ハワイ別荘

人気のコンドミニアム別荘(地域別)

アラモアナ西側に開発された新しいコンドミニアムコミュニテイ。
有名なゴールドコーストのコンドミニアムが海のすぐそばにたつエリア。
ワイキキはハワイ一番のツーリスト人気スポットで100以上のコンドミニアムがたちます。


カカアコは今ハワイで最も多くの新しいコンドミニアムが開発されている成長中のエリアです。


アラモアナは現在二つの高級コンドミニアムーパークレーン、ワンアラモアナーが開発中です。

コオリナはオアフ西の海岸、フォーシーズンズホテル近くに開発されたリゾートコミュニティコミュニティです。

 
ハワイセカンドホーム

ハワイのほぼすべての不動産物件は、外国人に対する制限は特になく、セカンドホームをアメリカ人同様に手に入れることができます。弊社サイトにて現在販売中の物件をご覧いただけます。

ハワイでセカンドホームを購入する際に考慮すべきいくつかの事項があります。

空室にしておくか、またはレンタルするか:ご自身がハワイに不在の間、セカンドホームをどう保持するか考慮する必要があります。観光客に短期貸しするか、長期的なテナントに貸し出すか、または空室のままにしておくか。

投資目的の場合:一軒家かコンドミニアムか?まだ決めていない場合は、客観的に各タイプの長所と短所を検討する必要があります。
維持費:コンドミニアムは維持費が固定されている場合が多いですが一軒家の場合は予想外の費用(例:屋根の交換)が発生し維持費が高くなる可能性があります。
融資:米国のクレジットスコアなしで、外国が米国の銀行から住宅ローンを取得することは困難です。ただし、現在またはその他の国で2−3種類の債務があり(住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードなど)少なくとも2年間これらの債務の返済実績があり、安定した収入(会社からの給与、賃貸不動産収入、信託など)がある場合は米国の銀行にて融資を受けることも可能ではあります。たくさんの現金があるからといって米国の銀行で融資を受けることはできません。日本の銀行は基本的にハワイのセカンドホーム購入に対しては融資を行いません。我々の経験からは米国にてクレジットスコアのない日本人がハワイで不動産を購入するために米国の銀行から融資を受けられるケースはまず稀です。
場所:ショッピング、レストラン、ビーチへ簡単に歩いて行けるアクセスをお望みの場合は、一軒家の購入は理想的ではないかもしれません。
節税:節税のために古いセカンドホームの購入をお考えでしょうか?日本人が古い木造住宅またはコンクリート構造の不動産を所有している場合、減価償却の活用によって高い節税メリットを受けることができます(詳細は会計士など専門家にご相談ください)

ハワイでのセカンドホーム詳細情報

ハワイでセカンドホームとしてのコンドミニアム
長所
鍵をロックしておけば継続的なメンテナンスの必要がありません。
コンドミニアムにあるアメニティープール、フィットネスセンター、バーベキューカバナ、子供用遊び場、映画館等の設備を利用できます。
配管、電気等に問題があった場合は現地にいるスタッフが協力してくれます。
多くの場合便利なショッピング、レストラン&ビーチの近くに位置しています。
多くのコンドミニアムで24時間のセキュリティがあるので安全です。

短所
外部のスペースがあまりなく、バルコニーが付いていた場合や通りに面している場合プライバシーがあまりありません。
他のテナントからの騒音などの問題。
レンタル規定によりペット禁止などの制限。特定の設備(シアター、バーベキューステーションなど)は事前予約が必要な場合があります。

コンドレンタル:ハワイのほとんどのコンドミニアムの最低レンタル期間は30日以上で、コンドミニアム組合の規定が変更された場合はもっと長い場合(90日、180日など)もあります。したがってハワイに不在中に貸し出したいがテナントを見つけることが困難な場合などは、賃貸収入による収益はそれほど見込めない可能性もあります。ここハワイで短期バケーションレンタル(ホテルのように一日宿泊可能な)が許可されているコンドミニアムはそれほど多くなく、物件のほとんどはワイキキに位置しています。対象コンドミニアムについては、弊社ホテルコンド/短期バケーションレンタル用コンドミニアムガイドをご参照ください。

ハワイでセカンドホームとしての一軒家
長所
プライバシーが守られている。静かで自分自身の空間がある。 
自分専用の屋外パティオ、プール、庭にて娯楽が楽しめる。
屋内、屋外ともにスペースが広い。

短所
ショップ&レストランに行くために、車やタクシーでいく必要がある。
継続的なメンテナンス(ヤード、害虫駆除、プールなど)が必要。
セキュリティが完璧ではない。(特に不在で無人の場合)

ハウスレンタル:ほとんどの一軒家は規則により最低30日間の滞在が必要です。したがって最初のテナントがあなたの家に入った日を第一日とし、次のテナントが入るまで30日間待たなければなりません。いくつかの家の所有者はこのルールを破り短期のバケーションレンタルをしている場合がありますが、それは違法です。ホノルルの市&郡(オアフ島政府は)はこのような違法な短期のレンタルを実行している所有者に対し厳しい取り締まりを行なっています。誰かがすでにやっているとか、問題がない、と聞いたとしても信じないように注意してください。

ハワイセカンドホームへの投資

セカンドホームのバイヤーの中には投資に焦点を当て、長期的な土地の価格上昇や、不在時の賃貸収入によるキャッシュフローを生み出すことを目的に不動産を購入する人たちもいます。このような場合は、まずハワイにおける賃貸規定の知識を深めることです。短期バケーションレンタル可能な区域はどこか、近隣のマイクロトレンド情報ーどの通りが人気があるのか、どの区域が活発で人気があるのか、どのような開発が進行しているのか、それによりどのような影響があるのか、などです。このような知識や情報があればあるほど、より現実的で賢い投資、購入が可能になります。

ハワイセカンドホームの価格

ハワイのほとんどの住宅はセカンドホームとしての可能性があります。なぜならセカンドホームを所有する上での制約がないからです。弊社ホームページに掲載されている物件のほとんどがセカンドホームとして購入可能です。価格は様々で、ワイキキにある借地付きのコンドミニアム$ 100,000から、究極の高級コンドミニアム(カカアコのペントハウス)やカハラにある邸宅など$ 20,000,000以上のものまであります。ハワイにはすべての不動産エージェントが物件をアップロードするMLS(マルチプル・リスティング・サービス)と呼ばれるオンライン・リステイング・サービスがあります。弊社ホームページ https://www.hawaiiliving.jp/oahu-mls/ -では、売り物件情報が 20分ごとに更新されており、常に最新の情報を掲載しています。  

他にもこちらのリンク ーハワイコンドミニアム購入、 ワイキキコンドミニアム購入、 ハワイ不動産購入セカンドホームハワイ投資、からも販売物件をご覧になれますので是非ご参照ください。
良子 (808) 927-8617 までお電話頂くか、お問い合わせフォームをご利用下さい。
人気の一軒家別荘(地域別)
カイルア近くにある落ち着いたビーチフロントハウスコミュニテイ。

ハワイカイは60年代、70年代に開発された高級住宅コミュニテイです。

カハラモール近くの山腹にたつ高級住宅地。素晴らしいオーシャンビューの眺めがある。

溶岩石の丘に建つ高級住宅地。素晴らしいオーシャンビューが見えます。

ワイアラエゴルフコースと海の近くにたつ高級住宅地。
小さめの高級住宅地で多くの住宅がビーチか半島にたっています。


有名なワイアラエゴルフコース沿いにたつ高級住宅地。