレックスのみ。TMK# 1-3-9-34-56

9.ハワイカイCP区分け20、別名ガーデンラナイは、閑静な住宅街ケオケアプレイスの北東先端に位置する。住所は6256から6268ケオケアプレイスのすべての偶数番号。この群は3つのデュプレックス#Aから #Fまでを含む。TMK# 1-3-9-34-55

のこった下記のハワイカイCP群は、すべてカワイハエストリート沿いに位置し、デュプレックスか、4プレックス、6プレックス、8プレックス、または9プレックスのビルディング。これらのタウンホームはすべて分かれた階にデザインされ、すべて2台分の屋根付きパーキングがついてくる(#16を除く、ハレマカニカイタウンホームは1台か2台分)。下記のハワイカイCPタウンホームは、組合費がかからない(#16を除く、ハレマカニカイタウンホームは若干の組合費がかかる)。

10.ハワイカイCP区分け1Aは、カワイハエストリート沿いのコロニーマリーナプロジェクトをちょうど過ぎたところに位置する。住所は325から331カワイハエストリートの奇数番号。この群は階の分かれた4プレックスで構成される。各タウンハウスは#Aから#Dまでで、2台分の屋根付きパーキングがついている。TMK# 1-3-9-34-51

11.ハワイカイCP区分け1Bは、カワイハエストリート沿いの、335から341カワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は階に分かれた4プレックス。各タウンハウスは#Aから#Dまでで、2台分の屋根付きパーキングがついている。TMK# 1-3-9-34-50

12.ハワイカイCP区分け2Aは、カワイハエストリート沿いの345から351までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は、階に分かれた4プレックス。各タウンハウスは#A から #Dまでで、2台分の屋根付きパーキングがついている。TMK# 1-3-9-34-49

13.ハワイカイCP区分け2Bは、カワイハエ沿いの355から361までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は、階に分かれた4プレックス。各タウンハウスは#A から #Dまでで、2台分の屋根付きパーキングがついている。TMK# 1-3-9-34-48

14.ハワイカイCP区分け3Aは、カワイハエストリート沿いの367から377までのすべての奇数番号を含む。この群は階に分かれた6プレックス。各タウンハウスは#Aから#Fまでで、2台分の屋根付きパーキングがついている。TMK# 1-3-9-34-47

15.ハワイカイCP区分け4は、カワイハエストリート沿い、ちょうどアウィニプレイスを過ぎた、401から407までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は、階に分かれた4プレックス。各タウンハウスは#A から #Dまでで、2台分の屋根付きパーキングがついている。TMK# 1-3-9-34-2

16.ハレマカニカイ、かつてのハワイカイCP区分け5は、421から435までのカワイハエストリートのすべての奇数を含む、カワイハエストリートの最北端に位置する。この群は珍しい9プレックス (!)のビルディングの構成で、すこし変わった形の区分けになっているから。各タウンハウスは、#101から#109までで、1台か2台分のパーキングがついてくる。TMK# 1-3-9-34-1

最新のハレマカニカイタウンホーム販売はここをチェック。

17.ハワイカイCP区分け6は、441から451までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は階が分かれた6プレックスの構成。各タウンホームは #Aから#Fまでで、2台分の屋根付きパーキングがついてくる。TMK# 1-3-9-30-53

18.ハワイカイCP区分け7Aは、459から469までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は階が分かれた6プレックスの構成。各タウンホームは #Aから#Fまでで、2台分の屋根付きパーキングがついてくる。TMK# 1-3-9-30-52

19.ハワイカイCP区分け8Aは、475から489までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は階が分かれた8プレックスの構成。各タウンホームは #Aから#Hまでで、2台分の屋根付きパーキングがついてくる。TMK# 1-3-9-30-51

20.ハワイカイCP区分け9Aは、493から499までのカワイハエストリートのすべての奇数番号を含む。この群は階が分かれた4プレックスの構成。各タウンホームは #Aから#Dまでで、2台分の屋根付きパーキングがついてくる。TMK# 1-3-9-30-50

