ダイヤモンドヘッド一軒家 - 227件

日曜日 オープンハウス 2-5pm
最新物件
865,000ドル
1257 16th Avenue
3 ベッド | 1.5 浴室 | 約92㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
4749 Moa Street
4 ベッド | 2 浴室 | 約165㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
5204 Makalena Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約348㎡
2722 Peter Street
3 ベッド | 1 浴室 | 約109㎡
日曜日 オープンハウス 1-5pm
3908 Koko Drive
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約159㎡
1215 Analii Place
4 ベッド | 2.5 浴室 | 約257㎡
エスクロー
2,650,000ドル
613 Moaniala Street
3 ベッド | 3.5 浴室 | 約313㎡
4960 Mana Place
5 ベッド | 5.5 浴室 | 約521㎡
海の眺望
671 Kahiau Loop
5 ベッド | 4.5 浴室 | 約662㎡
海の眺望
日曜日 オープンハウス 2-5pm
747 18th Avenue
3 ベッド | 3 浴室 | 約180㎡
築2007年
日曜日 オープンハウス 2-5pm
834 6th Avenue
4 ベッド | 3 浴室 | 約165㎡
築2011年
日曜日 オープンハウス 2-5pm
エスクロー
2,468,000ドル
490 Puuikena Drive
3 ベッド | 3.5 浴室 | 約351㎡
海の眺望
エスクロー
1,050,000ドル
955 14th Avenue
3 ベッド | 2 浴室 | 約149㎡
ダイヤモンドヘッド一軒家の全227件中15件
ダイヤモンドヘッド一軒家 概要
ダイヤモンドヘッド地区の戸建住宅―と聞いた際に、ハワイを象徴する火山円錐級の麓にそびえる、超高級な、オーシャンフロント大邸宅を即座に思い描かれても、不思議はありません。そういった大邸宅こそが、大金持ちに脚光を当てた、ライフスタイル雑誌やテレビ番組で取り扱われるわけですから。しかしながら、ダイヤモンドヘッド地区の不動産はそれだけではありません。また、豊富なバラエティがあるからこそ、マーケットが広がるわけなのです。

まず理解しておくべき事として、ダイヤモンドヘッド地区とは、西側の境界をなすカパフルやカイムキ、そして東側の境界にあるクリオウオウやパイコラグーンに至るまで、いくつもの、それぞれに個性的な地区からなるということです。ダイヤモンドヘッドの背後にある小さ目の家々が、ドリス・デュークのシャグリラと全く同じ地区に立地していることをご存じなくても心配ご無用です。多くの人に知られておりませんので。

全てはカパフルとカイムキ地区から始まりました。多くの家は、クラッシックな木造のプランテーションスタイルで、屋根はポリネシア形式のディッキールーフになっています。それらの家々の間には、時として、建築の観点から見て大きく異なる家々が、点在しております。建築様式がこれほどまでに多様なのは、ここが、デベロッパーの計画や意向に基づいて造られた場所ではなく、長い年月をかけて開発された地区だからです。多くのエリアで、家々がまるで、頬を寄せ合うようにして建ち並ぶ、とても素敵なパッチワークのような地区なのです。

上に出てきた地区よりも文字通り高い場所にある住宅としては、ウィルヘルミナ・ライズ
やセントルイス・ハイツがあり、そこからはホノルルを一望し、海までをも見渡す、素晴らしい眺望をご覧いただけます。「ライズ」や「ハイツ」といった高台を意味する名前は、これらの地区が丘の上まで伸びて行くことからも、非常に適切と言えます。これらの地区にある住宅の大半は、増築などされてはおりますが、1950年代、60年代に建てられた時と同じ建物が建っております。この地区は、高台に住んでも良い、あるいは、むしろ高台から下界を見渡す方が好きだと思う方には、非常に素晴らしい場所だと言えます。

カイムキのすぐ東側には、ハワイのみならず世界中で誰もが知っている、カハラ地区があります。ホノルルのビヴァリーヒルズと言ってしまうと身も蓋もないような気もしますが、非常に的を射た表現であることは確かです。デザインや外観だけを取っても、まるでカリフォルニアから飛び出してきたようです。マーケットにおける価格の頂点と言えるのは、ハワイにおいて最も人気がある海岸線のそばにあり、カハラ・アヴェニューに建ち並ぶ住宅の数々です。とはいえ、周囲には巨大なゲートや高い壁があるので、外からそれらの邸宅を垣間見るのは、めったにできないことです。

カラニアナオレ・ハイウェイのマカイ側を、東に向かって、ワイループやアイナハイナ、あるいはニウヴァレーのオーシャンフロント地区に至るまで、ゲートや壁で囲まれた家々が続きます。隣接する2つの地区がカイムキを見渡す一方で、ワイアラエ・イキとハワイロア・リッジからはワイループを一望できます。高台にある戸建住宅の数々は、1980年代の開発ブームの際に、これらの憧れの高台に建ったもので、需要とともに値段も高くなっております。ここから一望できる、太平洋やホノルルの街を一目ご覧になれば、その理由がお分かりになるはずです。

地上に降りれば、アイナハイナがあります。隣接するニウヴァレーと同様、低層型のランチ(農場)スタイルの戸建住宅で知られた地区です。ニウヴァレーは、更に美しい場所です。家々の高さが抑えられているため、コオラウ山脈を背景に、空が信じられないくらいに大きく感じられます。これらももちろん、第二次世界大戦後の建設ブームの際の賜物です。

全体的に見て、ここはハワイにおいて最も高価格帯の地区だと言えます。とはいえ、この島の基準に照らし合わせて、比較的お求めやすい価格の家が売りに出ることもあります。ただ、ここは常に需要の高い地区であることも確かです。買い物に便利ですし、良い学校が多数あり、景色は非常に美しくありながら、都会的な場所でもあるのです。価格を成層圏まで押し上げてしまうような、ゴールドコースト、カハラ、そしてブラックポイントという地区と接していることも一つの要素です。需要が非常に高い一方、供給が不十分であるという例の典型ですが、ここに住みながら、この地に家を買ったことを後悔している人が、一体どれほどいるでしょうか?実際のところ、そんな人はほとんどいません。

詳細