ハワイの高級コンドミニアム -80件

フィルター
80のうち1 - 15件
パークレーンアラモアナ #5603
3,700,000ドル 2 ベット
2 浴室
140平米
管理費: 1,845ドル
最新物件
ワイエア #1401
4,798,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
221平米
管理費: 2,619ドル
最新物件
コオラニ #4610
3,500,000ドル 3 ベット
2.5 浴室
232平米
管理費: 2,068ドル
最新物件
パークレーンアラモアナ #6802
4,580,000ドル 2 ベット
2.5 浴室
134平米
管理費: 1,759ドル
海の眺望
ホクア #PH38L
5,500,000ドル 3 ベット
2.5 浴室
206平米
管理費: 1,884ドル
海に面した
3019カラカウア #12 The Penthouse
4,900,000ドル 2 ベット
2 浴室
199平米
管理費: 2,204ドル
海に面した
ラピエトラ #3
3,288,000ドル 2 ベット
2.5 浴室
281平米
管理費: 1,500ドル
2016年改装
ワイエア #2206
4,100,000ドル 3 ベット
2.5 浴室
188平米
管理費: 2,245ドル
海の眺望
トランプワイキキ #3603
3,000,000ドル 2 ベット
3 浴室
155平米
管理費: 2,603ドル
海の眺望
ワイエア #1302
3,500,000ドル 2 ベット
2.5 浴室
172平米
管理費: 2,038ドル
海の眺望
アナハ #22-A
3,980,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
231平米
管理費: 2,807ドル
海の眺望
トランプワイキキ #3710
5,900,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
190平米
管理費: 3,174ドル
海の眺望
ワイエア #3001
6,900,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
243平米
管理費: 2,619ドル
海の眺望
ワイエア #34 PH-B (3401)
7,850,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
304平米
管理費: 3,340ドル
海の眺望
ワイエア #1001
4,500,000ドル 3 ベット
3.5 浴室
221平米
管理費: 2,619ドル
海の眺望
絵画の題材としては申し分のない、ハワイの浜辺に、ポリネシア人が最初に上陸して以来、ここでの素晴らしい日々というものは、まさに理想として人々を魅了してきました。それからの過去一世紀の間に、色々なことが変わったのです。とりわけホノルルにおいては、政治と経済の中心地として、急ピッチで開発が進んだのでした。

しかしながら、変わらないものもあります。それは、島にある自然の美しさと建築家やデザイナーの想像力を活用しながら、この美しい島でのライフスタイルを、更なる高みまで到達させようという情熱です。それにより、今日においても目にできる数々の豪華な物件が数多く建てられたわけです。そして、更に豪華さ、高級さで上を行く新たな波が、今、まさに押し寄せてこようとしているのです。

その波が最も力強い場所はどこかと聞けば、誰もがこう答えるでしょう―カカアコ!と。ダウンタウンとアラモアナの間に位置するこのエリアは、新たなライフスタイルが生まれようとしている特別な場所です。ここで毎日少しずつ、でも確実にヴィジョンが実現して行くのです。

カカアコで最初にできた、ワイエアとアナハという2棟のコンドミニアムには様々な強みがあるため、非常に速いペースで売れて行っております。営業所前に買い求める人たちが、長蛇の列を作るような、素晴らしいオーシャンビューが、どちらの物件からも一望できることは確かですが、それは数ある長所のほんの一部にすぎません。これらの建物は、ホノルルでの贅沢な暮らしの基点となることを意図して造られたのです。

ワイエアとアナハのコンドミニアムには、ウォークインクローゼット、自立式のバスタブ、ワイン専用冷蔵庫、9フィート(約2.7メートル)以上の天井をはじめとする、これまでホノルルの高級コンドミニアムではあまりなかったような、豪華な特色の数々を備えております。しかも、それらは追加のオプションではなく、全戸に最初から組み込まれているものです。

アメニティ施設もまた、大変贅沢なものとなっております。フィットネス施設には、リゾートスタイルのロッカールームがついており、サウナとスチームバス、コンシェルジュサービスがその一例です。そして、プロ仕様のキッチンやケータリングサービスがついており、来客の皆様に、ありとあらゆる食の楽しみを提供する、プライベート・ダイニングルームまでをも取り揃えております。最も目を引くものは何ですって? 何とアナハには、底がガラスのプールがあり、建物から飛び出して、地上7階の高さに浮いているのです!

これらのコンドミニアムにおいて、豪華なのは中身だけではありません。ワイエアの背壁はと言うと、空中に放たれた投網をモチーフにした、巨大なガラスの立体彫刻(建物数階建ての規模)になっております。アナハは、各階ごとに左右交互にフロアが飛び出した構造になっており、まるで、ブロックを組み合わせたような外観になっております。それはまるで、未来の都市生活の理想の姿を体現しているかのようです。

カカアコのセールスポイントの一つとしては、アラモアナセンターのショッピングに非常に近いということです。そこでワン・アラモアナというコンドミニアムがあるのですが、何とこのコンドミニアムは、建物自体がショッピングセンターの敷地内にあるのです! まさに長所だらけの立地です。建物の一部には特別区域があり、モール内の店からパーソナルショッパーがそこへ品物をもってきてくれます。住人は、そこで商品の品定めや試着といったことができるのです。ええ、その場でお買い上げになることだって、もちろんできます。このことで、この住所に引っ越してくる人たちとして、どんな客層の方々を求めているかがわかるはずです。

