ハワイカイ一軒家 - 90件

木曜日 オープンハウス 9:30am-12:30pm
最新物件
2,100,000ドル
647 Poipu Drive
4 ベッド | 3 浴室 | 約345㎡
木曜日 オープンハウス 9:30am-12pm
最新物件
1,495,000ドル
854 Puuomao Street
4 ベッド | 3.5 浴室 | 約273㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
7249 Makaa Street
4 ベッド | 2 浴室 | 約254㎡
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
木曜日 オープンハウス 9am-2pm
1061 Kalapaki Street
3 ベッド | 2 浴室 | 約121㎡
538 Pepeekeo Place
4 ベッド | 3 浴室 | 約149㎡
3 Lumahai Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約359㎡
木曜日 オープンハウス 9:30-11:30am
日曜日 オープンハウス 2-5pm
723 Kapulena Loop
4 ベッド | 3.5 浴室 | 約267㎡
エスクロー
839,000ドル
7012 Hawaii Kai Drive
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約144㎡
エスクロー
1,040,000ドル
572 Pepeekeo Place
5 ベッド | 3 浴室 | 約148㎡
2008年改装
674 Pepeekeo Street
3 ベッド | 3 浴室 | 約190㎡
エスクロー
1,139,000ドル
1052 Kamaole Street
4 ベッド | 2.5 浴室 | 約209㎡
2016年改装
エスクロー
780,000ドル
1098 Mokuhano Street
4 ベッド | 2 浴室 | 約127㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
7848 Makaaoa Place
3 ベッド | 2 浴室 | 約183㎡
2018年改装
エスクロー
1,265,000ドル
991 Kailiu Place
4 ベッド | 3 浴室 | 約169㎡
海の眺望
ハワイカイ一軒家の全90件中15件
ハワイカイ一軒家 概要
ハワイカイは、ハワイを代表する高級マリーナのコミュニティです。1960年代にヘンリー・カイザーにより開発が始まり、この地にあった湿地帯、養魚池、養豚場といったものは、現代的な不動産が立ち並ぶ現在の姿へと様相を変えました。ホノルルの最も東のエリアで6000エーカー(約24平方キロメートル)超の広さを占めるこの土地には、500エーカー(約2平方キロメートル)の広さのマリーナに面したタウンハウスや住宅の数々、ショッピング、レストラン、学校といったものがあり、それらが中央のマリーナを取り囲むような作りになっております。今日のハワイカイには10,000世帯を超える不動産があり、境界線は西側のクリオウオウ・ビーチパーク、北側にあるコオラウ山脈稜線、南側は海、そして東側はというと、オアフ島最東端のマカプウ・ポイント(岬)の灯台となっております。現在ハワイカイにて売られている住宅は、ポートロック通りにある最も豪華なオーシャンフロントの一戸建てで70万ドルから1500万ドルとなっております。各戸の土地面積は、5000平方フィート(約464.5平方メートル)のものから1エーカー(約4047平方メートル)を超えるものまであります。 

ハワイカイの住宅に関する見通し
このエリアは、ホノルルの中でも、ここにしかない魅力的なライフスタイルをお楽しみいただける地区です。自宅の裏庭にあるボートドックから船に乗り、マリーナの向こうに行って買い物したり、映画やディナーを楽しんだりして、帰り道で信号にわずらわされることなく帰宅できる―そんな場所は、ハワイの他の場所にはありません。ハワイカイの不動産は、複数の地区に分かれて広がっておりますが、その一つに裕福なオーシャンフロント地区のポートロック/ココカイ、そして隣接するトライアングル地区があります。マリナーズリッジ、カメハメリッジ、そして比較的新しいナパリ・ハウェオ地区からは、いずれもマリーナと壮大な大海原、ココ・クレーター、ココ・ヘッドを眼下にご覧いただけます。ハワイカイの不動産には、渓谷のハハイオネ地区やマリナーズ・ヴァレー、カラマ・ヴァレーも含まれております。

これら3つの新たに開発された不動産には、マリーナの真正面にあるゲーテッドコミュニティのペニンスラ・アット・ハワイカイ(630戸、2002年に建設)、カミロヌイ(54戸、2003年に完成)、ココヴィラズ(70戸、2005年に建設)が含まれており、多様性に富んだハワイカイの街並みに現代的な要素を付加しております。人気が高く注目すべきは、マリナーズ・コーヴやアンカレッジと隣接するケアラウラカイ、そしてゴルフコース付きのゲーテッドコミュニティであるクイーンズゲートの各地区です。

