Hawaii Living

エバジェントリー一軒家 - 62件(その内33件契約中)

検索条件 
リスト表示
91-1033 Puwalu St
3 寝室 | 2.5 浴室
約114m²
91-1251 Kuanoo St
4 寝室 | 3 浴室
約195m²
91-191 Makalea St
4 寝室 | 2.5 浴室
約129m²
91-6221 Kapolei Parkway
3 寝室 | 2.5 浴室
約130m²
91-1205 Kanela St
3 寝室 | 2.5 浴室
約113m²
91-588 Makalea St
3 寝室 | 2.5 浴室
約123m²
91-1001 Keaunui Dr
4 寝室 | 2.5 浴室
約124m²
91-438 Makalea St
3 寝室 | 2.5 浴室
約127m²
91-1502 Kuhia Pl
3 寝室 | 2 浴室
約98m²
91-1071 Waimomona St
4 寝室 | 2.5 浴室
約139m²
( に$10,000ドル値下げ)
91-1001 Keaunui Dr
4 寝室 | 2.5 浴室
約124m²
91-1073 Makaike St
3 寝室 | 2.5 浴室
約249m²
( に$100,000ドル値下げ)
91-322 Pukanala Pl
3 寝室 | 2.5 浴室
約164m²
91-200 Kaukolu Pl
4 寝室 | 2.5 浴室
約188m²
エバジェントリー一軒家の全62件中15件
ズームインするとコンドミニアム名が表示されます
航空写真

エバジェントリー - 不動産 & 一般情報

第二の都市とその発展については騒がれていますが、エバ平原で起こっていることについてはあまり耳にしません。実のところ、エヴァの不動産はずいぶん長い期間好景気を経験して来たのです。

エバビーチの住宅には今も、サトウキビ農園のためにエバビーチのコミュニティーが最初に誕生した頃と同じタイプの人たちが住んでいます。その昔も今と同様、ほとんどがアジア各国やポリネシア各地をルーツとする人たちでした。昔はプランテーションでの仕事を求めて集まって来た人たちでしたが、今は手頃な価格で住宅を購入するためにエバに集まって来た人たちです。ホノルルの大変高価格な物件に比べていいコントラストです。エバは異なった文化を尊重する場所であり、異文化が美しく融合したハワイアンライフの真のショーケースと言えます。つまりローカルのライフスタイルがここにあります。

オアフの南の海に面して広がるこの地区は、東はパールハーバー、西はカポレイと隣接しています。エバ平原は実際オアフ島の他の地区に比べて平坦で暑い地域です。また土地の大部分が海面よりやや高い程度です。ですから19世紀から20世紀初期までこの地を占有していたプランテーション経営には、最適の土地でした。平地であることで建築も容易であり、サトウキビ産業がついに消滅した後の1988年から、この特性が功を奏でるようになりました。

エバの開発が始まる
ディベロッパーであるジェントリーホームズが、プランテーションの閉業で解放された土地に何百戸もの新築のエバ住宅を建てるという大規模なプロジェクトを開始したのは、その頃でした。エバジェントリーサンテラ、エバジェントリーソーダクリーク、パームヴィラ、パームコート、サンライズ、そしてコロナドといった住宅地は、全てこの時期に誕生しました。重要なことは、これらは全て一戸建てまたはタウンハウスだったことです。高層コンドミニアムは一棟も建てられませんでした。しかしこれらの物件は、手頃な価格の物件が不足しがちだった地域に建てられた良心的な値の物件でした。

手頃価格の住宅とタウンハウスという形態は大成功を収めました。普及しているコンドミニアム生活から脱出するチャンスは、家族世帯にとって大変魅力的なものでした。このことは、1990年代の日本経済崩壊によりオアフ島の他の地域で不動産の売買が低迷した後も、エバの販売住宅の売れ行きが継続して良かったことからも明らかでした。

これらの物件は新築だったというだけでなく、オアフ島の他の住宅地の比較的古い家よりも低価格でした。これは初めて家を購入する人たちにとっては重要な要素でしたが、重要な要素は他にもありました。

エバ平原の不動産の手頃な価格に加えて、他のインセンティブもあったのです。ディベロッパーたちは通常より低い利息と決済費用免除を含む、特別な“バイダウン”プログラムを提供しました。このプログラムにより、他の地域では家を購入するための資金が無い多くの人たちに、住宅購入の機会が与えられたのです。

手頃な値段という要因以上のもの
需要を満たすため開発はさらに推し進められました。その中には1998年の長谷工による開発もあり、一戸建てとタウンハウスというエヴァの雛形に従いオーシャンポイントが開発されました。2009年にはついに少し異なった展望への推移が見られ、ホアカレイリゾートの建設が着手されました。

726エーカーに渡るこのプロジェクトには、カマカナアットホアカレイの887戸の住宅と、131戸の住宅を収容したキプカアットホアカレイというゲーティッドコミュニティーが含まれます。この地域にとって主要な追加開発であり、エヴァ不動産における変化、または少なくとも新系統の誕生の兆しかもしれません。

オアフ島の西側は比較的乾燥した地域ですが、発展しつつある住宅地に沿って、素晴らしいゴルフコースがいくつもあります。ゴルフ好きの方々は、とりわけハワイプリンス、ホアカレイ、バーバーズポイント、エヴァビレッジなど、その多くの名前を知っていらっしゃるでしょう。でもこれらのゴルフコースが提供してくれるのは、美しいグリーンのフェアウェイとレジャーだけではありません。これらのコースは洪水時の排水ますの役割も担っています。エバ平原のような低地では重要なことです。

エバが変わる
こういった特性の人気と発展は、エバジェントリーサイプレスポイントのフェアウェイに建つ比較的新しい豪邸を見れば明白です。3300平方フィートの屋内スペースと7700平方フィートの広々とした敷地の豪邸は、100万ドルの物件で、間もなくさらに建設される予定です。エヴァが変貌する兆しと言えるでしょう。

エバビーチとオアフ島の他の住宅地は、地理上だけでなく歴史的にも今大きな岐路に立っています。鉄道プロジェクトが進行中ですので、いつの日かこれらの住宅地はホノルルダウンタウンで繋がり、今日の渋滞した道路に比べ、通勤や通学が楽になるでしょう。

驚くべき発展を遂げ、今後もさらなる発展が予想される西のカポレイが、実に鉄道の出発点となります。このことと、コオリナと言ったオアフ島西側の観光エリアの発展により、少なくともある程度の数の通勤者は、ホノルルに向かってではなく、反対方向に通勤するようになるかもしれません。人々が毎朝毎夕ダウンタウンとの間の交通渋滞についてこぼしている地域にとっては、双方とも主要課題と言えます。

確かなことは、エバビーチとエバ平原全体が1990年代から急速な人口増加を経験してきたこと、そして人口増加は衰える様子がないことです。他に何が起ころうと、大型小売店やショッピングエリアがこの地にオープンし、必需品やその他あらゆる物資を得るために東へ向かうという古い習慣は大幅に減ったことから、エバが自己充足型のコミュニティーになっていくことは確信していただけます。

完全に自己充足となりつつあるエバが、これからもますます発展していくことはまず間違いないでしょう。それと共にエバの不動産の価値も上昇していく可能性は十分あります。

詳細