ダウンタウンコンドミニアム - 93件

日曜日 オープンハウス 2-5pm
最新物件
760,000ドル
ホノルルパークプレイス #3608
2 ベッド | 2 浴室 | 約113㎡
借地権
最新物件
54,000ドル
センチュリースクエアー #1606
ステュディオ | 1 浴室 | 約41㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
ククイプラザ #E3115
2 ベッド | 1 浴室 | 約82㎡
ホノルルタワー #1103
2 ベッド | 1 浴室 | 約92㎡
借地権
248,000ドル
エグゼクティブセンター #3101
1 ベッド | 1 浴室 | 約49㎡
キャピトル·プレイス #1406
2 ベッド | 2 浴室 | 約96㎡
ククイプラザ #D2702
3 ベッド | 2 浴室 | 約122㎡
ククイプラザ #D3206
1 ベッド | 1 浴室 | 約57㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
エグゼクティブセンター #201
1 ベッド | 1 浴室 | 約50㎡
エスクロー
550,000ドル
ククイプラザ #D1601
2 ベッド | 1 浴室 | 約93㎡
キャピトル·プレイス #3807
2 ベッド | 2 浴室 | 約113㎡
海の眺望
エスクロー
825,000ドル
キャピトル·プレイス #1411
2 ベッド | 2 浴室 | 約97㎡
海の眺望
日曜日 オープンハウス 2-5pm
ハーバースクエアー #902
1 ベッド | 1 浴室 | 約72㎡
2016年改装
ダウンタウンコンドミニアムの全93件中15件
ダウンタウンコンドミニアム 概要
ホノルルのダウンタウンは、歴史、行政、ビジネス及び金融の中心地です。建築的に優れた歴史的建造物と、最も高いもので429フィート(約130メートル)に及ぶモダンな超高層ビルが混在し、ホノルル・ダウンタウンのスカイラインを埋めています。ダウンタウンを仕事場とする人たちの多くが、通勤時間を短縮する目的で、ダウンタウンのコンドミニアムを住居として選択します。高い駐車料金やラッシュアワーの交通渋滞を考えますと、多くの多忙なプロフェッショナルにとっては、理にかなった選択と言えます。ホノルル・ダウンタウンのコンドミニアムの売値は、通常30万ドルから200万ドルの範囲です。

ホノルル・ダウンタウンのコンドミニアム及びダウンタウンという地域について

ホノルル・ダウンタウンの注目すべきコンドミニアムとして、人気の高いモダンなキャピトルプレース(2008年)、豪華かつ高級なピナクルホノルル(2008年)、素晴らしいオーシャンビューを誇るハーバーコート、ホノルルパークプレース、ホノルルタワー、ハーバースクエア、ククイプラザ、クイーンエマガーデンなどがあげられます。ホノルル・ダウンタウンのスカイラインを埋めているのは、高層オフィスビルがほとんどですが、その中に約12の住居用コンドミニアムが混在しています。
ホノルルのダウンタウン地域は、多様でそれぞれ特徴のある、4つの地区から構成されています。

ヌアヌ川とビンヤード・ブルバードの間に位置する、ダウンタウン北部の歴史的チャイナタウン

リチャード・ストリートとパンチボール・ストリートの間に位置し、隣接するカカアコ地域とは違った表情を持つ、数街区を占めるキャピトル地区

高層ビルがフォートストリート・モールとビショップスクエアを囲むビジネス地区

ホノルルハーバーを取り囲む、西側境界線に至るウォーターフロント地区

ダウンタウンのたくさんの素晴らしいレストランと小さなコーヒーショップを、毎日多くのビジネスマンとビジネスウーマンが訪れ、通りはにぎわっています。ビショップスクエアは、緑が豊富なすてきなセントラルパークであり、ランチタイムにはオフィスで働く人たちの、そして隣接する私立大学、ハワイパシフィック大学に通う7000人を超える生徒たちの、憩いの場となっています。

仕事の後は、アラモアナ・ブルバードを渡ったところに位置する、ホノルルハーバー沿いにそびえ立つアロハタワー・マーケットプレースへと、アクションの場が移ります。サンセットを迎える頃には、ハッピーアワー、ライブミュージック、そして多様なナイトライフが、ボードウォークを彩ります。ホノルルハーバーを見渡すアロハタワーは、長年の間ハワイの一番高い建物でしたが、今ではホノルルの近代的、そして移り変わるスカイラインによって、小さく見えるようになりました。

ダウンタウン歴史
ホノルルの最初の住民は、11世紀にホノルルに安息の地を見つけたポリネシア人たちでした。地元の首長間の争いによって時折妨害されながらも、何世代にも渡って静かな農耕生活を営みました。この生活は、1794年にヨーロッパからの最初の船がホノルル港に着き、この地が活気あふれる国際的な港町に変身したことで完全に変わりました。

しかし1800年代初期には、ホノルルは都市としての構造や都市計画がほとんどありませんでした。古い土地システムは、成長し続ける経済活動にとって確固とした基盤とはならないと感じる人たちもいました。アリイ(首長)のなすがままというハワイの土地利用の概念は、私有権を求める商人や事業主たちから次第に攻撃を受けるようになりました。

圧力のもと1844年には、証言を聴聞し、土地払い下げを開始する目的で行政委員会が設置されました。ホノルルダウンタウンに正式な道路が指定され、区画が計画されたのは、このプロセスを通してでした。

港に近い地区は急成長し、1845年にダウンタウンがハワイ州の首都となった時には、ますます重要な地となりました。ダウンタウン地区、特にフォートストリートモール辺りは、アラモアナセンターのオープンによってその地位を失ったものの、1960年代まではオアフの主要ショッピング地区でした。

第二次世界大戦の終結により人口増加が加速し、そしてハワイが米国の州となったことから、さらに大規模の商業及び住居ビルの建設ブームが起こりました。ビジネススペースと新しいゾーニングの要求が高まったことは、今日のホノルルダウンタウンのコンドミニアムがほとんどニミッツハイウェイ、またはベルタニアストリートの山側に位置している理由です。

詳細