ハワイカイの近くにあるもの
指のように広がる埠頭の数々によって構成されるマリーナの造りは、ホノルルにおけるリトル・ヴェニスの雰囲気を醸し出しております。ボート用の斜道があるため、オーシャンフロント以外の物件にお住まいでも海へのアクセスが良好となっております。マリーナはモアナルア湾にて海とつながっております。外洋へ出るためには、橋の高さが13フィート(約4メートル)となっておりますので、お持ちの船体の高さが、高さ制限を超えることのないように注意が必要です。ハワイカイにある全ての不動産は、隔月に料金が請求される独自の下水システムを採用しております。マリーナフロントの全ての住宅は、ハワイカイ・マリーナ・アソシエーションに所属しており、毎月リーズナブルなマリーナ使用料がかかります。ハワイカイのマリーナ地区で販売中の住宅の価格は、マリーナの幅、眺望、貿易風に対する方向づけ、またその他の要素によっても変わってきますが、一般的に100万-250万ドルの価格帯となっております。

ハワイカイは、本当の意味でのマリンスポーツの楽園です。シュノーケリング、ダイビング、サーフィン、ウィンドサーフィン、カイトサーフィン、ボート、カヤック、ジェットスキー、パドルボード、ボディボード、パラセーリングといったスポーツに絶好のコンディションの海があります。マウナルア湾ビーチパークの辺りの海は静かですし、ハナウマ湾では多種多様な魚たちが泳いでおります。サンディビーチでは、大きな波が海岸に打ち付けています。

ハワイカイにはコストコとセーフウェイを含む3つのショッピングセンターがあります。世界的な有名レストランのロイズは、数ある名店の中でも是非一度はお試しする価値のある場所です。病院、学校、映画館、ゴルフコースといったものすべてが近くにあります。ハワイカイの不動産を取り囲むのはいくつもの公園で、その中には、夕方の早い時間帯には集まった飼い主の皆様が、愛犬を自由に走らせて楽しむこともできる、大きなドッグパークもあります。個性的なスモールタウンの雰囲気を持ちながらも、あらゆるものがそろった地区です。ヘンリー・カイザー自身、ポートロック通りのオーシャンフロントの最高の立地に、5エーカー(約20234平方メートル)もの土地を開発し、ハワイカイに住もうと考えたのも当然です。カイザー氏にとって良いことは、お客様にとっても良いはずです。

ハワイカイ住宅の歴史
必然的に、そして当然のことながら、ハワイカイ不動産の歴史のほとんどはヘンリーカイザー氏と共に始まり、同氏と共に終わります。とはいえ、彼がその歴史の全てではありませんが。

この地に最初の入植者が訪れたのは、西暦947年頃、故郷での部族紛争から逃れるために起こった、マルケサス諸島からの最初のポリネシア人大移動の時と考えられています。この時から何世紀もの間、オアフ島のこの地域での生活は大変静かなものでした。1800年代までは、漁獲が主要な生活様式でした。

1848年のグレートマヘレ条例による分割で、ハワイカイ全土がバーニスパウアヒビショップ王妃の家族に与えられました。その後1884年の王妃の死後、所有権はビショップトラストに譲渡されました。

1900年には肉牛牧場がこの地に創設され、少なくともハワイカイの陸地での主要な産業になりました。この産業は何十年もの間地元経済の主要な原動力でしたが、突然終止符を打たれ、その後復活することはありませんでした。1946年の津波は、陸地を進みながら家々やバーン、畑など全てを破壊し、この地域に大きなダメージを与えました。

破壊を免れたハワイカイの住宅は遺棄され、土地は沼地に変わりました。この地区は強い悪臭で知られるようになり、ダウンタウンからラッキーズタバーンという人気の居酒屋へ向かう車が、急いで通り過ぎて行ったものでした。この状態が15年間続きました。

ヘンリーカイザー氏は1961年にビショップエステートと借地権契約をし、今日カラニアナオレハイウェイを通り過ぎる際に眺めるこのコミュニティーの原型を作りました。マリーナが掘られ、ハワイカイの新しい不動産が建設され、ショッピングモールがオープンし、荒廃の残骸をぬぐい去った、チャーミングなウォーターフロントの住宅地が形成されました。

ただ1つだけ変わらないものがあります。それはハワイカイでの釣りは今も素晴らしいことです!

詳細