Hawaii Living

マカハ一軒家 - 100件(その内79件契約中)

検索条件 
リスト表示
11時間前更新
679,000ドル
84-927A Hanalei St
4 寝室 | 2 浴室
約107m²
84-716A Farrington Hwy
3 寝室 | 1 浴室
約74m²
84-760 Upena St
3 寝室 | 1 浴室
約160m²
84-938 Hana St
5 寝室 | 3 浴室
約192m²
84-541 Nukea St
3 寝室 | 2 浴室
約88m²
( に$100,000ドル値下げ)
84-694A Lahaina St
5 寝室 | 2.5 浴室
約151m²
84-936 Maunaolu St
4 寝室 | 2.5 浴室
約156m²
84-804A Hanalei St
4 寝室 | 4 浴室
約186m²
84-242 Makaha Valley Rd
4 寝室 | 2 浴室
約105m²
84-575 Kili Dr
4 寝室 | 3 浴室
約197m²
84-333 Jade St
11 寝室 | 6 浴室
約423m²
84-633 Upena St
5 寝室 | 4.5 浴室
約323m²
84-69 Maiola Pl
4 寝室 | 3.5 浴室
約180m²
84-632 Farrington Hwy
4 寝室 | 2 浴室
約173m²
84-1000 Maiola St
4 寝室 | 4.5 浴室
約338m²
マカハ一軒家の全100件中15件
ズームインするとコンドミニアム名が表示されます
航空写真

マカハ - 不動産 & 一般情報

ワイアナエを通り越し、オアフ島のリーワードコーストを走り続けると、やがてこの地区に到達します。実際のところ、ここからさらに走り続けると、オアフ島西岸を走る道は行き止まりになってしまいます。つまり、ここマカハで道は途絶えてしまうわけなのです。ここは、サーファーを除いた部外者が立ち寄ることがまずない、開拓地と未開拓地の間の境界地帯です。ちなみに、熟練サーファーにとっても、ここの波を乗りこなすのは非常に困難と言えます。

マカハビーチパークとホテルが1、2軒ありものの、近くにあるコオリナやカポレイといった地区と比較すると、まるで違う島にいるかのようです。マカハは、隣人同士だけでなく、地区中の全ての人たちが互いに知り合いであるような、小規模ながらも結束力の強いコミュニティとなっております。マカハの人たちには、この地区の出身であることに対する誇りと帰属意識があります。ここにお住まいになった場合には、島の端での生活を大いに楽しまれることでしょう。

手つかずの自然が残るマカハ
ここのビーチは特別に美しく、さらに素晴らしいことには混雑しておりません。週末でも、砂浜の場所取りにいそしむことはないでしょう。オアフ島のビーチで穴場があるとすれば、ここのことかもしれません。さて、夕陽は?というと…筆舌に尽くせぬ素晴らしさです!美しい景色をさらに特別なものにしてくれるのは、ここが静かで誰にも邪魔されないところだということです。まるで、この絶景があなたのためだけに描かれたかのように。

オアフの他の地区と比べてここの気候は乾燥しており、降雨量は最も少ない部類になります。そのため暖かい日が多いものの、アメリカ本土の罰ゲームのような暑さにはなりません。屋根や日陰、そして生活の知恵といったもので乗り切れる南国の暑さです。

「開拓地と未開拓地の境界」という言葉から、現代的な便利さや豪華さといったものが皆無の場所だとは思わないでください。マカハの不動産には、オールドハワイのプランテーション様式の豪邸から、ビーチフロントのコンドミニアム、そして地所に至るまで、様々な住居の選択肢がございます。この通りをご覧になれば、本当の意味で、誰もがお気に入りの物件を必ず見つけられるはずです。

ショッピングとダイニングに便利なカポレイ地区は南へ25分のところにあります。ちょっと離れておりますが、計画的に賢く買い物して歩けば、どうってことはありません。それに、大抵の用事は通りの先のワイアナエで済んでしまいます。

都会の喧騒から離れたマカハに住んでもいい、いやむしろこの街に住みたい…といった方に朗報です。それは、同程度の物件がオアフの他の地区と比べて、お求めやすい不動産価格になっている点です。ホノルルへの通勤が長時間となりますので、多くの方が、昔ながらのハワイが損なわれていない地区で田舎暮らしをするチャンスを除外してしまいます。そのため、リーズナブルな価格となっております。

マカハ―誰もがお気に入りの不動産を見つけられる場所
ビーチフロント、あるいはオーシャンビューのコンドミニアムに住んでみたいと思ったけれど、敷居が高すぎて諦めたことはありませんか?マカハの海岸沿いのコンドミニアムならば、想定されている価格帯におさまる形でありながら、非常に魅力的なものがございます。スタジオタイプだと20万ドルからとなっており、この価格なのに、西オアフで最も美しい海岸の真正面の物件となっております。よそと変わらぬ素晴らしい景色が見えるなら、なぜわざわざ高いお金を払う必要があるでしょう?ちなみにこれは、オーシャンフロントに建つコンドミニアムのほんの一例です。

山の方へ向かえば、クオリティを損なうことなく、価格はよりお求めやすくなります。マカハヴァレー・タワーズは涼しい山々のそばに建っておりますが、遠くの方に海を望めます。ここでは1ベッドルーム物件で10万ドルからとなっております。

もっと広い物件をお求めなら、マカハヴァレー・プランテーションのタウンハウスがあり、海が見える物件もございます。タウンハウスの間取りは2ベッドルームからとなっておりますが、価格は先ほどと同じ10万ドル台となっております。美しさとお求めやすさが同時に成立することはなかなかありませんが、マカハではそれが可能になっております。さて、一戸建て住宅はどのようになっているでしょうか?

