Hawaii Living

カハラビーチコンドミニアム - 5件(その内3件契約中)

検索条件 
リスト表示
カハラビーチ #271
2 寝室 | 2 浴室
約117m²
借地権
90,000ドル
カハラビーチ #464
2 寝室 | 2 浴室
約117m²
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
契約手続中
カハラビーチ #207
2 寝室 | 1 浴室
約136m²
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
契約手続中
カハラビーチ #409
2 寝室 | 2 浴室
約144m²
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
契約手続中
借地権
85,000ドル
カハラビーチ #123
2 寝室 | 2 浴室
約117m²
カハラビーチコンドミニアムの全5件中5件

カハラビーチ - 不動産 & 一般情報

  • 1966年に建設された12階建て、全196戸のコンドミニアム、間取り:2-4ベッドルーム、ペット不可
  • アメニティ施設:プール、ジェットバス、バーベキュー、エクササイズ室、レクリエーションエリア、警備員
  • 全戸ともリース(借地権)物件となっており、2027年にリース期間満了となります

カハラビーチ・アパートメンツは、まさに「ハワイならでは」の物語といえます。ビーチのすぐそば―5つ星のカハラホテルとワイアラエ・カントリークラブに隣接する立地により、値段は天井知らずに上がり続け、本当の意味のセレブリティのオーナー様が多数集まりました。ですが、昨今では85,000ドルという破格の値段の物件も売りに出されております!

リース(借地権)期間はすぐに満了になりますし、地主にリースを更新する気はありません。そのため銀行も、ローン返済期限が来る頃にはこの世に存在していない不動産のために、30年ローンを組んだりしないため、現金のみでの取引となっております。

あまり良い話のようにも聞こえません。何の理由で買うのでしょうか? それは、これこそがハワイで最も美しく、人気のある不動産に住むチャンスだからです。更に素晴らしいことに、本当の意味でクラッシックな、ミッドセンチュリー時代におけるハワイのスタイルで生活できるのです。現在、多くの業者が再現しようとしては、ちょっと残念な感じになってしまうスタイルです。ですが、ここでは「本物」が手に入るのです。

カハラビーチのコンドミニアムは、4階建ての建物4棟に分かれております。それらの間、そして周囲には、毎日手入れがされる青々とした南国の庭園が広がっているのです。

全戸とも十分な広さがあり、貿易風によって風通しも抜群です。1ベッドルーム物件は広々とした1,068平方フィート(約99.2平方メートル)の間取りとなっており、2ベッドルーム物件は1,168-1,888平方フィート(約108.5-175.4平方メートル)となっております。3ベッドルームに関しては1,830平方フィート(約170.1平方メートル)から2,040平方フィート(約189.5平方メートル)で、4ベッドルームともなると1,888平方フィート(約175.4平方メートル)から始まり、最も大きなお部屋で3,450平方フィート(約320.5平方メートル)もの広さとなっております。

こちらのビーチフロント物件からの眺望は、想像を裏切らない素晴らしさです。庭園はいつでも素晴らしい状態になっておりますが、海側の住人はとりわけ恵まれています。こちらは60年前と同じ場所に建つオーシャンフロント物件です。ここには、この場所が自分のために造られた場所であり、そして自分専用の楽園だと心底思える瞬間があります。

そうです。この物件に残された時間は短いものですが、間もなく消え去ってしまうであろうライフスタイルを体験する、数少ないチャンスかもしれないのです。手に入るうちにつかまえるべきです。

詳細