アイナハイナビーチ一軒家 - 0件

アイナハイナビーチ一軒家 概要
アイナハイナビーチは、ワイルペプレースとカワイクイビーチパークに隣接し、海とカラニアナオレハイウェイの間に75軒ほどの住宅が並ぶ、小規模で奥行きの狭いビーチ地区です。アイナハイナビーチ地区の住宅の価格帯は、ビーチに面していない、宅地サイズが4500平方フィートの比較的小規模住宅の90万ドルから、数件の、宅地面積が1エーカー以上の広大なビーチフロント邸宅の1000万ドルまでと、宅地面積や海に面する距離などで大きく異なります。

アイナハイナビーチの住宅とその地域について
アイナハイナビーチの住宅は、早いものでは1930年代に建てられ、しばしば釣り用キャビン、または週末用別荘として使われました。現在アイナハイナビーチ地区には、比較的古く小規模な住宅と、より新しい大邸宅が混在しており、注目すべきオーシャンフロントの物件のひとつに、魅惑的でウェディングやイベントに最適の、名高いマジカルなベイヤーエステートがあります。

アイナハイナビーチの海は、外郭を形成する保護礁のおかげで、とても穏やかで波がほとんどありません。保護礁までは浅瀬で、少々岩があります。カヤックやパドルボード、そして釣りにも最適ですが、水泳には適していません。パブリックビーチへのアクセスは、駐車スペースが豊富なカワイクイビーチパークにあります。スーパーマーケット、レストランや他のお店が並ぶアイナハイナショッピングセンターは、カラニアナオレハイウェイを渡ってすぐのところにあります。

アイナハイナ歴史
カワイクイは、アイナハイナビーチの東側にある公園の名前であるだけではありません。昔のハワイアンたちが、両方のものを含む場所を呼ぶのに使っていた名でもありました。カワイクイは、翻訳すると“結合した水”という意味です。この地の泉の新鮮な水を、地元住民と通行人たちの両方が大勢汲みに来たということから来ていると考える人たちもいます。別説では、この地で淡水と海水が交わる、または結合することから、この名が付けられたとも言われています。

漁師が住んでいた以外は、何百年もの間この地は人口密度の低い地域でした。20世紀に入ってからも、ロバートハインド氏がハインド–クラーク酪農事業のため、海に至るアイナハイナ全域を占める広大な土地を購入した後も、この状況は変わりませんでした。酪農場はホノルルでは有名で、街の牛乳と乳製品の大半を供給していました。

衰運と1946年の津波による破壊により、ハインド一家は酪農事業を売却せざるを得なくなり、所有不動産の開発に転業しました。世界第二次大戦後の時代であり、前例のない住宅需要が引き起こされた、適切な時期でした。

この時期に、最初のアイナハイナビーチの住宅が、それまで長年ほとんど裸地であった、この上なく素晴らしいオーシャンフロントの敷地に建設されました。住人や訪問者は今も、時々砂浜から淡水が湧き上がるのを見ることがあります。淡水であろうと海水であろうと美しいのが、アイナハイナビーチの水です。

詳細

アイナハイナビーチの写真

アイナハイナビーチで最近売却された物件

売却2018年12月5日
15,845,000ドル
5403 Kalanianaole Highway
7 ベッド | 8.5浴室 | 約1,109m2
海に面した
売却2017年8月14日
1,400,000ドル
5371 Kalanianaole Highway
4 ベッド | 3 | 約175m2
2008年改装