メトロホノルル一軒家 - 200件

最新物件
680,000ドル
634 School Street
3 ベッド | 2 浴室 | 約90㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
1725 Fern Street
2 ベッド | 1.5 浴室 | 約106㎡
1010 Harvey Lane
8 ベッド | 5 浴室 | 約298㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
水曜日 オープンハウス 9am-12pm 全て見る
3310 Niolopua Drive
5 ベッド | 4 浴室 | 約333㎡
2538 Alaula Way
6 ベッド | 4 浴室 | 約338㎡
2063 Kilakila Drive
5 ベッド | 3.5 浴室 | 約190㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
2645 Oahu Avenue
6 ベッド | 4 浴室 | 約291㎡
2304 Makanani Drive
4 ベッド | 2.5 浴室 | 約169㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
2113 Bingham Street
3 ベッド | 1 浴室 | 約145㎡
エスクロー
1,300,000ドル
1718 Lewalani Drive
3 ベッド | 1.5 浴室 | 約81㎡
829 Puunani Place
3 ベッド | 2 浴室 | 約110㎡
海の眺望
エスクロー
999,900ドル
1572 Alewa Drive
2 ベッド | 2.5 浴室 | 約134㎡
海の眺望
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
エスクロー
1,350,000ドル
マッカリー / カピオラニ ハウス (未公開住所)
8 ベッド | 4 浴室 | 約210㎡
2017年改装
1511 Makiki Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約143㎡
2018年改装
エスクロー
788,000ドル
2159C Puanani Lane
5 ベッド | 2 浴室 | 約122㎡
2018年改装
メトロホノルル一軒家の全200件中15件
メトロホノルル一軒家 概要
ハワイのオアフ島において、最大の都市部にお住まいになるということは、住居のオプションが、多少なりとも狭められることを意味します。アラモアナやワイキキ、そして今日のカカアコといったホノルル市街地の地区においては、現在、ほぼ全てがコンドミニアムとなっております。しかしながら、オプションが限定的になるというからといって、その中に素晴らしいものがないわけではありません。

完璧なオプションの一例としては、ヌウアヌ地区が挙げられます。ビジネス街の中心地から、丘の上へと続く地区で、眼下に望むのは街だけではなく、場合によっては太平洋をも一望できます。

ヌウアヌでは雨が豊富に降るため、多くのエリアでは、大きな木々やが立ち並び、涼しい日陰を提供してくれています。木々によって、眺望がいくらか遮られるケースもありますが、それと同時に、喧騒から離れ、守られているような感覚も得られ、その点が大好き、という方もいらっしゃいます。

過去100年における多様な時期に、ヌウアヌの戸建住宅は建てられました。ですが、この地で最も目を引くのは、20世紀初頭に、ホノルルの裕福な商人たちによって建てられた、邸宅の数々です。それらの木造建築の数々には、地元の歴史の一部分でもある、格別な芸術的技巧が、ほどこされているのです。こういった邸宅が立ち並ぶ通りでは、道行く車が、もっと良く見ようと速度を落とすのも、珍しくはありません。

パリ・ハイウェイを超えて東へ進めば、パシフィック・ハイツという地区があります。ヌウアヌと同じように長い歴史を持つ、更に高級な地区です。開発計画が持ち上がるものの実現せず…ということが何度か繰り返された後、1920年に本格的に開発されました。とうとうこのパシフィック・ハイツの開発が実現された際、その規模は非常に大きなものでした。当時のホノルルにおける有力者たちが、大勢ここへ集まり、ダウンタウン地区や、その先へ広がる太平洋の大海原を眼下に一望する、美しい大邸宅の数々を建設したのです。

当時に建てられた邸宅の数々は、現在も残っており、手入れが行き届いていることで有名です。場合によっては、増改築されていることもありますが、本来の魅力が微塵も損なわれてはおりません。中には築100年近い物件もありますが、眼前に広がる素晴らしい眺望と20世紀初期の建築、そして匠の技によって、どの家も決まって高値で取引されます。これらの邸宅から眼下に見える通りはというと、パシフィック・ハイツに家が建った頃とは大きく変貌しました。しかしながら、ここに建つ邸宅群は、時代を超越した存在なのです。

高台での生活はしたいけれど、パシフィック・ハイツはちょっと―そんなお客様には、ダイヤモンドヘッド側に少し進んだところにある、タンタラスはいかがでしょうか。タンタラスに最初に建った家らしい家は、下界の暑さから逃れるために、裕福な人たちが建てた夏の別荘でした。今では、建築技術の進歩のおかげで、一年を通して涼しい中でお過ごしいただけます。

大抵の家は密集して建っています。中には急斜面に建てられた家もありますが、ご自宅の窓から望む眺望は、息をのむような素晴らしいものです。夜になると、街の灯を見る、リムジンツアーを観光客向けに売り出している会社もあるほどです。それほどまでに、ここからの夜景は素晴らしいのです。

ここもまた、20世紀初期から中期にかけて造られ、持ち主によって維持されている、昔ながらのハワイの住宅の数々がある場所です。ここは、長い年月、場合によっては何世代にも渡って、住人同士が知り合いであるというコミュニティです。家々もまた、長く続くことの良さを、最高の状態で反映しております。

タンタラスの麓にはマキキがあり、その東側にはマノアが続きます。この地区が誇る歴史とは、プランテーションの労働者から始めて、自身のビジネスで成功した人たちと、子供たちを近くのプナハウ・スクールで学ばせるような、元々の上流階級の人たちが、共存して暮らしてきた町であるということです。こういった共存は今でも続いています。少なくとも、このコミュニティに建つ家々の、大きさや様式が多岐に渡ることから、それが感じられます。

明らかに高級な地区としては、マキキハイツがあります。20世紀初頭から中期において、多くの上流階級の人たちが、自宅の快適な部屋から、眼下に広がる土地や波を望めるように造り上げた、ユニークな邸宅の数々が立ち並ぶ地区です。これらの家には、多くの場合、屋外で過ごす時間、とりわけ眺望を十二分に堪能すべく、大きなラナイと開けた屋外スペースがついております。

複数個所で、マキキと交差しながら継ぎ目なくつながるマノアは、ただの渓谷ではなく、熱帯雨林なのです。ここに家を構える人たちは、目の前に広がる全てをみずみずしい緑に保ってくれる、日々の雨をありがたく感じています。ここに建つのは1930年代、40年代に建てられた家が主流で、昔ながらのカマアイナの雰囲気が残っていて、非常にチャーミングです。

マノアの物件は、ハワイの他の地区と比べると、全体的に広めにできており、各家の間の土地も広くとられています。それに加えて雨が多いため、芝生は格別に青々としています。渓谷では温度も低いため、暑い街から家に帰って来るのが、待ち遠しくてたまらなくなるという効果もあります。帰るご自宅が避暑地ですと、いつでも嬉しいサプライズが感じられるものです。世界から隔絶されたようにも感じられる場所なのに、街まではわずか数分の場所にあります。

島の中で最も開発が進んだ場所にありながら、過去数十年間に林立した巨大な高層ビル群があるかたわらで、古き良き日のハワイの生活スタイルを保持した、素晴らしいコミュニティがいくつもあります。このことにより、多くの場合には、2つの異なる世界観の、いいとこどりができます。あらゆるショッピングやエンターテインメントへのアクセスが便利な場所にいながら、隣人同士が互いにアロハと手を振り合い、あなたが元気かどうか、本気で気にかけてくれるようなホームタウンに帰っていくのです。この二面性こそが、素晴らしい地区の条件でもあるのです。