はやめに決断しないとこれらのタウンホームはすぐに売れてしまう。ここをチェックしてハワイカイCPタウンホーム販売を探してみよう。膨大な組合費または管理費なしで、マリーナライフスタイルの暮らしができる場所はほかにない。

ハワイカイマリーナフロントコンド&タウンホーム

8.) モーリングス

  • 良い点:あなたのボートをタウンホームの裏パティオのすぐ近くに停泊することができる。
  • 熱帯のパームツリーを要する美しいマジカルなランドスケープ(造園)。
  • 悪い点:パーキングに屋根がない。

ムアリング

モーリングスプロジェクトは、1969年に開発されたマリーナフロントの64構成のタウンホームで、3つのマリーナサイドに囲まれた、特別なペニンシュラに位置する。住所は6370ハワイカイドライブ。タウンホームは#1から#64までで、9つのビルディングに分かれている。プロジェクトタックスレコードは、こちら。TMK# 1-3-9-29-76

64のタウンホームのうち54は直接マリーナに面していて、裏パティオのちょうど外側にボートを停泊することができる。

それぞれのタウンハウスは3ベッドルーム、2.5バスルームで1332と1517スクエアフィートの居住空間、上階に隣人のいない2階建てレイアウト。各ユニットには高い塀で囲まれたプライベートなコートヤードの入り口と、マリーナに面する裏パティオ、そして2台分のオープンパーキングが近くにある。卵型のプールとちょうどいいサイズのクラブハウス、そして豪華なランドスケープ(造園)が中央に位置する。

モーリングスタウンホームの販売はここ。

9.) クアパアイル

  • 良い点:ほぼすべてのユニットが水際のパティオの外側にボートを停泊できる機会がある。
  • 大きなプール、クラブハウスとバスケットコート。
  • タウンホームのすぐ正面に屋根付きパーキングが2台分ついている。
  • 悪い点:?

クアパアイル

クアパアイルのプロジェクトは、234のタウンホームがあり、ハワイカイマリーナフロントタウンホームプロジェクトのなかでも最大のひとつ。クアパアイルは1970年に開発され、ハワイカイドライブから、ペニンシュラの指先に細長く平行に広がっているので、利用しやすい。住所はオピヒカオプレイスとオピヒカオウェイのすべてのストリート番号が含まれる。プロジェクトタックスレコードはここ。TMK# 1-3-9-31-2

クアパアイルのタウンホームは、3または4ベッドルームのデュプレックスの構成で、隣人が上階にいない1階建てまたは2階建てレイアウト。クアパアイルのタウンホームは、1164と1557スクエアフィートの居住空間と、マリーナフロントのパティオもしくはリビングルームのすぐ外にボートを停泊できるのが特徴。

ユニットはマリーナに直接面しているわけではなく、庭かパティオに面している。

各クアパアイルのタウンホームは、2台分の屋根付きパーキングがタウンハウスの入り口のすぐとなりに位置している。

タウンホームはマリーナに直接ではない代わりに、プロジェクトは、共用ボートドックとボート停泊所を含んでいる。

大きなプール、クラブハウス、バスケットボールコートと十分なビジターパーキングが、クアパアイルをマリーナフロントのタウンホームを楽しむファンたちのお気に入りにしている。

クアパアイルのタウンホーム販売はここをチェック。

ハワイカイマリーナコンド&タウンホーム

10.) カイヌイコート:

  • 良い点:近代的なマリーナフロントCPRホームの中の、ゲートのついた小さなコミュニティ。
  • 珍しく新しい2002年の建築。
  • カイヌイコートはいろんな面で他のマリーナフロントのプロジェクトとは異なって傑出している。
  • 悪い点:マリーナフロントの位置が通行量の多い橋に近すぎる。

