Hawaii Living

ダイヤモンドヘッド一軒家 - 11件(その内1件契約中)

検索条件 
リスト表示
4320 Papu Cir
5 寝室 | 6 浴室
約344m²
3721 Poka Pl
5 寝室 | 4.5 浴室
約405m²
3222 Diamond Head Rd
5 寝室 | 5.5 浴室
約437m²
2801-A Coconut Ave
4 寝室 | 3.5 浴室
約320m²
4079 Kulamanu St
5 寝室 | 6.5 浴室
約427m²
4126 Papu Cir
4 寝室 | 4.5 浴室
約398m²
2999 Makalei Pl
4 寝室 | 4.5 浴室
約548m²
4121 Black Point Rd
4 寝室 | 3.5 浴室
約233m²
3311 Beach Rd
4 寝室 | 4.5 浴室
約371m²
241 Kulamanu Pl
4 寝室 | 3 浴室
約318m²
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
契約手続中
3920 Gail St
4 寝室 | 5.5 浴室
約325m²
ダイヤモンドヘッド一軒家の全11件中11件
ズームインするとコンドミニアム名が表示されます
航空写真

ダイヤモンドヘッド - 不動産 & 一般情報

こちらの上空からのビデオも併せてご覧ください。

ダイヤモンドヘッド地区の境界線
王族が余暇を過ごした地へようこそ。ダイヤモンドヘッド地区にある約650軒の高級住宅は、ホノルルの不動産の中でも最も高級かつ人気の物件です。ワイキキから南に向かいホノルル動物を過ぎたあたりのダイヤモンドヘッド地区は、ダイヤモンドヘッドクレーターを取り囲むあたり及びカラカウアアベニューとカピオラニ公園沿いのゴールドコーストを指します。

さらにモンサラットアベニューとダイヤモンドヘッドロードに囲まれた地区、通称トライアングル公園として知られるフォートルガーパーク、カイマナヒラストリート、ハカカストリート、パプサークル、カイコオプレイス等の周辺の通りも含まれます。ダイヤモンドヘッド地区の上空からの動画はこちらをご覧ください。

販売中のダイヤモンドヘッド地区の一軒家は3,500平方フィート(325㎡)から1エイカー(4,047㎡)の区画で200万ドルから1,500万ドルが相場です。

ダイヤモンドヘッド地区の一軒家について
約60軒の一軒家が、2マイル続く壮大な白砂ビーチの目の前に建っています。これらのビーチフロントの一軒家が市場に出回ることはほとんどありません。ダイヤモンドヘッドで注目すべきは、カイクオノプレイスにあるトリスデュークの有名で豪華なシャングリラ邸。ダイヤモンドヘッド地区には、このようなジュエリーのように美しい物件が2~3軒あります。

ダイヤモンドヘッド地区の不動産は1920年代カピオラニ公園近くの比較的小さめの区画に建てられた魅力ある歴史的な一軒家、ノエラドライブ、ノエラプレイス、ダイヤモンドヘッドサークルのような洗練された通りに建つ大きな住宅など、異なる様相を持っています。これらの物件からは、素晴らしいオーシャンビビュー、ワイキキのスカイライン、コオラウ山脈のマウンテンビューを見ることができます。

ダイヤモンドヘッド地区について
ダイヤモンドヘッド地区に漂う雰囲気は、特別でハワイの他のどの地区にもないものです。高級住宅に囲まれた穏やかで静かなこの地区では、アウトドアライフを楽しむにもいくつかの選択肢が用意されています。ダイヤモンドヘッドクレーターを背後に望むホノルル随一ビーチはこの地区の大きな特徴であり、またオアフ島最南端のダイヤモンドヘッド灯台もあります。クレーター頂上までのトレイルは人気のハイキングコースで、高さ760フィートのから360度のパノラマビューが楽しめます。

オーシャンフロントのゴールドコースト沿いにはホノルルの有力者たちが集う人気の社交場ともいうべきアウトリガーカヌークラブがあります。その隣にはホノルルで一番の遊泳ビーチとの声が高いカイマナビーチがあります。

通りの向こう側には500エイカーの芝生広場を誇るカピオラニ公園が広がり、子供たちがアウトドアスポーツを楽しむ姿が一年中見られます。また、毎年開催されるホノルルマラソンのフィニッシュ地点でもあります。他にも公園内には、テニスコートやアーチェリー場、これまで数多くの夢のようなサンセットタイムを演出してきた野外コンサート会場ワイキキシェルがあります。ダイヤモンドヘッドがそうであるようにこの地区も魅力的で素晴らしく、住民はとにかくより良い生活を送っています。

ダイヤモンドヘッド地区に関心をお寄せの方におすすめのその他の地区
カハラ地区の一軒家ブラックポイントの一軒家ポートロックの一軒家ハワイロアロッジの一軒家。合わせて、販売中のホノルルの高級一軒家もご覧ください。

ダイヤモンドヘッド地区の歴史
ダイヤモンドヘッド地区は様々な意味で常に神聖な場所とされてきました。古代ハワイアンは、ペレの姉妹であるヒアカがクレーターの形がキハダマグロの頭に似ていることからプウレアヒと名付けたと信じていました。

後にハワイアンの祭司がクレーターの北西の斜面にパパエナエナヘイアウと呼ばれる聖域を設置しました。儀式の際にここで焚かれた火は遠くからでも見えるほどでした。カメハメハが決戦ヌウアヌの戦いでオアフ島の首長キアナを倒した後に彼をいけにえにしたのもこのヘイアウでした。新たな王が島を掌握したことを示すためにキアナの頭蓋骨がここに置かれました。

1856年、カプ制度の廃止とハワイにおけるキリスト教の台頭によりヘイアウは取り壊されました。それでもなおヘイアウのあった場所の重要性が消えることはありませんでした。1900年代初頭、裕福なカマアイナがダイヤモンドヘッド地区に彼らの住居を建設し始めました。最も裕福な有力者のうちの一人ウォルターディリングハムは、パパエナエナがあった土地に彼の有名なラピエトラエステートを建築しました。変革の時がやってきたのです。

ダイヤモンドヘッドの高級住宅時代が到来すると、その後は後戻りをすることはありませんでした。2度の世界大戦中には敵の攻撃を避けるためクレーター内部に軍事施設が設置されたにも関わらず、表通りから隠れているとはいえ富裕族は贅沢で美しいダイヤモンドヘッド地区に不動産を建て続けました。侵略の脅威は、ダイヤモンドヘッド地区の物件を購入しようとする者にとって取るに足らなかったようです。

詳細