海岸沿いからマウア、アペナ、マカウといった通りに立ち並ぶビーチハウスの数々をご紹介いたします。これらの家々からは、美しいマカハの海が見えるだけではなく、10,000-20,000平方フィート(約929-1858平方メートル)もの広大なものとなっております。海辺でこんなに広い家に住めることはめったにありませんが、ここでは普通の広さです。

海岸から相当離れた場所にありながら、次々と新たな住居が建設されております。2013年にマカハ・オーシャンビュー・エステートが造成され、キリ通りに4,000-5,000平方フィート(約371.6-464.5平方メートル)の一戸建て住宅の数々が経ちました。このゲーテッドコミュニティーにある5種類のタイプの住宅は全て3-4ベッドルームの一戸建てで、価格はたった40万ドルからとなっております。大家族でも十分な広さがあります。

谷の奥深くへお入りになれば、コンドミニアム、戸建て住宅、タウンハウスといったありとあらゆる種類の住居が売り出し中の、安全な住宅地がございます。しかしながら、もっとも有名な住所はマウナオル通りです。多くの地元の人たちには、谷の奥に高級住宅地があることすら知られておりません。

豪邸と呼ぶのがふさわしい大きさの各戸は1エーカー(約4047平方メートル)以上の土地に建っており、三方を山々に囲まれております。各戸からは2つのゴルフコース、そしてその向こうに輝く海の眺望がご覧いただけます。ここは、日々のストレスから解放される、ここにしかない住民専用の保養地であり隠れ家でもあります。

2つのゴルフコースをご覧いただければ、マカハがどのような場所かお分かりになることでしょう。ここは、疑う余地のない別世界ですが、ここへ入居したからといって便利さを失うわけではありません。交通渋滞、騒音、そして目の前にあるはずのハワイの神秘を隠してしまう高層ビル―そういった事柄が日々の生活からなくなることを、寂しいとお思いにならなければ。

都会の喧騒ではなくここが性に合った方にとっては、こんな素晴らしいところはありません。とうとうハワイの海岸にまで流れ着いた、常に加速し続けて止まることのない世界から、距離を置くことができます。南国の夕べの静けさを破るのは、自然の風の囁きや揺れるヤシの木といったものだけです。何よりも満足できることには、ここにある古き良き時代のハワイは、大変に生き生きしているのです。

マカハ歴史
マカハの歴史において、ずっと共通する道筋のようなものがありました。マカハはオアフ島のリーウォード海岸側にあり、多くの人たちが、外力から離れてリラックスするためにやって来たのでした。ほとんどの人たちは、戦争や宗教を通して起こった抜本的な変化によって、ここへ来ました。でも、ここの始まりは、本当の意味でのアウトサイダーたちによるものだったのです。

西洋人がやって来る以前のマカハ渓谷は、この地域を通過する旅人たちを襲う盗賊団がいる悪名高い場所でした。当時の盗賊団の見張り役が、カモが通りかかるのを見つけるのに使ったと言われる大きな岩が、今でもメインの通りに残っております。そのあとにやって来た住民の目的は、違いました。彼らは犯罪による利益ではなく、自分たちが生き残るためにここに来たのです。

カメハメは大王がオアフをその手に収めると、島を治めるために、彼は自分の役人たちを首長として送り込みました。殺されることを恐れ、かつての首長と幹部たちは、安全に過ごせそうなマカハへと逃亡したのでした。主要なコミュニティから遠く離れた西海岸で、彼らはひそやかに暮らすことができたのです。

全く同じプロセスが、ほんの数十年後に宣教師たちがやって来た際に、繰り返されました。それは、中世ハワイの社会システムであったカプの終焉と、昔ながらのハワイの宗教の終わりを意味することでした。またしてもマカハは、島の他の地区と異なり、昔ながらの習慣が保存される場所となったのです。この場所は、またもやこの地で、全てを飲み込むような変化にあらがう人たちが避難する場所となったのです。

今日においてもこの場所は、サーフィンというたった一つの決定的要素がなければ、ひっそりとしたコミュニティのままであったでしょう。ノースショアの大波が、1970年代にとうとう征服されるまで、マカハは大波を求めて出かける究極の目的地でした。この海岸で常に出会える25フィート(約7.62メートル)の大波相手に腕試しすべく、サーファーたちがそこらじゅうからやってきました。

近年では、サーフィンの中心地は北側へと動いていきましたが、マカハは今でも難所ですし、波乗りにとっては世界的に知られた名前でもあります。しかしながら、これは地元の人たちにとって嬉しい名声ではありませんでした。

マカハの住人達は、彼らの歴史を反映し、頑ななくらい独立心が強く、よそ者への猜疑心も強いのです。ものすごく美しいリゾートがこの土地にありますが、ほとんど知られていない場合が大半です。いくらかは宅地造成がなされもしましたが、オアフ島の他の街とは比べ物にならないくらい規模の小さなものです。ここでは変化がやってくるのは非常に遅く、やってきても強い反対に直面しがちなのです。

言葉にならないような美しさがここにはありますが、もしもここへ行くならば、現地の伝統やマカハのしきたりをよくよく理解しておくことが非常に大切です。ものすごく気持ち良いけれど、熱い温泉に入る時のように、ゆっくりと注意深くしないといけません。火傷するのは嫌でしょう?

詳細