カイヌイコート

何がこのプロジェクトをスペシャルにしているのか?a.) 警備付きの入り口ゲート、b.) 新しさ–2002年築、c.)プロジェクトのサイズ–11件のみ、そしてd.) 一戸建てのデザイン。これらは、実際に単一家族の家として小さなCPR開発とされている。各家には、正面か裏だけではなく小さな庭がついている。

住所は321アイナホウストリートで、11件の家を含む。TMK# 1-3-9-68-143

11件のなかのマリーナに直接アクセスできる4件だけが、マリーナを楽しめて、これらは極めて珍しいオファーとなっている。残りの7件が、マリーナへのアクセスがすぐ近くにない。 

カイヌイコートプロジェクトはハワイカイプロジェクトの、ペニンシュラで最終のマリーナフロント開発の代表だ。たんに、マリーナフロントで開発できる土地が残っていないだけ。

カイヌイコートホームは、3から5ベッドルームで1377スクエアフィートから2495スクエアフィートまでの居住空間をもつ2階建てレイアウト。デザインは、カテドラル風天井、スタッコ外装、コンクリートタイル屋根、連棟の囲まれたダブルガレージと、プライベートな柵で囲まれた庭が特徴。

もしあなたが、新しめの近代的な見た目と警備付きゲートの利益を好むなら、カイヌイコートCPRホーム販売は要チェック。すべての他のプロジェクトを思い出して – ハワイカイペニンシュラ以外 – 何十年も前の開発だから。

11.)  ココアイル

  • 良い点:ボートをタウンホームの裏パティオ近くまで停泊できる機会がある。
  • 広大な芝生とたくさんの熱帯パームツリーを要した、美しいマジカルなランドスケープ(造園)の土地。
  • タウンホームのすぐ前に屋根付きパーキング2台分がある。
  • 悪い点:?

ココアイル

ココアイルは、すべてのほかのプロジェクトとは異なる特有のプロジェクトだ。プライベートな(個人の)島に住んでいる気分、なぜなら、実際にプライベートな(個人用の)島だから!

ハワイカイマリーナのすべての側面に囲まれているココアイルは、ほぼまちがいなくマリーナフロント内の最高のロケーションのひとつで、居住者を楽しませている。プロジェクトは マリーナ全体の中の最大幅の中央に位置し、ほかの隣接した開発から大きく距離をとっている。ココアイルは、ココアイル独自の橋を渡るアクセスしかない。

ココアイルは1968年に開発され、先見の明のある開発者ヘンリー・カイザーは、彼の’リトルヴェニス’であるマリーナコミュニティが不動産になった時に、’ケーキの真ん中のチェリー’と表した。

ココアイルは、101から917までのココアイルサークルのすべての番号を含む。プロジェクトタックスレコードはこちら。TMK# 1-3-9-8-4

ココアイルは124の連棟のタウンホームが、23のビルディングに広がる構成。3分の2より多いココアイルのタウンホームが直接マリーナに面している。これらのタウンホームは、裏パティオドックのすぐ外にボートを停泊できる楽しみがある。

のこった内側のココアイルの、直接マリーナに面していないタウンホームは、リビングルームの裏パティオの外から直接ではないけれども、ボートを停泊できる可能性があり、美しいランドスケープ(造園)の眺めが楽しめる。 

個人的なお気に入りのロケーションであるプロジェクトは、マリーナフロントに面した南西のグリーン地帯で、タウンホームとマリーナの先端をこの短いビデオスターティング@26秒で捕らえている。本当にマジカルで、プロジェクトのなかでもマリーナを横切る広くオープンな眺めと、トレードウィンドから守られているここは、とりわけ平穏で静かな環境。 

ココアイルタウンホームは、隣人が上階にいない2階建てレイアウトで、裏パティオかドックを入れた2から4ベッドルームで、完全に柵がついた中庭と、プライベート玄関ドア横に屋根付きパーキング2台分がついている。

ココアイルプロジェクトの特徴は、2階建てクラブハウスのついた大きなプールとエクササイズルーム、BBQグリル、共用ボート停泊場、サウナと、広大な芝生にたくさんのパームツリーが広がる豪華なランドスケープ(造園)。

