Hawaii Living

パイコ ラグーン一軒家 - 3件(その内1件契約中)

検索条件 
リスト表示
5949 Kalanianaole Hwy
5 寝室 | 6 浴室
約743m²
230 Paiko Dr
4 寝室 | 3.5 浴室
約171m²
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
契約手続中
5901A Kalanianaole Hwy
4 寝室 | 3.5 浴室
約269m²
パイコ ラグーン一軒家の全3件中3件
ズームインするとコンドミニアム名が表示されます
航空写真

パイコ ラグーン - 不動産 & 一般情報

秘宝のようなパイコラグーンは、およそ120件の家々から成る、チャーミングで豪華な海沿いの住宅地です。東はハワイカイ、西はニウビーチに隣接しており、カラニアナオレハイウェイの海側に位置します。パイコラグーンの住宅の売買価格は、100万ドルから500万ドルで、宅地面積は通常5000から25000平方フィートの範囲です。

パイコラグーンの住宅とその地域について
パイコラグーンの中心には、穏やかで安らかな州立野生動物保護地区があり、その周辺の住人たちに静穏とプライバシー、そして素晴らしい景色を提供しています。淡水の泉から湧き出る水が、古くからある神秘的なカネワイ養魚池を満たし、その中心にある緑豊かな島も住人たちを魅了しています。養魚池はラグーンに繋がっており、堂々たるココヘッドを背に、ラグーンはマウナルアベイで海に注ぎ込んでいます。

ほんの数軒の貴重な物件のみが、一方で養魚池に、そして他方でラグーンに隣接しています。素晴らしいアンビアンスをかもし出しているこのユニークな地理的配置に魅了され、世界的に著名なハワイの建築家であるオシポフは、パイコラグーンに自宅を建設するに至りました。パイコドライブの海側の家々は、穏やかで浅瀬の海水が打ち寄せる心地よいサンディービーチを楽しめます。

注目すべきパイコラグーンの住宅のひとつに、パイコドライブの先端の、湾に突き出た形の家があります。隣人のいない孤島を所有しているような、四方が海に囲まれたこの驚くべき家は、シンプルで細いアクセス道路で陸に繋がっているのみです。

サマーストリートに位置する、28ユニットの小さなタウンハウスプロジェクトであるクリオウオウカイビラも、パイコラグーンの一部です。自然を愛する人たちにとって、お手頃な価格で購入出来る物件です。目と鼻の先にあるクリオウオウビーチパークは、ラグーンの向こう側にある野鳥保護地区を眺めながら、木陰でピクニックをするのに最適の場所です。

マジカルで静穏なパイクラグーンは、他にはない、ユニークな場所です。

パイコ ラグーン歴史
マヌエルデピコ氏は著名な家庭に生まれ落ちたわけではありません。アソーレス諸島の一島であるピコ島の、貧しいポルトガル人家庭に生まれました。彼が1840年代のある時点で、ハワイで働いていた捕鯨船から逃げ出すまでの彼の人生については、あまり知られていません。

新しく見つけたふるさとに対する愛着から、ピコ氏は重要な変更を行いました。いつの頃か、苗字をもっとハワイ的な響きの名前であるパイコと改名したのです。

パイコ氏は勤勉さと決意により、オアフ島での牧牛業で成功を収めました。このもうけから得た産物は、ダイアモンドヘッドを越えた地域に購入した400エーカーの土地でした。パイコ氏はこの地に我が家を建てました。

マヌエルが1890年に亡くなってからも、パイコ一族はこの地に住み続けました。その成功と所有権の功績により、ラグーンとその隣接する通りに一族の名が付けられました。パイコ一族の最後の子孫であったジョセフジュニアは、1947年に子孫を残すことなく亡くなり、一族の広大な土地所有に終止符を打ちました。

ジョセフの死により、その頃住宅建設ブームが起こっていたホノルルで、パイコラグーンの不動産が開発されました。プライバシーと自然の美、そしてオーシャンビューは、楽園の一片を求める裕福なバイヤーたちを引き寄せました。他の住宅地がラジミール・オシポフの設計による家を自慢する一方で、この有名な建築家が我が家を建てるのに選んだ地であったことを断言出来るのは、パイコラグーンだけです。

パイコラグーンの家々の値札は今も最高価格で、なかなか売りに出されることもありませんが、待つ価値、そしてその金額を払う価値も、充分あるかもしれません。

詳細