ワイパフコンドミニアム - 61件

Hikino #L8
2 ベッド | 1 浴室 | 約67㎡
カウハレ #C7
2 ベッド | 1 浴室 | 約70㎡
Leolua Regent #C329
2 ベッド | 1 浴室 | 約54㎡
木曜日 オープンハウス 11:30am-1pm
日曜日 オープンハウス 2-5pm 全て見る
Hikino #K2
1 ベッド | 1 浴室 | 約45㎡
Penakii #12A
3 ベッド | 1.5 浴室 | 約111㎡
海の眺望
Kulana Knolls #15/206
2 ベッド | 1 浴室 | 約66㎡
日曜日 オープンハウス 2-5pm
Village on the Green #MM101
2 ベッド | 2 浴室 | 約80㎡
2017年改装
日曜日 オープンハウス 1-4pm
ホオマルアットワイケレ #G103
2 ベッド | 2 浴室 | 約70㎡
Village on the Green #ZZ102
2 ベッド | 2 浴室 | 約73㎡
2018年改装
エスクロー
475,000ドル
Penakii #10D
3 ベッド | 1.5 浴室 | 約111㎡
Su Casa #138
2 ベッド | 1 浴室 | 約56㎡
エスクロー
310,000ドル
Plantation Town Apartments #K409
2 ベッド | 1 浴室 | 約52㎡
築2007年
The Villages at Waipio #U102
2 ベッド | 2 浴室 | 約74㎡
2008年改装
ワイパフコンドミニアムの全61件中15件
ワイパフコンドミニアム 概要
ワイケレとワイパフの2つのコミュニティは、頬を寄せ合うくらい近くにありますが、その環境は大きく異なります。これらのコミュニティのそばの道を通り過ぎるだけで、2つの地区において、それぞれいつの時期に家が建ったかが一目瞭然にわかるのです。

ワイパフの町が作られたのは、1960年代-70年代にかけてです。この頃人口が急増し、新しく、そして、買いやすい価格帯の住宅を供給する必要に迫られておりました。都市化の波がホノルルの外へと広がり始めたその時期に、急ピッチで開発されたのです。

ワイパフのコンドミニアムは、ほぼ全て60年代、70年代に建ったものですが、高層建築はあまり数多くはありません。ほとんどが2-4階建て、エレベーターがついていないタイプの建物で、アメニティ施設を色々取りそろえたタワーというよりは、シンプルな住居として造られたものです。

もう一つ共通する要素は、大部分の建物がファリントン・ハイウェイ沿い、あるいはそこから数ブロック以内にある点です。意図的だったにせよそうでなかったにせよ、交通の大動脈のすぐそばの立地は、今も昔も通勤に大変便利です。

これらのパターンからは外れた、数少ない例外の一部は、H-1の北側区域にあります。この場所にはクラナノールズやパークヴュー・ヴィレッジといった、タウンハウスのコミュニティがあります。これらはいずれも1980年代から90年代に完成したもので、親しみやすい木造の外観の建物を囲む自然はより豊かなもので、まるでワイケレの一部のようです。

北西方向にあるワイケレは、ワイパフの南側、そしてキパパガルチ(渓谷)の西側とは、H-1で分断されております。グーグルマップをさっと見るだけで、ワイケレとこれらの地区とのコントラストが明らかです。ワイケレの家々は、町中にある緑の公園やフェアウェイの数々に囲まれております。1990年代に都市型コミュニティのワイパフが計画・造成されましたが、ワイケレは、それとは対照的な郊外型コミュニティと言えます。

ワイケレのコンドミニアムは、タウンハウス、もしくは林立する2階建ての建物にある、アパートメントタイプのいずれかになっております。同じ住宅地にありながら、とりわけ落ち着いた地区です。例えばザ・ホオクム・アット・ワイケレは、2階建ての独立した14棟の建物からなる、全136戸のコンドミニアムで、買い物天国のワイケレアウトレットに隣接します。また、ザ・ヴィレッジ・オンザグリーンもあります。こちらの住宅は、ワイケレゴルフコースのフェアウェイに囲まれております。2階建ての建物が23棟建っており、285戸のお宅があります。

これほどまでに個性的な住宅地の数々が、こんなにすぐそばにあることに驚かされます。どれもそれぞれ異なるニーズ、異なる予算、そして異なる好みといったものにお応えするものです。この文章を読んでいらっしゃる瞬間にも、どこがお客様ご自身に一番向いているか、はっきりお分かりになっているかもしれません。

詳細