すべてのココアイルタウンホーム販売とココアイルのマジックな経験を探してみよう。

12.) カレレカイ:

  • 良い点:ビルディング入り口に警備のついたゲートのコミュニティ。
  • しっかりしたコンクリートの建築。
  • 寛大なサイズの1階建てレイアウトで、広い廊下とエレベータアクセス。
  • すみずみまで、9フィートの高さの天井。
  • 大きなラナイが周りをを囲んでいる。
  • 施設内の管理人と警備人サービスがある。
  • 悪い点:ほとんどのユニットの上階に隣人が住んでいる。

カレレカイ

カレレカイプロジェクトは、ゲートのついたマリーナフロントコミュニティで、1993年に開発され、合計229の大きな2から3ベッドルームのユニットだ。プロジェクトは近代的で豪華なので、ほかの多くのハワイカイマリーナフロントプロジェクトと比べられる。一般的な感じはゲート付きのトロピカルリゾートだけれども、驚くほど静かでとても居住に適している。一度、あなたが警備付きの入り口を通ってこのプロジェクトに入ったら、3つのメイン6階建てコンドタワービルディングと、まっすぐ水際に沿って立つ追加の3階建てマリーナフロントのタウンホームビルディングに囲まれた、大きなオープンの中庭に迎えられる。

カレレカイプロジェクトの住所は、1ケアホレプレイス。プロジェクトタックスレコードはこちら。TMK# 1-3-9-8-30

広大で多数、全部で219のユニットは3つのメインビルディングに位置する。さぁ、詳細を探ってみよう。

ビルディング#1 プロジェクトの西向き周辺の水際沿いに、水面と直角にはしる一番大きなビルディング。6階建てで、18のユニットがシングルレベルで各フロアに含まれる。

ビルディング#2 ケアホレストリート沿いに垂直にはしる、プロジェクトの北向き周辺。6階建てで各フロアに13のシングルレベルのユニットが入る。

ビルディング#3 プロジェクトの東向き周辺で水際に直角にはしる。6階建てで各フロアに13のシングルレベルのユニットが入る。

カレレカイコンドのユニットは、これら3つのビルディングに以下のように番号がついている。:ひと桁目はビルの番号を示し、ふた桁目は階レベルの番号を示し、そして最後のふた桁はビルディングの部屋の番号を示す。たとえば、カレレカイ#3613はビルディング#3の6階で部屋は13番目の位置。

すべてのカレレカイコンドは、9フィートという見事な天井の高さが特徴で、大きく囲まれたラナイ、広々としたシングルレベルデザインのレイアウト、十分なストーレージ(保管庫)と2台分の屋根付きパーキングがついている。

すべての6階フロアがペントハウスコンドミニアムなので、エキストラに大きい屋根のラナイに張り出すロールスクリーン、エキストラに高いアーチ型カセドラル天井と、上階に誰も住んでおらず自分がトップレベルにいるという、追加の恩恵を楽しめる。 

ガレージレベルにある、ビルディング#1の真上の外側に向いたコンドミニアム12件と、ビルディング#3はレギュラーサイズのラナイよりも大きいサイズが楽しめる。

カレレカイの大多数のコンドミニアムが、2ベッドルーム、2バスルームで少なくとも1421スクエアフィートの居住空間、そしてさらに、最小で263スクエアフィートのラナイエリアがついている。ハワイカイのコンドミニアムでも最大の、シングルレベル、2ベッドルームの中のひとつ。

2ベッドルームのカレレカイコンドは、a.) 大きな自由形式の温水プール、ホットタブとクラブハウスを含む、かなり緑の濃いランドスケープ(造園)の室内コートヤード(中庭)かまたは、b.) プロジェクトの外側に向かっている。

プロジェクトの屋外に面しているユニットのあいだで、これらは望んだ眺めが注文できる。:

