ワイアナエ/マカハ一軒家 - 153件

借地権
500,000ドル
87-196 Waiolu Street
5 ベッド | 2.5 浴室 | 約256㎡
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
借地権
435,000ドル
マイリ ハウス (未公開住所)
2 ベッド | 1 浴室 | 約90㎡
87-1410 Farrington Highway
6 ベッド | 2.5 浴室 | 約154㎡
借地権
299,900ドル
85-1121 Kepauala Place
4 ベッド | 2 浴室 | 約106㎡
86-167 Moekolu Street
2 ベッド | 1.5 浴室 | 約85㎡
エスクロー
240,000ドル
87-113 Hila Street
2 ベッド | 1 浴室 | 約81㎡
87-1068 Kaipoi Street
5 ベッド | 3 浴室 | 約173㎡
海の眺望
87-1152 Anaha Street
3 ベッド | 2.5 浴室 | 約127㎡
海の眺望
日曜日 オープンハウス 2-5pm
87-1950 Pakeke Street
3 ベッド | 2 浴室 | 約108㎡
築2006年
エスクロー
850,000ドル
84-771 Moua Street
1 ベッド | 1.5 浴室 | 約178㎡
海に面した
日曜日 オープンハウス 2-5pm
87-1972 Pakeke Street
3 ベッド | 2 浴室 | 約115㎡
築2006年
87-1442 Akowai Road
3 ベッド | 1 浴室 | 約95㎡
86-126 Pokai Bay Street
4 ベッド | 2 浴室 | 約122㎡
海に面した
87-1962 Pakeke Street
3 ベッド | 2 浴室 | 約122㎡
築2006年
87-151 Mamoalii Place
3 ベッド | 2 浴室 | 約96㎡
2018年改装
ワイアナエ/マカハ一軒家の全153件中15件
ワイアナエ/マカハ一軒家 概要
ワイアナエとマカハとは、リーワード海岸の外れの端の方にある地区―それが、ハワイのオアフ島のほとんどの地区から見たこの場所を、ざっくり定義したものです。ネイティヴ・ハワイアンの人口が多い事、そして素晴らしいビーチの数々がある点で知られてきました。近年島の西側が発展するにつれて、注目されるようになってまいりました。この島における、最も素敵な秘密の一つが、今明らかにされつつあるのです。

コオリナから海岸沿いに進んで上の方にあるワイアナエの基礎となるものは、ハワイアン・ホームランズ(ネイティヴ・ハワイアンのために保護されている土地)の周辺にできました。1990年代までは、この土地には、ほとんど何も建っていませんでした。ですが、高まる住宅需要、そして島に残る数少ない手つかずのビーチのそばに(場合によっては、ビーチそのものに)住める千載一遇のチャンス!―ということで、ようやく開発が始まったのです。開発規模に関しては、他の地区には到底及ばないものでした。

その結果、農地に囲まれて暮らし、4階建ての高さの建物ですら、非常に珍しいような環境になりました。ここは、どこまで行ってもスモールタウンのハワイです。また、不動産としても非常にお求めやすい価格帯のマーケットとなりました。ワイアナエの複数ベッドルーム物件は、通常30万-40万ドル台となっております。ですが、通常価格の範囲を大きく超えた物件もあります。

美しいオーシャンフロントの土地に建ち、贅沢なアメニティ施設の数々を取りそろえた100万ドル超の物件は、1戸や2戸ではありません。しょっちゅう目の前をツアーボートに横切られていっては…こちらでは、そんな心配はありません。リーワード海岸において、ここ以上に観光客に出会わない場所といったら、海岸沿いに更に上の方にある最後の町、マカハくらいのものです。

マカハはまだ、様々な面において、ハワイのオアフ島では未開の地です。しかし現在では、高級物件をお求めのお客様に門戸が開かれております。渓谷側にはゲート付きコミュニティがいくつかあり、中でも最も有名なのはマウナオル通りです。1エーカー(約4046平方メートル―正方形ならば、1辺の長さはおよそ63メートル)の広さの地所のそれぞれには、大豪邸と呼ぶのが相応しい住宅が立ち並んでおります。こちらからは、2ヶ所のゴルフコースだけではなく、世界的に有名な波をも見渡すことができます。

もう少し少なめの予算のものをお考えの方には、マカハ・オーシャンビュー・エステイツがあります。こちらでは、3-4ベッドルーム物件が40万-50万ドル程度となっております。

夜になると星をながめ、耳に聞こえるのは車の音ではなく、周囲の生き物たちの息吹―こんな環境で生活するチャンスは、多くの人にとって非常に魅力的であるはずです。時として、「向こうに」いるという事が、大きな意味を持つものなのです。