ご自宅には、区域ごとに割り当てられたセントラル空調、床から天井まで伸びる、一枚板のガラス窓(二重サッシ)、サブゼロやウルフ&ミール社の調理器具の数々がそろったキッチンといったものが備わっております。また、緻密な建築学的デザインによって、光が満ちあふれています。窓の存在によって、太平洋の大海原の眺望が最大限に広がります。ほとんどの部屋からは、モールの向こう側に一望できる景色です。

ワイエアやアナハと同様にワン・アラモアナもまた、最高のアメニティ施設というだけではなく、日常生活に必要な全ての用事がコンドミニアム内で済むことを意図して造られました。そのため、期待を超えるものができました。ご家族やご友人のための豪華な来客用スイートルーム、専用ラウンジ、ドッグパーク、子供たちのためのプレイエリア、そして、その他の様々な事柄に対応してくれるコンシェルジュ…

ご自宅のドアを開けば、全ての便利さがそろっている、というだけではありません。設備、サービス、共に最高水準なのです。よそに出かける必要はありませんし、また、出かけたいとも思わないはずです。すぐ目の前に、最高のも全てがそろっているのですから。

ワイキキにも、最高級カテゴリーのコンドミニアムがいくつもあります。近年できたものでは、32,000平方フィート(約2972平方メートル)もの広さの住民専用庭園を誇るアルーアワイキキがあります。そして、名前を聞いてピンと来た、という方もいらっしゃるかもしれませんが、贅沢の限りを尽くしたトランプ・ワイキキもまた、この地にあります。オープンエアのロビーとヤシの木に囲まれたプールが自慢のウォーターマークに関しては、素晴らしいサービスをしてくれる卓越したスタッフがいることで有名です。

ワイキキへのカラカウア・アヴェニュー側の入り口にて、お客様をお迎えするのは、ワイキキ・ランドマークです。オリンピックサイズ(50m x 25m)のプールや屋内の駐車スペース(数に限りあり)に例を見る、贅を尽くした特色を取りそろえたコンドミニアムですが、1990年代の市場においては、いかんせん値段が高すぎました。幸いなことに、今となっては市場が追いついてきました。

道を進めば、海の真正面でワイキキのホテル生活ができる、夢のようなコンドミニアムがあります。ワイキキビーチタワーでは、コンシェルジュサービス、バレーパーキング、ドアマンといったサービスを毎日、全てご堪能いただけます。まるで毎日が休暇のようです。

まだ建設途中ですが、他の有名どころとしてはリッツがあります。完成した折には、素晴らしい日々と同義語扱いされる、リッツならではのアメニティ施設を取りそろえてクヒオ通りに面して建つことになります。もちろん、新しくできつつあるのはこればかりではありません。

リッツに隣接する土地、そして、カラカウア通りの奥で現在キングズ・ヴィレッジというショッピングセンターが建っている場所にも、新たなコンドミニアムが建つ予定です。より経済的余裕のあるバイヤーをターゲットとした、コンドミニアムホテルになる予定です。

もう一つ覚えておくべきこととしたら、これらワイキキにある物件の多くの部屋ではオーシャンビューの眺望がついてくるということです。オーシャンビューは、ホノルルの豪華物件と呼ばれるための必要条件に近いものですらあります。

20世紀半ばに建てられた、クラッシックな豪華物件の数々はゴールドコーストにあります。この地区のコンドミニアムは、波の音が聞こえるくらいに海の間近に建っております。建築法規により、現在はもちろんのこと将来的にも、これほどまでに波のそばに建物を建てる許可が出ることはありません。他の地区にある娯楽設備などは、この地区のコンドミニアムには皆無です。場合によっては、プールすらありません。それでも、ダイヤモンドヘッドの麓という立地、そして、まさに波の真上に住めるという特権があります。それによって今日では、新たに入会することが非常に難しく、また大変お金もかかるという、特別なクラブとなったのです。

ダイヤモンドヘッド・アパートメンツ、コロニービーチ、シーブリーズ、そして3003カラカウア、3019カラカウアといったコンドミニアムは、恐らくこの地区の不動産市場において頂点に位置する物件のはずです。これらのコンドミニアムの海側からは、波が盛り上がっては打ち寄せる様子を、真下に望むことができます。数は限られますが、自宅のラナイのすぐ下に、そういう光景を望める部屋もあります。押し寄せては引いてゆく波は、まるで愛をささやくセレナーデのようです。

場合によっては、同じ階にある2部屋を1部屋にすることに成功されたオーナー様もいらっしゃいます。その場合、この神聖な楽園のワンフロア全部を占有されているケースが多くなっております。個人所有の南の島に住んでいるわけではありませんが、そんな幻想を抱いてしまうほどです。

ダイヤモンドヘッドを通り過ぎますと、信じられないことかもしれませんが、しばらくの間は高級コンドミニアムというものを見なくなります。通り過ぎつつあるこの地区では、戸建住宅にこだわる傾向が強く、理由はいろいろありますが、集合住宅があっても非常に低層の建物に限られます。ダイヤモンドヘッドの西側のラピエトラには、いくつか低層コンドミニアムがありますが、他にはあまりありません。

将来的にはそれも変わるのかもしれませんが、現在ホノルルで売り出されている高級コンドミニアムの大半は、カカアコ、アラモアナ、ワイキキ、そしてゴールドコースト地区にあります。それでも、これらの地区には、あらゆるタイプのバイヤー様にご満足いただけるような、多彩な物件がそろっております。超高級地区ゴールドコーストにある、シンプルな設備のコンドミニアムから、上にあるのは星だけという、カカアコの最先端コンドミニアムに至るまで、すべてがあります。それこそが、広がりというものです。