1.) ビルディング#3は、低層のマワエナカイタウンホームとかなたに見えるマリーナビューの土地など、ほぼまちがいなく一番いい眺めが楽しめる。

2.) ビルディング#1は、まずまずのマリーナビューだけれども、ビルディングの終わりに向かうマリーナかもしくは4階よりも上は、スーパーマーケットのセーフェイの屋根の輪郭がはっきり見える。

3.) ビルディング#2は、マリーナビューの代わりに生き生きとした山の眺めが提供される。これらのユニットは、交通量の多いケアホレストリートが下に位置するので、若干のディスカウントがある。

3ベッドルームのカレレカイコンドは、ビルディングの最後の角に位置するので、横ぎるいい風通しが楽しめる。これらの3ベッドルームコンドは、すべて1階レベルで少なくとも1998スクエアフィートの屋内居住空間と、追加の最小で589スクエアフィートのぐるりと囲まれたラナイを要するので、一軒家にいるような感覚だ。 

タウンホーム’は、ビルディングが水際に平行にはしるように位置する。上階に隣人のいない3階建てレイアウトの、10棟のタウンホームがあるのみ。タウンホームは1001から1010までの番号がついている。これらはもっとも望ましいユニットの、2205から2345スクエアフィートの屋内居住空間のマリーナフロントハウスに住んでいるような感覚で、大きなデッキが周りを囲み、2台分のガレージは屋根がついている。とくに、大きな角部屋のユニットは際立っている。カレレカイタウンホームは、マリーナに向かって直接面している。

カレレカイプロジェクトは、大きな自由形式の温水プール、ホットタブ、クラブハウス、BBQグリル、美しい敷地、マリーナフロントの歩行道とガゼボの特徴がある。管理人、自由に歩き回るセキュリティ、警備付きのゲート入り口が各ビルディングについている。西側にある歩行者用のゲートは、隣接したセーフェイスーパーマーケットに直接行けるよう近道になっている。

いくつかのカレレカイユニットは、譲渡証書付きのボートドックがあり、ないユニットもある。

カレレカイコンドとタウンホーム販売はすべてここを検索。

13.) マワエナカイ:

  • 良い点:ゲート付きのコミュニティ
  • すべてのユニットは素晴らしいマリーナビューを伴うマリーナに面している。マリーナフロントに沿っていて美しい
  • 悪い点:2階建てレイアウトは上階に人がいる
  • 2台目のパーキングは屋根がない

マワエナカイ

マワエナカイタウンハウスのプロジェクトは、1988年に開発されたゲート付きマリーナフロントのコミュニティで、104のタウンホームがマリーナ沿いに2階建てビルディングで11以上も広がっている。マリーナカイプロジェクトの住所は7007ハワイカイドライブ。プロジェクトのタックスレコードはこちら。:TMK# 1-3-9-8-31

すべてのユニットはマリーナに面していて、裏パティオかデッキ、そしてマリーナの間の美しい緑地帯が楽しめる。

すべてのマワエナカイタウンホームは、1012スクエアフィートから1406スクエアフィートまでの2ベッドルーム、2バスルーム、もしくは3ベッドルーム、2バスルームで、屋内居住空間に追加して屋外パティオがグラウンドフロアのユニットについてくる。また、上階のユニットはマリーナに面したラナイがある。 

すべてのグランドフロアが、隣人が上階に住んでいるシングルレベルのレイアウトで、上階のユニットには追加の2階ロフトスペースがあり、勾配屋根の下の高い立方体の居住空間スペースとして利用できる。全体的に、上階のユニットは、高いアーチ型カセドラル天井によって、さらに広々とした感じがする。

その代わり、グラウンドフロアのユニットには、水際に豪華に広がった緑の芝生のすぐ上に通じるオープンな裏パティオがある。  

いくつかのマワエナカイのユニットには譲渡証書付きのボートドックがついていて、ついていないユニットもある。各タウンホームには屋根付きのパーキングが1台分、車の上にサーフボードなどを保管することが可能、もう1台分のオープンパーキングが近くにある。

