カパフル一軒家 - 12件

Sun オープンハウス 2-5pm
3413 Kepuhi Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約193㎡
海の眺望
Sun オープンハウス 2-5pm
3409 Kepuhi Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約198㎡
海の眺望
Sun オープンハウス 2-5pm
3411 Kepuhi Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約211㎡
海の眺望
3415 Kanaina Avenue
15 ベッド | 15.5 浴室 | 約462㎡
築2018年
エスクロー
1,650,000ドル
3434 Wela Street
10 ベッド | 7 浴室 | 約239㎡
エスクロー
1,025,000ドル
3212 Duval Street
2 ベッド | 2 浴室 | 約109㎡
3347 Hayden Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約225㎡
海の眺望
3214 Esther Street
4 ベッド | 2 浴室 | 約131㎡
エスクロー
739,000ドル
3252 Esther Street
2 ベッド | 1 浴室 | 約65㎡
3659 Trousseau Street
ステュディオ | 1 浴室 | 約20㎡
3211 Kaimuki Avenue
4 ベッド | 2 浴室 | 約128㎡

売りに出てから成約するまでの中間日数 ?

60
年初から本日まで
(2017年において 60日)

中間リスト価格に対する中間売却価格の割合

98.4%
年初から本日まで
(2017年において97%)

売却された一軒家の物件数

7
年初から本日まで
(2017年において28件)
借地権物件除く - 理由 ?
平均値ではなく中間値 - 理由 ?

カパフル地区は、東はカイムキ地区、西はカピオラニ地区、そして南はダイアモンドヘッド地区に隣接する地域です。人工排水路であるアラワイ運河が1920年に完成すると、ワイキキの沼沢地は建設可能な観光地へと変容し、カパフルはその目抜き通りであるカパフルアベニューに沿って急速に開発されました。このワイキキの建設ブームが賑わいのあるカパフルアベニューへと急速に広がって行ったのです。カパフルアベニューは、4つしかないワイキキへの主要道路の1つでもあります。

現在のカパフルは、それぞれの特徴を持った3つの区域から構成されています。

− カパフルアベニューの東側に位置し、シックススアベニューとアロヘアアベニューに至る地域で、しばしばカイムキ住宅地の延長とも見なされ、物件のほとんどが比較的古くチャーミングな一戸建て住宅から成る住宅地− 店舗と数棟の中密度アパートが並ぶ、ビジネス地区であり目抜き通りであるカパフルアベニュー

− カパフルアベニューの西側に位置し、比較的古い一戸建て住宅と数棟の中密度アパートが共在する、オロケレアベニューとデートストリートに隣接する住宅地


カパフル地区には、境界線でもある北方のカイムキアベニュー、そして南方のレアヒアベニューとモンサラットアベニューも含まれます。

カパフルの一戸建て住宅は、宅地面積は通常小さめの2000平方フィートから6000平方フィート、売買価格は70万ドルから120万ドルの範囲です。

物件
初期の住宅の多くは1940年代前に建てられましたが、カパフルは今も発展し続けています。古い住宅は徐々に新しい住宅に取って換えられつつあります。

地域
カパフルアベニューはカパフルの脊柱にあたり、この通りには種々の素晴らしいレストランと専門店がたくさんあります。2007年に完成した新しいモールにある大型スーパーのセーフウェイは、モールの中心的存在の食材店であり、27の小店舗や食事処と合わせて、カパフルのビジネス地区の復興の一部となっています。

何十年にも渡って地元で確固とした人気を誇ってきたカパフルのお店としては、プレートランチが人気のアイコン的レインボウドライブイン、できたてのマラサダが美味しいレナーズベーカリー、ワイオラシェイブアイスなどがあります。バラックオバマ大統領もこの辺りで目撃されたと言われています。

いつも賑わっているクレインパークのバスケットボールコートは、アウトドアアクティビティーの人気スポットです。アラワイゴルフコース、そしてもちろんワイキキビーチも近隣です。

カパフル歴史
カパフルという名前は、翻訳すると“やせ衰えた土地”という意味です。幸いなことに、この名前はこの活気あるホノルルの一地区を正確に表現していません。カパフルの土地は、ハワイで初めて土地が私有財産となった大マヘレ分割で、ルナリロ王に与えられた保有地の一部でした。

私邸の記録は1889年にまでさかのぼりますが、路面電車システムにより、街で働く人たちにとってこの地区のアクセスが可能となった1920年代までは、この地区はほとんど開発されず、手付かずの状態でした。ダウンタウンの混雑から脱出するのにはお手頃価格のオプションとして、特に日系人たちがこの地に多く集まりました。

無計画な住宅地という特質から、カパフルの家々には、それぞれのオーナーの好みを反映した多種多様なスタイルが見られます。現在は歴史的建造物となったこの地区の建物を、ハワイ大学の歴史学科が記録しようと試みた際、当たり前な存在のプランテーション様式の家々と並んで、アートデコ&モデルヌ様式から、チューダー様式やミッション様式までものあらゆるスタイルの建造物を発見しました。カパフルで家をお探しの場合、いろいろなジャンルから選べることも多々あります。

ワイキキのすぐ隣に位置するにもかかわらず、この住宅地は地域のアイデンティティーと歴史を維持してきました。レインボードライブイン、オノハワイアンフード、そしてレナーズベーカリーは、何世代にも渡ってこの地域の住民に奉仕してきた、カパフルの多くのビジネスのほんの3店にすぎません。カパフルの住宅や建物は、カパフルアベニューのエヴァ(西)側のコンドミニアム数棟以外は、頑固として低層のままであり続けています。

本格的なシェイブアイスを食べて、サーフボードを修理してもらい、ちょっとおしゃべりをする場所 − ここには古いハワイが今も生きています。

Recently Sold in カパフル