Hawaii Living

ワイキキランドマークコンドミニアム - 4件(その内0件契約中)

検索条件 
リスト表示
ワイキキランドマークコンドミニアムの全4件中4件

ワイキキランドマーク - 不動産 & 一般情報

1992年築、38階建て部屋数196、1〜3ベッドルーム、ペット可
プール3、ジェットバス2、広大なレクレーションデッキ、セキュリティ24時間対応
ペントハウスのいくつかは各専用のガレージドアから専用駐車スペースへアクセスあり

ワイキキランドマークタワーは、ハワイで日本の投資家たちが最高潮であった時期に建設されました。当時、ある日本の億万長者が自分専用のリムジンでハワイの居住地区を遠征するという話しが広まりました。そこで彼が今タワーのある場所にあった物件に目をつけ、持ち主にここにビルを建設したいという申し出をしたのです。驚いたことに、それは実際に起こったのです。これがランドマークタワーの建設にいたったという状況で、この話しを正確に理解して頂けるかと思います。

日本の裕福な投資家をこの素晴らしいビルの市場ターゲットとして胸に描いていたことでしょう。どうして失敗することになったのでしょうか。簡単です、日本が突如として長く深刻な不景気に入ってしまったからです。ワイキキランドマークの買手市場は、一夜にして消えてしまったのです。

ビル建設中の”金に糸目をつけない”といった方策が痛手をさらに大きくしました。なぜなら同規模の他物件に比べこのコンドミニアムの価格はかなり高額設定となり、購入者たちが興味を示さなくなったのです。日本の財政難が集約したこと、市場価格を大幅に越えた価格設定が予期せぬことを引き起こしました。巨大なビルはその後何年も空っぽのまま置き去りにされたのです。

それにしてもこれは印象的な居住建築ビルで活用されるべきです。ユニークな二つのタワーは最上5階分のペントハウスがブリッジでつなげられており、独特で魅力的なものを造り上げています。なんとも素晴らしい海、ワイキキ、そして山々の景観も郡を抜いています。
3つあるプールのうちひとつは波のデザインを施したオリンピックサイズで、ホノルルでは他に決してみることができないということは言うまでもないでしょう。このような設備と高品質の物件、何はともあれ市場の状況が価値に追いつくまで頃合いを見計らうしかなかったのです。

結局オークツリーキャピタルマネージメントが1億5500万㌦の抵当を3分の1以下の5000万㌦で購入し、元々の開発業者を排除する形になりました。ワイキキランドマークコンドは再び市場に売り出されることになったのです。完成から売却まで10年はかかるかと思われますが、年月がこの場所の構想は良いものであるということを証明してくれます。ただタイミングが悪かっただけなのです。

現在ランドマークはその歴史だけではなく、贅沢で心地よく設備が優れているということで知られています。居住者は安全第一ということで手厚くケアされています。複数のセキュリティガードが常駐し、セキュリティカメラ、およびセキュリティドアやエレベーターも最高品質のものが導入されています。もちろん、どうしても防護することができないものが一つだけあります、それは新たな不景気です。しかしながら、今回はワイキキランドマークは以前に比べ格段に良い状態にあるといえるでしょう。

詳細