マワエナカイのプロジェクトは、プール、ホットタブ、クラブハウスなどの高級な快適施設がない。プロジェクトのセキュリティゲートと眺めが、住人にとって価値あるものとなっている。管理人も敷地内に備わる。

すべてのマワエナカイタウンホームの販売はここをチェック。

14.) ペニンシュラアットハワイカイ

  • 良い点:ゲート付き、近代的で新しい(2002〜2005)全体計画がたてられたコミュニティ。
  • 近代的なデザインで大きくて多様なコンドミニアム、タウンハウス、そしてさらに単一家族一戸建てレイアウトまで利用できる特徴がある。
  • 素晴らしい装備施設と美しい敷地。
  • 悪い点:ボートドックに限りがあり、現在ボート停泊所はウェイティングリストとなっている。

ペニンシュラアットハワイカイ

ペニンシュラアットハワイカイは、群を抜いて、ハワイカイマリーナフロント最大のプロジェクト。プロジェクトは、とてつもなく大きい662の居住ユニットを含む。また、もっとも新しく、もっとも近代的なプロジェクトで、2002年と2005年に開発された。プロジェクトには2つの区分で構成されている。:

区画 1(A) マカイ。これは、2件のうちの大きい方で、警備付きの自動入り口玄関がルナリロホームロードとワイルアストリートの両方についている。569すべての居住ユニットがゲートの区画内で、520ルナリロホームロード住所のプロジェクトと共用部をシェア。プロジェクトタックスレコードはここ:TMK# 1-3-9-8-16

区画2(B) マウカ。これは2件のうちの小さい方で、区画1の北側の、ワイルアストリートを横切ったところに位置し、ワイルアストリートとルナリロホームロードの入り口ゲートなしで利用しやすい。93すべての居住ユニットがこの区画以内で、580ルナリロホームロード住所のプロジェクトと共用部をシェアしている。この区画のプロジェクトタックスレコードはここ。:TMK# 1-3-9-8-36.

ペニンシュラアットハワイカイプロジェクトは、シングルファミリーホーム、タウンホーム、そして、4階建てエレベータ付きコンドミニアムビルディングタワーといった、3つのグループの異なるハウジングオプションという広い多様性を提供する、独特のプロジェクト。 

ペニンシュラアットハワイカイ内は、多様に異なるレイアウトとフロアプランが用意され、異なるハウジング製品という、5つの明確なちがいがある。

1.) エグゼクティブレジデンス(ER)

2.) キャリッジウェイ(CW)

3.) ザ・コテージ (CO)

4.) ザ・ヴィラ (V)

5.) ザ・コロニー

これらのハウジング製品を、私たちのペニンシュラアットハワイカイのページで、広範囲にわたって記述している。エグゼクティブレジデンス (ER)、ザ・コテージ (CO)の数件とザ・ヴィラ (V) の数件のみがマリーナに直接面している。

プロジェクトは素晴らしい警備を提供し、大きな多様性のあるハウジングオプションに、24時間オープンのジム、大型温水プール、2つのホットタブ、BBQグリル、クラブハウス、豪華で広大な芝生、子ども用プレイグラウンド、ガゼボに見事なマリーナフロントの遊歩道といったような近代的な装備施設が完備されている。残念ながら、空いているボートドックは限られている。もしあなたが望むなら、ボート停泊所の現在のウェイティングリストの内容にサインする必要がある。それ以外は、プロジェクトは大人気で、住む場所としてとても素晴らしい。  

ペニンシュラアットハワイカイコンドとタウンホーム販売の検索。

15.) カイマラマリーナ:

  • 良い点:多くのオープンボートドックが居住者用に用意されていて、マネージャーによって割り当てられる。
  • 悪い点:駐車場に屋根がない。

カイマラマリーナ

カイマラマリーナのプロジェクトは、1972年に開発され、90ものタウンホームが9つの分かれたビルディングに広がっている。一般的なプロジェクトの感じは、チャーミングでカジュアルなアイランドスタイル、オールドスタイルのハワイの暮らしを思い出させる。プロジェクトの建築は、木製格子とほかの木製デザイン要素を包含している。

