ワイルペ ビーチ一軒家 - 3件

エスクロー
3,490,000ドル
4981 Kalanianaole Highway
4 ベッド | 3.5 浴室 | 約326㎡
海の眺望
Sun オープンハウス 2-5pm
444 Wailupe Circle
4 ベッド | 3 浴室 | 約300㎡
エスクロー
5,500,000ドル
202 Wailupe Circle
3 ベッド | 3.5 浴室 | 約255㎡
海に面した

ワイルペビーチ&ペニンシュラは、カラニアナオレハイウェイ沿いに並ぶ24軒ほどのビーチフロントの家々と、ワイルペ半島にある約120軒の家々から成るオーシャンフロントの贅沢な住宅地です。ワイルペビーチ&ペニンシュラの住宅地は、西はカイナニ、東はアイナハイナビーチに隣接しています。

ワイルペビーチの住宅のほとんどは、120万ドルから500万ドルで売買され、宅地サイズは6000から3万平方フィートの範囲です。人気のワイルペ半島の住宅の売買価格は130万ドルから800万ドルで、典型的宅地サイズは11000から18000平方フィートです。

ワイルペビーチ&ペニンシュラの住宅とその地域について
1920年代のワイルペ不動産は、浅瀬で穏やかな海水と保護礁のおかげで釣りに最適なマウナルアベイの養魚池に沿って並ぶ、簡易な釣り用キャビンと週末用別荘が占めていました。マウナルアベイの養魚池のうち、比較的大きめの池のひとつが1948年に埋め立てられ、境界線に沿って走るワイルペサークル、アキロロストリートとニウヒストリートの3つの通りから成る人工のワイルペ半島が、新しい分譲地として開発されました。半島の回りには深海水路が掘られ、陸軍工兵部が建設した新しい溶岩の護岸によって、外周が強化されました。

今日ワイルペ半島は、青い海に誇らしく突き出た形で、広く静かな通りに沿った広い敷地に建つ家々から成る、ホノルル最高級のオーシャンフロント住宅地の1つにあげられます。ワイルペ半島の住宅の30数軒ほどは海の上に建っており、このうち20軒ほどには船着き場があります。海を愛する人たちにとっては、まさに最高中の最高の物件であり、素晴らしい景色と護岸に守られたプライバシー、そして裏庭の先に船を係留するための深海水路という、貴重でユニークなコンビネーションを提供してくれます。

ワイルペビーチの家々は、公共のアクセスが2、3の岩を飛び越える必要のあるワイルペビーチパークからのアクセスか、約一マイル離れたワイアラエビーチパークからのアクセスに限られた、最高のプライバシーを満喫出来る静かな奥行きの狭いビーチに面しています。

ワイルペでの生活は、終わりのないバケーションのようです。住人たちは一年中パドリング、サーフィン、カヤックや釣りを楽しんでいます。この大変人気のある住宅地の物件は、ほとんど売りに出ることはありません。

ワイルペビーチ歴史
ワイルペサークルの住宅地は、カラニアナオレハイウェイの海側に位置します。オアフ島の多くの地域と同様、この地も古代からのハワイの養魚池があったところでした。けれどもワイルペの養魚池は2つの点でユニークです。まず非常に大規模で、その広さは合計41エーカーあったことです。現在のワイルペサークル住宅地全体が、かつての養魚池の上に建っているのです。

もう1つは、オアフ島のこちら側では、この養魚池は他の池の多くに比べて長く生きながらえたことです。1946年の津波が起こっていなければ、今も健在だったかもしれないとも考えられます。この津波の影響で養魚池の壁が激しく損傷し、周辺の地域は壊滅的な被害を受けました。近隣の酪農場は廃業に追い込まれ、この養魚池も所有していた酪農場のオーナーは、1947年に所有地をウォルターディリンハム氏に売却しました。

ディリンハム氏はハワイアンドレッジングのオーナーでしたが、この地区に可能性を見いだしました。同社は現在半島のそばに流れる運河を掘り、掘り出した土を運搬して養魚池を埋め立てたのです。その当時ワイルペは、オアフ島の東海岸に3つしか残っていなかった古いハワイの養魚池の1つでした。

間もなく新しい埋め立て地の上にワイルペサークルの家々が建てられ、洋上の住宅地が造られました。現在の消防署の向かいに位置した昔の養魚池の形跡が、まだわずかに残っています。それ以外はいたるところに、ワイルペサークルのモダンな家々が、今から100年足らずの昔には存在しなかった一等地を占有しています。