ハワイカイコンドミニアム - 53件

木曜日 オープンハウス 5:30-7:30pm
最新物件
948,000ドル
カレレカイ #2407
2 ベッド | 2 浴室 | 約133㎡
木曜日 オープンハウス 9:30-11:30am
最新物件
659,000ドル
マウナルアン #1/11C
2 ベッド | 2 浴室 | 約113㎡
木曜日 オープンハウス 10am-12pm
日曜日 オープンハウス 2-5pm
ナプアポイント #13
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約151㎡
木曜日 オープンハウス 9:30-11:30am
日曜日 オープンハウス 2-5pm
エスクロー
839,000ドル
モアナカイ #208
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約144㎡
ラレアアットハワイカイ #226
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約108㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
エスプラネード #24L
2 ベッド | 2 浴室 | 約101㎡
1 日前に 1.62% 価格下落
日曜日 オープンハウス 2-5pm
借地権
525,000ドル
マワエナカイ #C24
3 ベッド | 2 浴室 | 約131㎡
2015年改装
木曜日 オープンハウス 9:30-11:30am
日曜日 オープンハウス 2-5pm
HAWAII KAI CP* #E
2 ベッド | 1 浴室 | 約89㎡
2011年改装
エスクロー
599,500ドル
マウナルアン #1/13J
2 ベッド | 2 浴室 | 約113㎡
海の眺望
日曜日 オープンハウス 2-5pm
マウナルアン #1G
2 ベッド | 2 浴室 | 約110㎡
2014年改装
カレレカイ #2213
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約186㎡
マリーナに面した
エスクロー
549,000ドル
ペニンシュラアトハワイカイ #8415
1 ベッド | 1 浴室 | 約84㎡
ハワイカイコンドミニアムの全53件中15件
ハワイカイコンドミニアム 概要
ホノルルの高級マリーナコミュニティはヘンリーカイザーが池と農場を近代的に変えた1960年代初期で土着の住まいの開発と共に始まりました。中央開発マリーナエリアはハワイカイを構成する全体の6000エーカーの内の500をしめています。

最初ハワイカイのコンドミニアムは、1968年に初めて象徴的なココカイ島の形として四方を水に囲まれ建設されたハワイカイのコンドミニアムと共に1970年代に開発されました。ハワイカイのコンドミニアムの販売価格はワンベットルーム40万ドルからカレレカイ、高級な低層コンドミニアムが150万ドル。
ハワイカイは今日約10,000世帯が含まれており、オアフ島の最も東海岸にのマカプウポイントをストレッチにクリオウオウとパイコラグーンに囲まれています。

ハワイカイのコンドミニアムについて
ハワイカイはマリーナの目の前のさまざまなタウンホームの選択を提供してくれます。、ゲートウェイペニンシュラ、ムーリングス、ココアイル、 クアパアイル、マリーナパームス、ヴィラマリーナ、コロニーマリーナ、 カイマラマリーナ、 マワエナカイ、ゲーテッドペニンシュラ。

カレレカイはエスパナーダ同様中層6階建ての寛大なサイズ且つ多くのアメニティーを持つマリーナフロントコンドミニアム生活では非常に人気のある選択肢です。ハワイカイの一部の高層コンドミニアムは、その高さから驚くほどのマリーナと海の景色を眺めることが出来ます。マウントテラス、コモドール、マウナルアン、ヘリテージハウス、ナニワガーデンズ、ハワイカイプラザ等があります。

新しいコンドミニアムプロジェクトカレレカイは現在計画段階ですがほぼ10年に一度のハワイカイ初の新しいコンドミニアムプロジェクトになる可能性があります。

ハワイカイ住宅地
オアフ島のこの地域は水を中心としているため、オアフ島のこの部分での生活は何か特別なものになります。その他の地域ではビーチが近くにありますが、これほどのウォーターフロントの家、コンドミニアム、ショッピング、緑豊かな公園と緊密なマリーナコミュニティがある地域は他にありません。

日常の用事はここではさまざまに行われます。居住者は、一般的に食料品、ディナー、映画でさえもボートに乗ります。クリスマスには老いも若きも喜びに毎年恒例のハワイカイマリーナ休日パレードのために艦船に飾りつけとライトをつけます。

何か違うことをする時には選択肢があります。ココヘッドへのハイキングとココクレーターへの素晴らしい景色のご褒美がもらえるエクササイズ、またはサンディビーチで素晴らしい波をお楽しむことも出来ます。心配はよそにハナウマ湾で熱帯魚、驚くべき世界的に有名な魚の聖域で穏やかなシュノーケル。

すべての便利さがここにあります。コストコで揃え棚から高級料理がある3ショッピングセンター内レストランの選択まで。買い物好きな買い物客を満足させるのに十分な店があります。ハワイカイにもストラウブ、カイザー&クイーンズなど、いくつかの内科診療所があります。

そこには多くのタウンハウスとコンドミニアムがありますが、マリーナのフロントはすでに開発が終わっていているのでこれ以上マリーナフロントのコンドを追加することは不可能なことに留意してください。ハワイカイに来て刺激的なマリーナライフスタイルを楽しんでください。

ハワイカイ歴史
ヘンリーカイザー氏という人物は、この住宅地全体にとって大きな存在です。遅かれ早かれ家々は建設されたでしょうが、ハワイカイのコンドミニアムとショッピングセンターの存在は、カイザー氏なしでは起こり得なかったかもしれません。

街までの遠距離、肥沃とは言えない土地、そして1946年の津波により、この地はほとんど見放された地域でした。ホノルル都市部の住人たちにとっては田舎であり、“辺ぴな場所”の象徴と考えられていました。これはハワイにカイザー氏が移住してくるまでの話しです。

ハワイ諸島の最初のリゾートであるハワイアンビレッジを建てたカイザー氏は、新しいプロジェクトを探していました。自分の所有地についてビショップトラストと借地権の交渉をしていた時に、ひとつのプロジェクトが転がり込みました。トラストはハワイカイの土地を経済的に生産性の高いものとするための方法が見つからずにいました。絶望的になっていたトラスト側は、カイザー氏に試して見る気はないかと打診したのです。カイザー氏の答えはイエスでした。

1961年、ビショップエステートはハワイカイの土地を正式にカイザー氏に賃貸しました。カイザー氏は既に、今日ココマリーナの名で知られる古来のカウアパ養魚池を浚渫していました。最初の成果はマリーナ周辺の家々で、その後急速に谷間の奥へと開発が進んで行きました。この頃健康の衰えから、カイザー氏がこのプロジェクトの一部を急ぎすぎたと、多くの人々が考えました。しかし功績は時の試練に耐え、ハワイカイの価値は高まって行きました。

コンドミニアム1ユニットに2つの駐車スペースを割り当てるという有名な駐車場規則も含め、ハワイカイのコンドミニアムは最初からマスタープランの一部でした。1ユニットにつき駐車スペースが1つしか割り当てられないワイキキなどに比べて、確かに付加価値です。新しいビルやコミュニティーが加わったり、最初のものに取って替わったりしたものの、あまりにも長い間見過ごされてきたこの土地を、開放感溢れた、美しさに囲まれた豊かな住宅地にするというカイザー氏の構想は、今も受け継がれています。

詳細