メトロホノルルコンドミニアム - 1,541件

最新物件
918,000ドル
パシフィカホノルル #2210
2 ベッド | 2 浴室 | 約98㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
最新物件
840,000ドル
ワンカラカウア #912
2 ベッド | 1.5 浴室 | 約79㎡
最新物件
415,000ドル
801サウスストリート #409
ステュディオ | 1 浴室 | 約35㎡
ハシンジャー #201
2 ベッド | 1 浴室 | 約57㎡
ケアウホプレイス #2902
2 ベッド | 2 浴室 | 約86㎡
441 ルワーズ #902
ステュディオ | 1 浴室 | 約24㎡
1650 ピーコイ #202
1 ベッド | 1 浴室 | 約52㎡
イリカイ・アパート #2026
2 ベッド | 2 浴室 | 約93㎡
イリカイ・アパート #2024
1 ベッド | 1 浴室 | 約46㎡
ハワイアンモナーク #2401
ステュディオ | 1 浴室 | 約24㎡
Holiday Manor #214
ステュディオ | 1 浴室 | 約34㎡
ハーバービュープラザ #103
2 ベッド | 1.5 浴室 | 約74㎡
メトロホノルルコンドミニアムの全1,541件中15件
メトロホノルルコンドミニアム 概要
ホノルル市街地(メトロホノルル)は、ハワイの不動産において、最大規模の都市部にあたる地域です。政府関係の施設、それにショッピングや観光客が集まる場所が多数あります。この場所に最も多くのコンドミニアムがあることは、不思議ではありません。世界中の大都市と同様、この地区においても仕事の機会が増えたため、近隣地区での住宅の需要が高まったというわけです。それによって、限られた土地に多くの住宅を造ることができて、しかも、よりお求めやすい価格帯のコンドミニアム群が誕生したtoiu
わけです。

ホノルル市街地でコンドミニアムを検索すると、ほぼ全ての地区で多層建築物のリストが出るはずです。いくつかの地区―例えばソルトレイクやモアナルアといった、市街地の西端においては、そういった建物が林立し、まるで森のようになっております。

ソルトレイク、モアナルアの両方の地区において、これらの多層建築物の多くは1960年代と70年代に建設されました。両地区が隣接するソルトレイク通り沿いにおいて、特に顕著でした。20年の間に、多くの人たちが、主に山側の土地に引っ越してきたため、さらに多くの建物が建ち、開発が行われました。ヒッカム空軍基地、パールハーバー、フォート・シャフターといった全ての施設に車で数分の距離ににあるため、軍事防衛関連で働く人たちがこの地区に家を求めるのも当然です。

ソルトレイク、モアナルア地区の東側に隣接する大きな住宅地のカリヒ地区まで、舗装された道は続いております。他の多くの地区よりお求めやすく、この地区からはダウンタウンへの通勤が非常に便利になっております。ホノルルのオフィス街までカリヒと同程度の距離にありながら、ここほどお求めやすい価格帯の地区は、他にはほとんどありません。

ダウンタウンの反対側には、革新的なコミュニティの中心地となり得るプロジェクトが実現しようとしています。カカアコ・プロジェクトによって、サウス通りとピイコイ通りを東西の、そしてカピオラニ通りを北側の境界として、30もの新たなコンドミニアムが建設されようとしているのです。南側の境界線は、アラモアナ通りと海岸線となっております。

この開発計画は、グリーンテクノロジーと緑豊かなスペースを組み合わせることで、歩行者に優しい都市を造ろうというヴィジョンによるものです。お店、そして食欲をそそる多彩なレストランでのお食事といったものの全てが、綿密にデザインされた眺望や景色を楽しみながら、歩いて行けるような場所にあるのです。一面に広がるオーシャンビューを見渡すことができるだけでも、不動産市場において羨望の的であるのに、最先端の技術までもがこれらのコンドミニアム群には備わっているのです。そして、それは新たなストーリーの始まりに過ぎないのです。

ダイヤモンドヘッドへ向かっていけば、高層建築によって占拠されてしまったかのような、ワイキキを通り過ぎます。まだそうなってはいませんが、実際のところ、そうなることは間違いありません。ここに建つ建物は、様々な名所に近いこと、そして素晴らしい投資物件として、またバケーション用のレンタル物件として収入を得られる可能性を持つ物件として、非常に人気があります。これらのコンドミニアムの平均的な大きさが、コンパクトになっているという事実からも、長期に渡って住むよりも、短期における滞在に適していると言えます。

それでも、素晴らしい眺望が望める物件は珍しくありません。ワイキキの片側にはアラワイ運河があり、もう片側には海が広がっております。言うまでもありませんが、ナイトライフを求めて人々が街へ繰り出す夕刻には、この街は、まばゆいばかりに輝く光に満ちあふれています。他の地区に比べて、ここでお住まいになるにはより多くを払うことになりますが、ビーチやレストランやショッピングまで歩いて行けるという側面には、利点があります。少しの、あるいはたくさんの刺激を求めるお客様にとっては、まさにお望みの場所であるはずです。

アラワイ運河を隔てて反対側にある、マッカリーとモイリイリのコミュニティは、ワイキキの目がくらむような、速いペースにブレーキをかけるような地区です。ご覧になれば一目瞭然ですが、この地区では、平均的な建物の高さが一気に低くなっております。運河沿いには高層建築もいくつかありますが、隣接する構造物からは、明らかに浮いています。これらの地区は、より伝統的なハワイの一角と言えます。同じ家族が、何世代にも渡ってこの町に、しかも同じ家に住み続けているというケースも珍しくはありません。

ここは静かな場所で、ほとんどのコンドミニアムも、その空気感に馴染むものです。多くのコンドミニアムの規模は小さく、ハワイ州当局が高層建築と定義する7階建てよりも低層になっております。マッカリーとモイリイリは、親しみやすい、地元に根付いた魅力を維持しております。それが最も顕著に表れるのはキングストリートです。小規模な家族経営のレストランやお店がたくさんあり、いつでも暖かく迎えてくれます。
      
ホノルル市街地は、ハワイのオアフ島全域から見ても、最もバラエティ豊かな価格帯の物件がある場所です。お求めやすいカリヒ地区から、物理的にもお値段的にも、天高くにそびえるかのような、カカアコの海岸沿いのペントハウス(最上階)物件に至るまで、非常に多彩なものが、そろっております。ビジネスや政府関係の地区のみならず、観光産業の中心地にも便利なアクセスを求める傾向は、この島だけでなく、州全体においても非常に高くなっております。でも、ここにあるコンドミニアムにお住まいになれば、様々なアクションの中心にいられるだけではなく、ハワイの未来となり得る場所に住むことになるかもしれないのです。カカアコの開発が、ここで生活するということを新たに定義し直す、真っ最中です。ここでのコストは、時として、他の場所より高くなりますが、様々なチャンスやオプションに出会う可能性も高いのです。そのことは、オーナー様の未来をも左右する、家選びの決断に影響を与えるような、重要な要素でもあるのです。

詳細