キャスルサーフコンドミニアム - 0件

キャスルサーフコンドミニアム 概要
  • 1960年に建設された6階建て37戸のコンドミニアム、間取り:1-3ベッドルーム、ペット不可
  • 建設当時の時代背景、また外でのネットワークを広げたいという住民の皆様の意向もあり、アメニティ施設はベーシックなものとなっております。
  • この地に1990年代半ばまで大豪邸を構えていた大富豪キャッスル家にちなんでキャッスル・サーフと命名されました。彼らはこの地を去りましたが、素晴らしい不動産は今でもここにあります。

キャッスル・サーフは、1959年にハワイが州に格上げされた当時の建設ラッシュ時に建った建物の一つです。しかしながら、その建物が現在も建っていること、またコンドミニアムの価格をご覧いただいてもお分かりのように、急ごしらえで建設され、老朽化の真っただ中にある建物ではございません。まさにその正反対です。

キャッスル・サーフはゴールドコーストの多くの建物群とは違って、協同組合住宅ではなくフィーシンプル(所有権)で保有されるコンドミニアムです。このことは、管理維持費が近隣物件と比較してお値打ち価格になっている理由の一つです。

ゴールドコーストはワイキキでお食事やエンターテインメントを楽しむ際に、歩いて行ける距離に立地しております。カハラやアラモアナセンターに関しても車ですぐの場所にございます。お近くで様々なレジャーをお楽しみいただけます。アクティヴ派の方はプライベートビーチへと通じる専用ゲートからそのまま涼しい海へと飛び込むことができますし、道を渡ってカピオラニ公園での散歩をお楽しみいただくこともできます。フィットネス、テニスコート、ジョギングといったアクティビティはカピオラニ公園にてお楽しみいただけます。お友達とピクニックやバーベキューを楽しむのにも理想的です。

キャッスル・サーフは、ゴールドコーストの中でもコンパクトサイズで、一際落ち着けるコンドミニアムです。全部で6階建て、わずか37戸となっているため、この地区の住民が愛してやまない、静かで落ち着いた生活を送ることができます。当コンドミニアムの住民で最も幸運なのは各階の01号室にお住まいの皆様です。既にお察しのように、01号室は海の真正面を向いておりますので、刻一刻と変化する美しい海をいつでもご覧になれます。加えて、245平方フィート(約23平方メートル)の広さのラナイでくつろぎ、全てを満喫いただけます。

実際のところ、キャピタル・サーフはその建造年数により非常に恩恵を受けております。当時の建築法規では海のすぐそばに建造物を造ることができたため、1960年以降に建ったどの建物よりも海の近くに建っております。素晴らしい景色に加えて心安らぐ波の音といったキャッスル・サーフの特典は、新しい住宅では得られぬ特典と言っても過言ではないでしょう。ただ単に家を買うのではなく、それに付随する特別な体験をもご購入いただくことになります。そして素晴らしい時は日々違う顔を見せてくれるのです。

詳細

キャスルサーフの写真

キャスルサーフで最近売却された物件

売却2017年3月10日
968,000ドル
キャスルサーフ #33
1 ベッド | 1 | 約65㎡
海に面した