すべてのタウンホームは、共用のプロジェクト住所444ルナリロホームロードをシェアしている。プロジェクトタックスレコードはここ。: TMK# 1-3-9-8-8

#1から#3までの3つのビルディングだけが、直接マリーナ沿いに位置し、壮観なマリーナビューを提供している。これらの3つのもっとも望ましいマリーナフロントのビルディングが、3階建てのプロジェクト。ユニットはグランドフロアが隣人が上階にいるシングルレベルのレイアウトで、部分的に屋根のついた大きなパティオ /庭のあるマリーナフロントが特徴。2階のユニットは、隣人が上階にいない2階建てのデザイン。これらの2階建てユニットは、マリーナフロントのラナイが2つと、印象的なマリーナとサンセットの眺めが見られる。

3つのマリーナフロントのビルディングは、697スクエアフィートの居住空間を要するグラウンドフロア(ユニット#111、#118、#211、#218, #311 & #318)など、異なるフロアプランの1ベッドルームが混ざっている。主要なユニットは、2と3ベッドルームのタウンホームで、1267スクエアフィートと1281スクエアフィートのインテリア居住空間、さらに大きなパティオデッキか上階にラナイがある。数件の2階建てユニットは、4または珍しく5ベッドルーム (!)まであり、1555スクエアフィートのインテリア居住空間にプラス部分的な屋根付きのパティオデッキとラナイ(units #120, #129, #220, #229, #320 & #329)がついている。 

残りの6つのビルディングは、マリーナから奥まっていて、マリーナビューの恩恵が受けられていない。残りのタウンホームは、3ベッドルームのタウンホーム(いくつかは4番目のベッドルームあり)で、1282スクエアフィートと1323スクエアフィートのインテリア居住空間を要する上階に隣人のいない2階建てレイアウト。各タウンホームはフェンスで囲まれた部分的に屋根付きのパティオと、上階にラナイがついてくる。

すべてのタウンホームは、1ベッドルームでさえ、2台分の屋根付きパーキングがタウンホーム入り口近くについている。

カイマラマリーナタウンホームは、ユニットの位置するビルディングにちなんだ番号がつけられている。たとえば、ユニット#329はビルディング#3(マリーナの上)、2階のビルディング9桁に位置する。ユニット#908は、ビルディング#9(マリーナ上ではない)のビルディング8桁に位置する。

プロジェクトにはプール、ホットタブ、クラブハウス、管理人、徘徊する警備人と、美しい熱帯ランドスケープ(造園)が、ビルディングのあいだに隠れるように蛇行するカジュアルな遊歩道とともに備わる。

カイマラマリーナプロジェクトをスペシャルにしているのは、ボートを停泊できるたくさんのボートドックが用意されていること。管理人に伝えるだけで、割り当てられたドックを利用できる。また、カヤックとSUPの保管庫も用意されている。

カイマラマリーナタウンホーム販売はここをチェック。

16.) エスプラネイド

  • 良い点:たくさんの装備施設がある。
  • 多くのボートドックが住民用に用意されていて、管理人によって割り当てられる。
  • 玄関の車寄せのあるしゃれたビルディングは、豪華な土地とランドスケーピングが特徴。
  • 素晴らしい広範囲のマリーナビューと印象的なオーシャンビューが高いフロアから見られる。
  • 悪い点:隣人が上階にいる高層コンドミニアム。

エスプラネイド

エスプラネイドは印象的なマリーナフロントリビングの新しいスタンダードとして、1973年に開発された。エスプラネイドは、エレベータ付きの4階建てビルディングに合計208ものコンドが広がっている。

エスプラネイドは8階建ての高さで、ハワイカイマリーナに直接面している唯一の真の高層コンド代表だ。カレレカイのプロジェクトは、4階建ての高さしかないので、1位と大差のある2位といえる。もしあなたが水際よりも高いところに住むのが好きであれば、エスプラネドコンドミニアムはあなたのためのプロジェクトだ。

プロジェクトの住所は、500ルナリロホームロード。プロジェクトタックスレコードはここ:TMK# 1-3-9-8-9

エスプラネイドは車寄せのある玄関と多くのリゾートスタイルの装備施設、大型プール、ホットタブ、ジム、テニスコート、ゴルフグリーン、ゴルフ練習場、BBQグリル、24時間徘徊警備、豪華なトロピカルな土地と見事なマリーナフロント遊歩道といった、印象的なデザインが特徴。

135のエスプラネイドのコンドミニアムの大多数は、2ベッドルーム、2バスルームで1083スクエアフィートの居住空間と大きなラナイがついている。これらのユニットのいくつかは、囲まれたラナイ空間と1227スクエアフィートのさらなる居住空間を要する。

また、762スクエアフィートから931スクエアフィートまでのインテリア居住空間を要する、1ベッドルームも用意されている。すべてのエスプラネイドは、シングルレベルの高層コンドミニアムで、ペントハウス以外は隣人が上階にいるレイアウト。

すべてのエスプラネイドのペントハウス22件は、1657スクエアフィートの3ベッドルーム、3バスルームで、大きなラナイが特徴。これらのユニットのいくつかは、囲まれたラナイがあり、インテリアの居住空間は1862スクエアフィートまで増す。エスプラネイドのペントハウスの特徴は、そびえるカセドラル天井と上階に隣人のいない2階建てレイアウト。

すべての22の3ベッドルームペントハウスは、最前列のビルディング#1と#2に位置する。

エスプラネイドのペントハウスはデザインレイアウトが際立っており、サイズといいマリーナ、オーシャン&サンセットビューまで、まったく魅了される。

エスプラネイドのコンドミニアムは、どのビルディングに位置するか、で番号が決まっている。たとえばユニット#47Fは、ビルディング#4の7階フロアの桁“F”、という具合。  

エスプラネイドのコンドミニアムプロジェクト内のもっとも大きい2つのビルディング#1と#2は、平行に走りマリーナにもっとも近い。これらはもっとも高いだけでなく、もっとも長いビルディングで、全エスプラネイドの中でも圧倒的に多い、最高のマリーナビューを提供している。これら2つの高層ビルディングは、シングルローデッド、またの名をシングルスタックという並んだデザインで、すべてのユニットが魅力的なマリーナに向かって同じ方向に面している、という意味。共用のオープンな歩道は、エレベータが到着するドアの正面からアクセスがあり、別のビルディングへと続いている。このタイプのシングルローデッド(対ダブルローデッド)ビルディングのデザインは、横切る風通しが素晴らしく、すべてのコンドミニアムがもっとも理想的な東向きで、価値のあるマリーナの眺めが海を超えて楽しめる。

エスプラネイドのプロジェクトは、高い階層からのオープンな眺め、多くの見事な装備施設、魅力的な土地など、はっきりと際立っている。

ボートドックはたくさんあり、カヤックとSUPの保管もできることを覚えておきましょう。管理人にリクエストを出して、ボート停泊所と保管庫を割り当ててもらう。

すべてのエスプラネイドの販売はここ。

何を待っているの? あなたにふさわしい場所に住み始めましょう。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

もしあなたがコンドミニアムかタウンホームよりも、マリーナフロントのシングルファミリーホームを好むなら、このガイドをチェック。:ハワイカイのトップマリーナフロントホームと近隣の家

すべてのハワイカイコンドとタウンホームはこちら。

すべてのハワイカイの家と近隣の家はこちら。

 

ハワイカイマリーナフロントコンドミニアム&タウンホームガイド was last modified: 10月 25th, 2017 by Hawaii Living
メールでのお問合せ メールでのお問合せ